リボーンズガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
リボーンズガンダム
外国語表記 Reborns Gundam
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 海老川兼武
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 イノベイド専用可変モビルスーツ
生産形態 専用機
型式番号 CB-0000G/C
頭頂高 23.3 m
重量 79.1 t
動力・推進機関 GNドライヴ[Τ]×2
エネルギー GN粒子
装甲材質 Eカーボン
バックアップシステム 独自のバックアップシステム
開発者 リボンズ・アルマーク
所属 イノベイド
パイロット リボンズ・アルマーク
テンプレートを表示

リボーンズガンダムは『機動戦士ガンダム00』の登場メカ

概要[編集]

リボンズ・アルマークが自身専用に開発したモビルスーツ。砲撃戦形態の「リボーンズキャノン」に変形可能。

開発経緯[編集]

元々は「1ガンダム(アイガンダム)」と「GNキャノン(ガンキャノン)[1]」という別のモビルスーツとして開発されていたが、リボンズがそれらを一つにまとめ、「リボーンズガンダム オリジン」として一旦設計。ソレスタルビーイング潜入していたアニュー・リターナーから提供されたデータを基にツインドライヴシステムトランザムを実装し、現在の形に至った。

開発の際にガンダムエクシアのデータが流用されており、その意味では兄弟機に当たる。また、リボーンズキャノンにはガンダムヴァーチェのデータを使用し、センサーにはGN-X IIキャノンと同系統の物を使っている。

本来はもう一つ、地上戦砲撃形態「リボーンズタンク」があったのだが、オリジンから再設計する際に外されている(余談を参照)。

機体概要[編集]

両肘にGNドライヴ[Τ](疑似太陽炉)を搭載。ダブルオーガンダムダブルオーライザー)のツインドライヴシステムの問題点となった太陽炉同士の同調率から引き起こされるシステムの不安定な稼働を解決している。

ダブルオーガンダムはオーライザー合体しないとシステムを安定稼動できないのに対し、本機は擬似太陽炉を搭載しているので常に安定している[2]

1ガンダムをベースとした汎用性の高い「ガンダムモード」を基本形態とし、GNキャノンをベースとした砲撃戦用の「キャノンモード」に変形可能。二つの機体を一つにまとめた弊害か、各モードの一部性能は1ガンダムやGNキャノンに劣っているものの、状況に合わせた変形により高い戦闘能力を発揮する。

独自の操縦サポートシステムが組み込まれており、ヴェーダのバックアップ無しでも問題なく戦闘が可能。このような仕様になったのは、リボンズが他のイノベイドを全く信用していなかったためである。

設計者・搭乗者であるリボンズ自身の名前が付けられており、視聴者からはその点をネタにされることが多いが、実際の意味は「再生」あるいは「再誕」。普通に自身の名から引っ張った可能性もないではないが、真相はリボンズ本人しか知らない。

リボーンズキャノン[編集]

前後反転して変形する砲撃戦形態。武装の配置が変わる事により射撃武器の性能が向上する[3]

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇
初登場作品。最終局面で原作通り、リボンズ機として登場。リボンズ当人の高い能力と相まって、命中と回避が際立っている。
2回行動からのマップ兵器連発が怖いので、できれば刹那単独で戦いたい。幸いにも刹那しか狙わないルーチンを利用し、刹那のエースボーナス(ガンダム及び太陽炉搭載機への与ダメージ1.5倍)が有れば、さほど怖い相手ではない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
敵ユニットとしてはストーリークエストで登場していたが、2018年2月のイベント「策謀渦巻く宇宙」で自軍ユニットとして実装。大器型SSRシューター。
全状態異常に対する耐性アビリティ「絶対者」、分身への命中率アップと防御・バリア貫通を備えた攻撃型シューター。その攻撃力から繰り出される、3×3マスを攻撃する必殺スキル「GNフィンファング」で道中のザコ敵はガンガン蹴散らせる。リボンズの「直撃」と機体のバリア貫通アビリティが被っているため、実質的に精神スキルが一枠死んでいるのが弱点といえば弱点。
アリーナでは、大器デスティニーガンダムの系譜に連なる、味方が倒されるごとに能力がアップする「デスアップ」系アビリティ「ツインドライヴシステム[T]」が強力。
通常時は貧弱極まりないステータスだが、味方が倒れるほどに攻撃・命中・回避・行動力にブーストがかかり、最終的には攻撃力120%、命中率、回避率240%、行動力4000アップという凄まじいバフのかかった怪物と化す。タフネス系スキル「絶対者」を持つため「真価を発揮する前に倒される」という事態にもなりにくい、敵に回すと厄介なユニット。
更に「リボーンズ以外をフローレンス等『死にバフ』持ちのユニットで固め、リボーンズを最奥に配置して死にバフを盛ったリボーンズで一気に挽回する」という嫌がらせじみた戦術も可能。しかし、Vコストの導入以降はこうした戦術を抑止するためか「死にバフ系アビリティを持つ機体はコストが重い」という調整がされたため、以前ほど死にバフを盛る事は不可能になった。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

GNバルカン
キャノンモード時のマニピュレータにそれぞれ3基、左右で計6基搭載。
エグナーウィップ
キャノンモードのみに装備。腕部アンカー部に装備された電磁ワイヤーで、エンプラスに装備されていたものの強化版。また、指先からもワイヤーを発射できる。
GNシールド
左腕に装着したシールド。小型GNフィンファングをマウント。
大型GNビームサーベル
背部に装備された高出力ビームサーベル。大型の名の通り、通常のGNビームサーベルよりも長い刀身を誇る。
キャノンモードでも使用可能で、敵の意表を突く使い方が可能。
GNバスターライフル
基本装備で、通常のビームライフルより高出力かつ連射も可能。腕のGNドライヴ[Τ]から直接GN粒子を供給する。
キャノンモードでは前腕部に固定されるため射角が制限されるが、GNドライヴ[Τ]と直結させる事によって威力が増す。
大型GNフィンファング
ガンダムスローネツヴァイアルケーガンダムに搭載されたGNファングの発展型。バックパックに4基装備。
元ネタはνガンダムの「フィン・ファンネル」。翼状に配置されていることからHi-νガンダムのイメージに近い。また、蒼月昇氏はやはり『フィン・ファング!』を叫びたがった」という逸話があり、実際リボンズが登場する他作品では使用時にしっかり叫んでいる。
『第2次Z再世篇』では自機中心型のマップ兵器(全周囲8マス)であり、第58話黒の騎士団ルート「革新」において迂闊に自軍部隊の戦力を割くと一網打尽にされてしまうので要注意。また、「トランザム発動」の演出にも登場する。
GNキャノン
キャノンモード時、大型GNフィンファングは主砲として機能し、収束させる事で威力が向上する。
また、ガンダムモードでもファングをマウントしたまま射撃でき、背後の敵に意表を突いた攻撃が可能。
劇中では、今までほぼ無傷だったダブルオーライザーの右脚を吹き飛ばしており、リボーンズガンダムの手強さを視聴者に印象付けている。
小型GNフィンファング
シールドと腰に計8基装備。ビームサーベルを発生させて突撃させる事で使用するほか、シールドに設置されたものについてはマウントしたままだとビーム砲としても機能する。
小回りが利き変則的な軌道を取る事が可能で、超兵であるアレルヤ(ハレルヤと融合した状態)でさえも完全に回避しきれなかった

必殺技[編集]

トランザム発動
擬似太陽炉のツインドライヴもあり、トランザムの維持可能時間は長い。ただし、ダブルオーライザーのような未知現象は起きない。
『第2次Z再世篇』ではGNバスターライフルを乱射しつつ、小型・大型GNフィンファングによるオールレンジ攻撃の後、背後から切り付け、〆にフィンファングによる一斉攻撃を仕掛ける演出となっている。背後からの切り付けではリボーンズガンダム、最後の一斉攻撃の直前ではリボンズのカットインがそれぞれ挿入される。射程の問題で、反撃にはこれかキャノンを使ってくる。
GNバスターライフル(連射)
X-Ω』での必殺スキル。

特殊能力[編集]

SRWでは特殊能力としての変形は持っていない。

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動。
EN回復(中)
ツインドライヴシステムの恩恵でENが回復する。
擬似太陽炉二つなのに、何故か純正太陽炉二つのダブルオーライザーよりも効果が上。原作のラスボス機だからか。

移動タイプ[編集]

宇宙
飛行可能。

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

リボーンズキャノン登場
2nd第24話「BEYOND」Cパートのラストに登場。そこに現れたMSはガンキャノンに近い機体であったため、「ラスボスはまさかのガンキャノンか?」と話題となった。
もっとも、「どうせ変形するんだろ」「ラッセが乗り捨てた0ガンダムに乗り換えるに違いない」という声があったのも事実だが。
人類を導くガンダム
2nd最終話「再生」Aパートより。リボーンズキャノンとの戦いの中で、刹那は衝撃的な光景を目にする。リボーンズキャノンの背面が変形し、真の姿―リボーンズガンダム―がその全容を露にした。
リボンズはGNフィンファングやキャノン形態での砲撃を駆使して刹那を追い詰めていくが、刹那が真のイノベイターとしての力を発現させると、今度はリボンズの方が追い詰められていく。最終的に、刹那とリボンズは互いの機体をトランザムさせて勝負に出るが、両機は共に損傷し、戦闘不能状態になった。
その後、それぞれの「はじまりの機体」に乗り換えた刹那とリボンズの、真の最終決戦の幕が上がる事となる。

関連機体[編集]

リボーンズガンダム オリジン(SRW未登場)
初期設計時の姿。ガンダムモード・キャノンモードに加えてタンクモードにも変形できる。ツインドライヴシステムトランザムは搭載されていない。
1ガンダム(SRW未登場)
リボーンズガンダムのベースとなった機体。
GNキャノン(SRW未登場)
リボーンズキャノンのベースとなった機体。
ガンダムエクシア
ガンダムヴァーチェ
それぞれガンダム・キャノン形態にデータが使われている。
アルヴァアロン
1ガンダムを元にして開発された機体。ある意味、アルヴァアロンとリボーンズガンダムは兄弟機であると言えなくもない。

余談[編集]

  • 機動戦士ガンダム00』の裏テーマとして「ガンダムシリーズのオマージュ」というものがあり、このリボーンズガンダムもその一つ。『機動戦士ガンダム』劇中における「V作戦(スタッフの案は『ひとりV作戦』)」で開発されたガンダムガンキャノンガンタンクを一つに纏めたものである。
    • ちなみに、『ひとりV作戦』を提案したスタッフの正体は「大型新人声優・蒼月昇」こと古谷徹とも言われている(氏は『ひとりV作戦をやって刹那に負けたい』と語っていたとか)。
    • しかし、演出に無理がある上に「プラモデル化前提という都合上、タンク形態はプラスチック形状の支障を来す」として廃案。ガンダムをベースに、ガンキャノンのギミックを生かした形態としてまとめられ、タンク形態の廃止は機体設定の中に組み込まれている。
  • 2017年8月に配信されたWebアニメ作品『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』第1話にて、リボーンズガンダムのカスタムガンプラである「リバーシブルガンダム」が登場。原作では廃止されたタンクモードへの変形も可能となっていた。
    • 劇中では歴代ガンダム作品に登場したパイロットの疑似人格AIを使っているという設定からリボンズが搭乗していたが、途中でプログラム変更でアムロに入れ替わる。EDクレジットでは「アムロ・レイ 古谷徹」「リボンズ・アルマーク 蒼月昇」とわざわざ別々に表記されるという芸の細かさであった。
  • サーベラス・イグナイトとは「前後反転させる事で格闘形態と砲撃形態に変形する機体」という点で共通しているが、登場はリボーンズガンダムの方が後である[4]

脚注[編集]

  1. ちなみに型式番号は「CBY-077」で、機体名の元ネタになったガンキャノン(型式番号「RX-77-2」)をオマージュしている。
  2. 一方で、リボーンズガンダムはGNフィールドは搭載していない。オリジナルのGNドライヴを使用していない事との関係性は不明。
  3. なお、キャノンモード時に背後から見てみるとガンダムモード時の頭部が見えてしまっている
  4. 戦闘アニメでの再現では、リボーンズガンダムの方が先になる。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]