ローラシア級MS搭載艦

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローラシア級MS搭載艦
外国語表記 Laurasia Class
登場作品

ガンダムシリーズ

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 MS搭載艦
生産形態 量産艦
全長 150 m
開発者 ザフト
所属 ザフト
テンプレートを表示

ローラシア級MS搭載艦は『ガンダムシリーズ』に登場する軍艦の艦級。

概要[編集]

ザフトの主力となっている戦艦

艦体の下部に格納庫があり、これをそのまま切り離し、大気圏突入用カプセルとして使う事も出来る。

同級艦[編集]

ガモフ
ツィーグラー
クルーゼ隊の所属艦。低軌道会戦に参戦している。
ガルバーニ
機動戦士ガンダムSEED MSV』に登場。ヴェサリウスが配備される前のクルーゼ隊の旗艦で、ラウ・ル・クルーゼが艦長を務めた。
マルピーギ
『機動戦士ガンダムSEED MSV』に登場。グリマルディ戦線に参戦しており、後にヴェサリウス艦長となるフレデリック・アデスがこの艦の副長を務めていた。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

937mm連装高エネルギー収束火線砲
後部上方に2連装の砲塔を2基装備。
450mm連装レールガン
後部上方に2連装の砲塔を1基装備。
連装砲
450mm連装レールガンの前方に小型の2連装砲塔を2基装備。
125mm単装砲
艦首に2基装備。
58mmCIWS
上部に4基、下部に2基装備。
450mm多目的VLS

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

2L