ムサイ改級軽巡洋艦

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムサイ改級軽巡洋艦
外国語表記 Musai Kai Class
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙軽巡洋艦
生産形態 量産艦
全長 234.0 m
全幅 103.2 m
動力 熱核反応炉
開発 ジオン共和国軍
所属 ジオン共和国軍
テンプレートを表示

ムサイ改級軽巡洋艦は『ガンダムシリーズ』に登場する軍艦の艦級。

概要[編集]

ジオン公国軍の主力艦艇であったムサイ級に近代化改修を施した艦。

ジオン共和国軍の主力艦艇となっている。基本性能の向上以外には、単装対空砲や放熱板の増設がされた程度で見た目に大きな変化はない。

TV版『機動戦士Ζガンダム』にて登場し、共和国軍を傘下に置くティターンズに協力していた。

小説版『機動戦士ガンダムUC』にも登場し、袖付きネェル・アーガマ制圧に協力した。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
名称表記は「ムサイ改」。中盤のシナリオ「強襲!阻止限界点」にて、ノイエDCの戦力として一隻のみが登場。性能的には戦艦らしくHPがちょっと高いくらいで大した事はないのに獲得資金は一応多めと、有り難い敵ユニット。
ロボット大図鑑では登場作品が『機動戦士ガンダム0080』と誤記されている(『0080』に登場するムサイ最終型と混同したものと思われる)。
スーパーロボット大戦F
DCが運用しており、リアル系1話で増援としてシーマと共に登場するが次の敵フェイズですぐに逃げてしまう。序盤の敵としては資金5000と結構な金持ちなので、ぜひ倒しておきたい。
スーパーロボット大戦F完結編
序盤のシナリオ「ティターンズの悪意」でマ・クベと共に登場。敵補正とは言えネェル・アーガマよりHPと運動性が高いのだが、それでもマシな部類。資金7000は美味しい。顔見せの為なのか強化兵が指揮を執っているが、無論せっかくの高い能力値がまるで役に立っていない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦αDC

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

連装メガ粒子砲
大型ミサイルランチャー
小型ミサイルランチャー
単装機関砲

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

LL

関連機体[編集]

ムサイ級軽巡洋艦