グラーフ・ツェッペリン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
グラーフ・ツェッペリン
外国語表記 Graf Zeppelin
登場作品

ガンダムシリーズ

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 チベ級ティベ型重巡洋艦
動力 熱核融合炉
開発 ジオン公国軍
所属 ジオン公国軍
テンプレートを表示

グラーフ・ツェッペリンは『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』の登場メカ

概要[編集]

ジオン公国軍が建造した重巡洋艦。チベ級の改良型の艦艇「ティベ型」の1隻である。

艦長のフォン・ヘルシング大佐(SRW未登場)が指揮を執り、キリング中佐の命令でサイド6のリボーコロニーに対して核攻撃を敢行しようとするが、ヘルシング大佐は元々核攻撃には否定的であり、その途中で地球連邦軍と遭遇したことをこれ幸いと交戦した後にあっさりと投降した。このおかげでリボーコロニーへの核攻撃は回避される事となった。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F完結編
初登場作品。シナリオ「灯火は炎となりて」で、マ・クベが乗って来る。コイツ自身はどうでもいいが出撃メンバーが限られたシナリオの上、ラフレシアが同時出現するので厄介。気に入ったのかポセイダルルート「砂上の楼閣」でも、ラフレシア4機のおまけつきでマ・クベが乗って来る。
オデッサ戦で水爆を使おうとした男が、コロニーに核攻撃を仕掛けようとした艦に乗って出て来る……という構図。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

デザイン上ではメガ粒子砲2門以外の武装は確認されていないが、SRWではその他の武装が設定されている。

メインメガ粒子砲
サブメガ粒子砲
15連装ミサイルランチャー
90ミリ機関砲

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

LL

関連機体[編集]

チベ