ノーティラス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ノーティラス
登場作品

ガンダムシリーズ

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルアーマー
生産形態 量産機
開発 木星帝国
所属 木星帝国
主なパイロット カラス
テンプレートを表示

ノーティラスは『機動戦士クロスボーン・ガンダム』の登場メカ

概要[編集]

木星帝国が開発した量産型モビルアーマー

ノーティラス(=ラテン語でオウムガイ)の名前通りオウムガイのようなシルエットをしており、大型ジェネレーターとメガ粒子砲を直結したような機体で、火力に優れている他、ワイヤーによる近接戦闘も可能。

原作終盤でカラスが搭乗。既に旧式化した機体であったが、カラスの趣味で改造が加えられ、使用され続けていた。部下のニュータイプ部隊と共にトビア・アロナクスクロスボーン・ガンダムX3を追い詰めるが、彼の信念に激怒したトビアの攻撃で撃墜された。爆発間際に後ろからX3を撃とうとした自分の部下の量産型クァバーゼを撃墜している。

短編集『スカルハート』収録のエピソード『星の王女様』では量産型と思われる機体が登場している。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
カラスの搭乗機として登場。カラスの能力値もあって中々の強敵だが、旧式という設定ゆえか入手資金が少ないのが困ったところ。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

高振動ワイヤー
接近戦用に装備された武装。高い技量を持つパイロットでないと使いこなせない。MSでも一瞬で八つ裂きにすることが出来る。
大型メガ・ビーム砲
本機の主兵装。これで後ろからX3を撃とうとした量産型クァバーゼを撃墜した。『第2次α』では全体攻撃となっている。
ビームクロー
量産型らしき機体が装備。超硬質ワイヤーの代わりに搭載されたと思われる(もしくはこちらが元々の装備で、ワイヤーはカラスの改造で取り付けられた可能性もある)。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L

対決・名場面[編集]

クロスボーン・ガンダムX3