アストレイブルーフレームセカンドL

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
アストレイブルーフレームセカンド
L
外国語表記 Astray Blue Frame 2nd L
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦W
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
型式番号 MBF-P03 second L
全高 17.78 m
重量 64.4 t
装甲 発泡金属装甲
TP装甲(バイタルパートのみ)
開発 モルゲンレーテ社
ロウ・ギュール
所属 サーペントテール
パイロット 叢雲劾
テンプレートを表示

アストレイブルーフレームセカンドLは『ガンダムシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

モルゲンレーテ社が開発したブルーフレームソキウス7と11の搭乗するロングダガーとの戦闘で破損したのを改修した機体。「L」は改修案とパーツを提供したロウ・ギュールの頭文字。

開発の経緯[編集]

ソキウスのロングダガーとの戦闘で損傷したブルーフレームエリカ・シモンズとロウが劾の考案していたプランに基づいて改修していたが、破壊された頭部とバックパックを修理できなかったため、その代わりとしてロウが レッドフレーム用に製作していた頭部とタクティカル・アームズを提供した事で誕生した。

このため、後に劾の本来のプラン通りに修復したブルーフレームは「ブルーフレーム セカンドG」、ロウ製作の装備に換装されたものを「ブルーフレームセカンドL」と呼ぶ。

機体概要[編集]

セカンドGの頭部とバックパックをロウが製作した頭部ユニットと「タクティカル・アームズ」に換装している。ロウのオリジナル装備ということもあって、この状態では頭部と背部のオプション装備が装着できない。そのため、それらを使用する際はセカンドGの状態で運用する事になる。

また、必要に応じて追加バッテリーパックを装備可能。トランスフェイズ装甲を装備しているが、本機のそれはロウが独自に考案したものである。

アズラエル財閥の軍事工廠のある衛星を破壊する際にはローエングリンランチャーを装備した。

劇中での活躍[編集]

劾は本機でソキウスのロングダガーと再戦し、勝利している。この形態が高い汎用性を備えていたため、劾はこれ以降も本形態で運用する事が多かったようである。

その後、『機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS』にて、地球でのミッションに対応した装備のブルーフレームサードに改修されている。

更にその運用データを使用して『機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY』では本機の再設計機であるアストレイブルーフレームセカンドリバイに改修される。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
単独飛行可能、レッドフレームとの合体攻撃有りと、機動力でも攻撃力でも非の打ちようがないほどまとまっている。ただしセカンドL・LLと比較して、この形態が勝っている点はないのでセカンドL・LLの登場と共に御役御免となる(ちなみにセカンドLの状態ではNJCは追加されない)。
セカンドL・LLは第2部後半で換装パーツとして追加される。原作と異なり、Nジャマーキャンセラーを搭載しているため、単独でローエングリンランチャーを発射可能。また、毎ターンEN回復機能も付いてくる。非の打ち所のない機体として仕上がっているため、入手してからはこの形態で出撃させる人がほとんどだろう。密かにセカンドLよりENが多くなっている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2017年7月のイベント「理想の世界」の期間限定ガシャユニットとして登場。SSRシューター。
2段階限界突破を行うことで同ユニットの大器型と限界突破移植素材を入手可能。
通常では貫通とスロウ付与に加え確定クリティカルを持ち高いザコ処理能力を持つ。反面、攻撃速度の遅さによるDPSの低さにより強敵ボス戦などには不向き。
アリーナでは「当てる・避ける・クリティカル・防ぐ」という四拍子揃った高性能さに加えて全タイプに高い回避率・行動力バフをかけられる万能指揮官機。必殺スキルに分身無効とバリア貫通を有する点も強み。
正式参戦に繰り上げ後の2019年2月のイベント「錯綜する意志」ではローエングリンランチャー装備型が報酬ユニットとして登場。SSRシューター。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
改修前と同じ武装。
タクティカル・アームズ
ロウお手製の多機能型バックパック。通常のバックパックの代わりに装備される。推進器としての役割の他、分離・変形して巨大な実体剣やガトリングガンにもなる。刀身の部分はラミネート装甲製で、ビームを受け止めたり、アルミューレ・リュミエールを貫通したり出来る他、推進器時はウイング代わりに、ガトリングガンの射撃時には二脚(バイポッド)代わりにも使う。また、ガトリングガンは後にビームと実体弾の双方を発射できるように改造された。専用の頭部ユニットには遠隔操作システムが搭載されており、ある程度の距離ならタクティカル・アームズを遠隔操作できる(これは一種のドラグーン・システムであり、後に劾が「空間認識力」を持っている設定に繋がることになる)。前述のように、元はレッドフレーム用に製作された装備であるが、「劾なら使いこなせる」とロウが判断したため、ブルーフレーム用の装備となった。当然、レッドフレームでも使用可能であり、作中でガーベラ・ストレートを折られたロウに劾が貸している。
アーマーシュナイダー
劾が好んで使用している武装。ビームサーベルに対する備えとして、対ビームコーティングが施されている。劾はこれで良く敵のコックピットを抉る。また、爪先と踵の部分にも隠し武器として内蔵されている。ソキウスとの再戦に際し、「サーベルはこれで受け、ライフルは全て避ける」という方向性の下にこれを製作。相当どころか神業レベルの腕が必要な思考で、小説でも「劾でなければ絶対選ばない方法」とまで言われている。

オプション装備[編集]

ローエングリンランチャー
アークエンジェル級などに搭載された物をMS用にサイズダウンしたもの。通常時は砲身が左右に分割されており、発射時に結合、腰の核エンジンからケーブルを接続する。威力は艦載型のそれと比べて劣るが、それでも充分すぎる破壊力がある。発射する際は核エンジンからエネルギーを供給する必要があるが、本機はNジャマーキャンセラーを搭載していないので核エンジンが起動しないため、劇中ドレッドノートイータの側に接近して核エンジンを起動させて発射している(ドレッドノートのNジャマーキャンセラーは他の物と異なり効果範囲が広い)。
原作では『ASTRAY B』の最終話で初登場した装備で、ブルーコスモスの軍事衛星を守る巨大MA『ベルグランデ』(SRW未登場)を破壊するために使用。このベルグランデにもNジャマーキャンセラーが搭載されており、これを逆利用するために文字通り密接するほど接近することで核エンジンを起動させ、ローエングリンランチャーを発射した(ちなみに上記のドレッドノートイータのNジャマーキャンセラーを使用した時の相手もベルグランデであった)。

合体攻撃[編集]

アストレイ・ダブル・ブレード
レッドフレームフライトユニットパワードレッドとの合体攻撃。タクティカル・アームズとガーベラ・ストレートで敵機を滅多斬りにする。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。
トランスフェイズ装甲
換装
セカンドG、ローエングリンランチャー装備に換装する。
Nジャマーキャンセラー
Nジャマーを無効化する装置。ENを最大値の15%分回復させる。原作では搭載しておらず、本機がローエングリンランチャーを使用するためには他のNジャマーキャンセラー搭載機の作動範囲内に入る必要がある。スパロボWでは搭載された核エンジンを稼働させ、ローエングリンランチャーを常時使用可能とするために装備された、という設定になっている。なお、ブルーフレームセカンドG、セカンドLにはNJCは追加されないため、ローエングリンランチャーに内蔵しているものと思われる。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「サーペントテール:ミッション開始」

関連機体[編集]

アストレイブルーフレーム
アストレイブルーフレームセカンドG
アストレイ ブルーフレーム セカンドリバイ
『VS ASTRAY』に登場したセカンドLの改修機。SRW未登場。ブルーフレームサード(SRW未登場)で得られたデータを元にして、汎用性の高いセカンドLを事実上再設計と言う形でほぼ全体に渡って改修を行っており、実質セカンドLのアップデート版的MS。一見上の見た目はセカンドLとほぼ同じであるが、脚部の形状がより洗練された形状になっており(足首などはセカンドLより更に細身に変更されている)、見た目の印象も細身になっている。メイン武装でもあるタクティカルアームズは新たに作られたタクティカルアームズIIへと変更されている。タクティカルアームズIIはこれまでの3形態に加えて、サードの腕部大型ソードを参考にした刀身を分割して両手に装備して使用する『ソードアーム』(通常形態時の分割部にビームサーベル発生器があり、ビームソードとしても使用可能)と、ガトリング砲のみを手持ちで使用可能とする『ガトリングアーム』の2形態が追加されている。アーマーシュナイダーもこれまでのものよりカーブが付いた形状のものに変更されている。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]