「クランク・ゼント」の版間の差分

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
58行目: 58行目:
 
:断末魔。三日月との決闘に敗北し、重傷を負い動けなくなったため三日月に介錯を頼むも、お礼を言い終えることなく射殺されてしまった。ちなみに1発ではなく、'''3発(トリプルダップ)'''であり、クランクの軍人としての(半ば酔いしれた)矜持に対してそんなものに慮る気は一切ない鉄華団サイドという、両者の意識のズレを如実に表した演出と言える。
 
:断末魔。三日月との決闘に敗北し、重傷を負い動けなくなったため三日月に介錯を頼むも、お礼を言い終えることなく射殺されてしまった。ちなみに1発ではなく、'''3発(トリプルダップ)'''であり、クランクの軍人としての(半ば酔いしれた)矜持に対してそんなものに慮る気は一切ない鉄華団サイドという、両者の意識のズレを如実に表した演出と言える。
 
:余談だが、この三日月の情け容赦無いシーンがネタとなり'''[[俗語・俗称|「ありが…パンパンパン」]]'''と呼ばれる事が多い。
 
:余談だが、この三日月の情け容赦無いシーンがネタとなり'''[[俗語・俗称|「ありが…パンパンパン」]]'''と呼ばれる事が多い。
;「いいかアイン。人間としての誇りに出自など関係ない」<br/>「人間なんて一人一人違う。元々一括りにはできないものだ。自分自身が正しいと思う道を選べ。周囲に惑わされずお前という人間の生き方を見せるんだ。」
+
;「いいかアイン。人間としての誇りに出自など関係ない。」<br/>「人間なんて一人一人違う。元々一括りにはできないものだ。自分自身が正しいと思う道を選べ。周囲に惑わされずお前という人間の生き方を見せるんだ。」
:第18話のアインの回想シーン。火星出身の母とのハーフで差別に苦しんでいたアインだが、クランクは彼を分け隔て無く接してくれた。これが彼がクランクを人一倍尊敬する理由であるが、同時に復讐に固執する理由にもなってしまう。
+
:第18話のアインの回想シーン。火星出身の母とのハーフで差別に苦しんでいたアインだが、クランクは彼を分け隔て無く接してくれた。これがアインがクランクを人一倍尊敬する理由であるが、そんな彼を失ったからこそアインが復讐に固執することになってしまう。そして、そんなアインの辿った結末は悲惨なものだった…。
 
<!-- == スパロボシリーズの名台詞 == -->
 
<!-- == スパロボシリーズの名台詞 == -->
  

2020年7月1日 (水) 18:08時点における最新版

クランク・ゼント
外国語表記 Crank Zent
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 間宮康弘
初登場SRW スーパーロボット大戦DD
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
所属 ギャラルホルン火星支部
軍階級 二尉
テンプレートを表示

クランク・ゼントは『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の登場人物。

概要[編集]

ギャラルホルンの火星支部に所属する二尉。新人パイロットの教官も務める。

火星支部のギャラルホルンにしては珍しく、善良な人物であり、教え子の一人であるアイン・ダルトンからの信頼も厚いのだが、(敵側の人物の視点から見れば)独善的な面も有る。支部長のコーラル・コンラッドから命令を受け、アインやオーリス・ステンジャと共にグレイズに乗り、CGSを襲撃。この戦いで敵が少年兵である事を知ることになる。

アイン達に少年兵を殺させたくない事から、クーデリア・藍那・バーンスタインの身柄引き渡しを条件にCGSに決闘を挑み、三日月・オーガスガンダム・バルバトスと交戦。敗北後、三日月に頼んで銃で介錯してもらい、死亡した。

一見すると悲劇性の強いキャラクターに見えるが、鉄華団の立場から見れば独善的な行動を取ったにすぎず、アインに至ってはクランクの敵討ちに固執するようになる。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦DD
初登場作品。ワールド4第1話よりボスユニットとして登場。顛末も原作に準ずる。
担当声優の間宮康弘氏は『第2次スーパーロボット大戦Z再世篇』のユーサー・インサラウム役を経て初の版権キャラクターでの参加。リリース当初はキャラクター図鑑に声優が記載されていなかったが、Ver.1.1.0にて修正された。

人間関係[編集]

ギャラルホルン[編集]

コーラル・コンラッド
火星支部の支部長。CGSへの襲撃命令を下す。
アイン・ダルトン
教え子の一人。「依存」とも言えるレベルで強く慕われている。
オーリス・ステンジャ
火星支部のMSパイロット。教え子の一人。彼が部隊長に任命されたため、立場上は部下となる。

CGS[編集]

三日月・オーガス
彼が少年兵と知りショックを受け、戦いをやめるように促す。

名台詞[編集]

「子供が戦う必要は無いんだ!」
戦闘中、CGSの兵士が少年兵でありバルバトスのパイロットが三日月である事を知った際の叫び。
一見すると気遣いに見えるが、三日月達からすれば「向こうから攻撃を仕掛けてきた上に、こちらの仲間を殺した大人が、勝手な事を言っている」に過ぎず、意に介す気は毛頭なかった。
余談だが、かつての作品においても、クランクと同様の台詞を放った人物が存在している。
「…ありが」
断末魔。三日月との決闘に敗北し、重傷を負い動けなくなったため三日月に介錯を頼むも、お礼を言い終えることなく射殺されてしまった。ちなみに1発ではなく、3発(トリプルダップ)であり、クランクの軍人としての(半ば酔いしれた)矜持に対してそんなものに慮る気は一切ない鉄華団サイドという、両者の意識のズレを如実に表した演出と言える。
余談だが、この三日月の情け容赦無いシーンがネタとなり「ありが…パンパンパン」と呼ばれる事が多い。
「いいかアイン。人間としての誇りに出自など関係ない。」
「人間なんて一人一人違う。元々一括りにはできないものだ。自分自身が正しいと思う道を選べ。周囲に惑わされずお前という人間の生き方を見せるんだ。」
第18話のアインの回想シーン。火星出身の母とのハーフで差別に苦しんでいたアインだが、クランクは彼を分け隔て無く接してくれた。これがアインがクランクを人一倍尊敬する理由であるが、そんな彼を失ったからこそアインが復讐に固執することになってしまう。そして、そんなアインの辿った結末は悲惨なものだった…。

搭乗機体[編集]

グレイズ
ギャラルホルンの主力量産機。