ブレイズザクファントム (レイ専用)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ブレイズザクファントム
(レイ専用)
外国語表記 Rey's Blaze Zaku Phantom
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
機種 ブレイズザクファントム
生産形態 専用機(色付け)
型式番号 ZGMF-1001/M
全高 20.4 m
重量 91.2 t
動力 バッテリー
素体 ザクファントム
開発 ザフト
所属 ザフト
パイロット レイ・ザ・バレル
テンプレートを表示

ブレイズザクファントム (レイ専用)は『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場メカ

概要[編集]

レイ・ザ・バレル専用の白に塗装されたザクファントムに、高機動戦用のブレイズウィザードを装備させた状態。

本機はミネルバの艦載機として活躍していたが、クレタ沖の戦闘で中破。その後の行方は不明である。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
レイが終盤前まで乗る。レジェンドガンダムに改造を引き継ぐが、ifルートに進めなかった場合は意味が無い。任意でifルートに行ける2周目ならともかく、1周目はルートが確定するまで改造は控えた方が良い。無事レジェンドガンダムが加入した場合でも機体が残るので、改造してあるなら加入が遅いイザークステラに回してやるのも良い。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
敵として登場。入手は出来ない。
スーパーロボット大戦L
序盤から使用可能。ファイヤビーが意外と使える。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
シナリオでは序盤に1度だけスポット参戦したときのみ使用可能。その後はレイが乗ってくる敵として登場。なお、レイは原作通りなので結局スポット参戦時しか使えない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

本体装備[編集]

対ビームシールド
両肩に装備された3基のスパイクを持つ対ビームコーティングシールド。マニピュレーターで保持するわけではないので、銃とトマホークを同時使用するなど、より柔軟な運用が可能となる。ウェポンラックも兼ねていて、裏面にはビーム突撃銃の予備カートリッジを2基、内部にはビームトマホークを格納している。
MA-M8 ビームトマホーク
シールド内に収納されているハンドアックス状のビーム兵器。接近戦で使用するが、ビームブーメランのように敵機に投げつけて使うことも出来る。
MMI-M633 ビーム突撃銃
MMI(マイウス・ミリタリー・インダストリー社)製のビームライフル。ザクシリーズの主兵装で、小型で取り回しに優れる。着脱式のビームマガジン方式が採用されており、機体ジェネレーターからエネルギーを供給することなく、ビーム兵器を使用可能。水中戦では使用できない。
『Z』ではレイのカットインが入る武器なのだが、どう言うわけか、地上にいる相手でないとカットインが入らなくなる。
ハンドグレネード
MSサイズの手榴弾。腰部のハンドグレネード用パレットに左右2発ずつ、計4発マウントされている。ZR20E高性能炸裂弾、ZR27Iテルミット焼夷弾、ZR30F通常榴散弾、ZR11Q閃光弾、ZR13Q発煙弾の5種類があるが、劇中ではほとんど使用されず、使われたものもどれであるのかは不明。

ブレイズウィザード[編集]

AGM138 ファイヤビー誘導ミサイル
両側スラスターブロックの先端部に内蔵された小型ミサイル。広範囲目標の制圧や弾幕を張る時に威力を発揮する。装弾数は片側19発の計38発。
『Z』では弾数は少ないがP属性の全体攻撃で使い勝手がいい。本機をレジェンド入手後も使うなら乗機に全体攻撃が無いステラを乗せるのも手。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体ボーナス[編集]

無改造:装甲値+100 EN+50 CT補正+10
ハーフ改造:装甲値+150 EN+100 CT補正+20
フル改造:装甲値+200 EN+150 CT補正+30 HP+1500

名場面[編集]

フリーダムガンダム
オーブ艦空母タケミカヅチをビーム突撃銃で攻撃中、フリーダムにビームライフルで右腕を破壊された。これがレイのザク最後の戦闘シーンになった。

関連機体[編集]

ブレイズザクファントム (ディアッカ専用)
ブレイズザクファントム (ハイネ専用)

商品情報[編集]

資料リンク[編集]