2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ドゥエート・ラングラフ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドゥエート・ラングラフ
外国語表記 Duett Langraph
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 真殿光昭
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
異名 東部戦線の狩人
種族 地球人
性別
所属 新地球連邦軍
軍階級 少尉
テンプレートを表示

ドゥエート・ラングラフは『機動新世紀ガンダムX』の登場人物。

概要[編集]

原作第27話に登場した、新連邦軍のMSパイロット。

「東部戦線の狩人」の異名を持つニュータイプ候補。平常時は心優しい青年だが、コクピットに入ると髪の毛が赤くなって逆立ち、味方の連邦兵にも躊躇わずに手をかける凶暴さを露にする二重人格者である。凶暴な人格の趣味で、搭乗しているMSにはヒートワイヤーが仕込まれている。また彼とアベルはスカウト前からの”自分の機体”で任務に参加している。

上官のシャギア・フロストオルバ・フロストガンダムダブルエックスの撃墜を命じられ出撃するも、ガロード・ランのダブルエックスとウィッツ・スーガンダムエアマスターバーストの連携に敗れ、戦死する。死の間際、二つの人格は統合を果たした。

月刊コミックボンボン連載の漫画版では、二重人格設定には触れられず、凶暴なほうのみの登場となった。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
初登場作品。デマーミルラのように特筆すべき能力はないが、バランスが取れている。通常時と戦闘時で2種類の顔グラフィックがある。

パイロットステータス[編集]

特殊技能[編集]

R
援護攻撃L1、援護防御L2

人間関係[編集]

シャギア・フロストオルバ・フロスト
上官。

他作品との人間関係[編集]

デスピニス
R』では非戦闘時に脅えている彼女を庇ってあげていた。
アレルヤ・ハプティズム
今のところの共演は無し。しかし彼の先駆けとも言えなくもない。

名台詞[編集]

日常時[編集]

「いつかはこうなると思っていたんだ…。でも僕は君を責めないよ…君だって僕なんだからね…」
「これでやっと僕らは一つになれる気がするよ…そういえば…あの子犬…元気かな…」
人格を統一し、死を迎えようとしたドゥエートが静かに呟いた台詞。実はかなり意味深な台詞ともとれ、死に際にたまたま拾った子犬を気にかけていたという事は、彼が実は「子犬以外に気にかける者が一人もいない=孤独」であった事を伺わせる。

人格豹変後[編集]

「二機まとめてとなると、タイミングが肝心…まずは、お手並み拝見!!」
ダブルエックスとエアマスターを前にした人格変貌後のドゥエートが叫んだ台詞。いかにも狩人らしい考えである。
「獲物は一匹たりとも逃がさない!!それが狩人というものでね!!」

搭乗機体[編集]

ブリトヴァ

資料リンク[編集]