コンロイ・ハーゲンセン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
コンロイ・ハーゲンセン
外国語表記 Conroy Haagensen
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 三宅健太
デザイン 安彦良和(オリジナル)
高橋久美子
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人アースノイド
性別
年齢 35歳
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 エコーズ920隊
役職 副司令
軍階級 少佐
テンプレートを表示

コンロイ・ハーゲンセンは『機動戦士ガンダムUC』の登場人物。

概要[編集]

エコーズ隊の副司令。

ダグザ・マックールの片腕的存在。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
初登場作品。この時点ではNPC
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
前作で戦死が正史となったダグザの代わりにパイロット登録される。白兵戦では指揮官としてZ-BLUE隊員に指示を出すこともある。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
パイロットとして登場。本作ではダグザと共にエコーズ仕様のジェガンに搭乗して参戦する。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

第3次Z天獄篇
必中不屈狙撃激励直撃

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次Z天獄篇
底力L6、援護攻撃L2、サバイバビリティ、Eセーブ
V
底力L6、援護攻撃L2、EセーブL1、サイズ差補正無視L1

固有エースボーナス[編集]

所属チームの被ダメージ0.8倍、命中率+20%
第3次Z天獄篇』で採用。時獄篇のダグザのボーナスをそのまま引き継いでいる。
被ダメージ0.8倍。最終命中率+20%。
V』で採用。最終補正になり若干強化された。

人間関係[編集]

ダグザ・マックール
彼の死後、指揮官を引き継ぐ。
バナージ・リンクス

他作品との人間関係[編集]

ランド・トラビス
第3次Z天獄篇』では、彼の「猪突猛進すぎて周りが見えていない」という戦闘スタイルの問題点を指摘した。
クロウ・ブルースト
『第3次Z天獄篇』では腕を見込んでエコーズへと勧誘しようとしたが、報酬の話ばかりをされたために断ることとなった。
ネバンリンナ
V』では特殊戦闘台詞において「お前に活躍の場などない!」とあんまりなことを言われてしまう。

名台詞[編集]

「気負うなよ。ダグザ隊長にもらった命、無駄にするな」
EP6にて、格納庫へ向かうバナージに対して。様々な経験を経て一人前になったバナージを笑顔で見送った。
「何があっても落ち着いて対処するんだ、バナージ。俺たちがケツを支えてるってことを忘れるな」
EP7にて、インダストリアル7に向かうバナージに対して。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

「いや…あの男だけではない。若手というものは、すぐに自分の利益ばかりを優先し、軍の規律や使命感というものを軽視する」
第3次Z天獄篇』中央大陸ルート第29話「猛攻のストラウス」にて。この一言からオッサン達の愚痴大会が始まるのであった…。
もっとも、ここから始まった愚痴がランドへの説教となり、ランドは初心に帰ったことで壁を破る機会を得たわけだが。
「我々は基本は表に出ない身だ!故に普段から目立たないようにしてるだけだ!」
「しかも、Z-BLUEは我々以上に生身で戦える人間が揃っており、故にどうしても活躍の場が…」
「いや、活躍など考えるのが、間違いなのだ…!そもそもエコーズは…」
『第3次Z天獄篇』エーストークにて。AGに活躍の地味さを指摘されて。
「気安い人間は信用しない性質でな。その点、お前の胡散臭さは特筆ものだ」
「エコーズは戦う場所も相手も選ばん!市民の平和と自由を奪う者が現れたら、それを排除するために戦うまでだ!」
『第3次Z天獄篇』最終話「果てなき世界」にて、至高神Zとの戦闘前会話

搭乗機体[編集]

ジェガン (エコーズ仕様)

資料リンク[編集]