劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
劇場版 機動戦艦ナデシコ
-The prince of darkness-
監督 佐藤竜雄
脚本 佐藤竜雄
キャラクターデザイン 後藤圭二
メカニックデザイン 中原れい
鈴木雅久
武半慎吾
森木靖泰
音楽 服部隆之
制作 XEBEC
公開日 1998年8月8日
前作 機動戦艦ナデシコ
初登場SRW スーパーロボット大戦R
テンプレートを表示

劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』はXEBEC制作による劇場用アニメ作品。

概要[編集]

機動戦艦ナデシコ』の続編。TVシリーズから数年後の世界観を、同作の準ヒロインであったホシノ・ルリの視点から見るという内容。1999年度の第30回『星雲賞』映画演劇部門・メディア部門受賞作品。

明るいノリが特徴だったTV版とは打って変わって(ギャグ描写自体は存在するものの)暗くシリアスな展開となっている。特筆すべきは、TV版の主人公で明るく純情な青年だったテンカワ・アキトが自分の五感、そして妻であるミスマル・ユリカを奪われたことから冷徹な復讐鬼と化してしまうことである。エンディングも決してハッピーエンドとは呼べない描かれ方となっており、このようなTV版からの変化は、現在でもファンの間では賛否両論となっている。一応、TV版も話の骨格、設定、ギャグに隠れた端々の描写はシリアスかつ重め(救助に行った火星の人々を結局自分たちで押し潰さなければならなかった場面などもあった)なのだが本筋からギャグを抜いた結果、劇場版はひたすら重い雰囲気になってしまった。

TV版から劇場版へ至る3年間の空白に関しては、小説『機動戦艦ナデシコ ルリ AからBへの物語』とゲーム『機動戦艦ナデシコ The blank of 3 years』にて双方、多少の差異があるもののキチンと劇場版に繋がるように描かれている。後者は恋愛シミュレーションであるが、各キャラクターの掘り下げがかなり丁寧に行われているため、プレイヤーからの評価は高い。

本来は更なる続編が予定されており、バッドエンドに見える終わり方は次の物語へ続ける意図があったからとも推測される。ただし、佐藤監督曰く続編制作の可能性は現時点では「絶望的」であるとのこと。同氏による小説版の刊行も中止となってしまったが、『機動戦艦ナデシコ・ノベルテ+』にて一部が収録されている。

登場人物[編集]

スパロボごとの登場人物一覧については以下を参照して下さい。

アキトの協力者(ネルガル関係者)[編集]

テンカワ・アキト
TV版の主人公。復讐鬼としてブラックサレナを駆る。
ラピス・ラズリ
アカツキ・ナガレ
エリナ・キンジョウ・ウォン
イネス・フレサンジュ
プロスペクター
ゴート・ホーリー
月臣元一朗
ゲーム中の戦闘台詞に関してはアキトと同レベルで物凄く変化している。

新ナデシコクルー、地球連合[編集]

ホシノ・ルリ
本作主人公ナデシコBナデシコC艦長。蜥蜴戦争終結後にテンカワ夫妻の養子となったが、直後に二人を事故で失ってしまうことに。
マキビ・ハリ
通称「ハーリー君」。
タカスギ・サブロウタ
木連パイロット。アキト同様にもの凄く変わってしまった人。
スバル・リョーコ
統合軍のパイロット。
アマノ・ヒカル
漫画家。
マキ・イズミ
バーの店長。
メグミ・レイナード
有名な声優。
ハルカ・ミナト
高校教師。
アオイ・ジュン
新型戦艦の艦長。
白鳥ユキナ
日本の高校生。
ウリバタケ・セイヤ
町工場に戻ったが…。
ホウメイ
食堂経営者。
ミスマル・コウイチロウ
ムネタケ・ヨシサダ
ムネタケ・サダアキの父親。SRW未登場。
秋山源八郎
アズマ准将
オモイカネ

火星の後継者[編集]

草壁春樹
木連高官から転じて、テロリストの総帥に。
北辰
北辰衆
ヤマサキ・ヨシオ
シンジョウ・アリトモ
火星の後継者 (一般兵)

その他[編集]

ミスマル・ユリカ
火星の後継者によって拉致され、演算ユニットとして組み込まれる。
ダイゴウジ・ガイ
TV版で死亡しているため故人となっているが、『W』では劇場版の時代まで生き延びたという設定となっており、顔グラフィックも劇場版作画仕様になっている。

登場メカ[編集]

スパロボごとの登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

ナデシコ級戦艦[編集]

エステバリス[編集]

火星の後継者の機動兵器[編集]

その他[編集]

用語[編集]

火星の後継者
本作の敵勢力。

楽曲[編集]

主題歌
「Dearest」
作詞:有森聡美、作曲・編曲:大森俊之、歌:松澤由美
『V』限定版で原曲を収録。
イメージソング
「ROSE BUD」
作詞:有森聡美、作曲・編曲:大森俊之、歌:松澤由美
「Dearest」のカップリングに収録された映画のイメージソング。『T』限定版で原曲を収録。
ドリームキャストで発売されたゲーム『機動戦艦ナデシコ NADESICO THE MISSION』では主題歌として使用されている。
劇中BGM
「ブラックサレナIII」
『MX』『W』『V』『X-Ω』『T』で採用。主にブラックサレナ専用BGMとして採用されている。「III」のタイトル通り、サレナが登場する3場面の内の3つ目かつ最後となる火星極冠遺跡で使われたアレンジ。見せ場としては一騎討ち時に流れる「エステバリスII」の方が印象深いので、実は劇伴として多くの視聴者の耳に残っているアレンジはマトモに初戦闘を行ったアマテラス強襲時の「II」の方である。
「ナデシコのテーマII」
『W』で採用。『V』限定版では原曲を収録。

登場作と扱われ方[編集]

今現在のところ、スパロボではエンディングの部分が原作から改変され、どれもが希望を持たせる終わり方で締めくくられている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
ストーリー序盤までが劇場版で、主人公が過去に行ってからはTV版のストーリーで進む。ただし、機体は一部を除いて後半で劇場版のものへと乗り換える。タイムスリップして以降も劇場版への伏線は全くなく、実質TV版のキャラを劇場版の機体に乗せるためだけの参戦である。
ブラックサレナアルストロメリアが相転移エンジンを搭載していたり、アキトとラピスが五感を共有しているかのような描写が戦闘台詞にあったりと、公式設定と誤解されやすい二次創作のオリジナル設定が採用されている。オリジナル設定だと承知した上で採用したのか、素で勘違いしたのかは不明。
スーパーロボット大戦W
第1部はTV版、第2部から劇場版のストーリー。これまで微妙だった点は概ね改善されており、一番扱いが良い作品。ガイと九十九も使える。劇場版仕様のアカツキも始めて使えるようになったが、その扱いはそれ程良くない。ただし仲間の加入時期にかなりバラつきがあり、中々合体攻撃を使えないのが痛い。前作『MX』で不評だったアキトの加入は更に遅くなっているが、シナリオ上の扱いは大きく向上しており、アキトが復讐者からヒーローへと覚醒していく様が熱く描かれる(そのためか、劇場版ナデシコ勢の決着シナリオのタイトルは「黒衣の復讐鬼の最期」となっている)。EDでは徐々にではあるがアキトの五感が治っている様子が描かれている。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
『W』以来10年ぶり、『スパロボ学園』も含めると8年ぶりに参戦している。音声の新録も多い。
火星での決戦はかなり早い段階で再現されるも、そのシナリオのラストでプレイヤー部隊が別の世界に転移することになり、火星の後継者との決着は中盤部隊が戻ってから。しかしこの構成のおかげでアキトが序盤から自軍に加入できることになった。旧ナデシコクルーの出番はかなり少なく、一部のキャラに至ってはEDにしか出番がない。
本作では何故か自軍に加入するメンバーが誰も集中を覚えないという特徴がある。
また北辰北辰衆との決着はいろいろな作品とのクロスオーバーにより終盤に持ち越される。
スーパーロボット大戦T
スパロボ学園以来10年振りの任天堂ハードに参戦及び『機動武闘伝Gガンダム』と共演。
今作でも『V』同様、火星の後継者との決着は中盤で付くが、北辰との決着は後に持ち越される。アキトの加入は第4話からと、第8話から第15話までの間に離脱はあるものの歴代最速。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
本作で本格的な原作再現がなされる。ほぼ原作通りだが、短い原作の決着を序盤から終盤に引っ張ったため、シナリオ再現は散発的になっている。ナデシコをメインとした最後の回のサブタイトル、「キミノオモイデニ、サヨナラ」やアキトが加入するオリジナルシーンはファンからも評価を得ている。EDでは五感を治療したアキトがユリカの元へ帰還するハッピーエンドとなる。
アキトの加入は遅く、当時のゲーム雑誌で不評点として取り上げられている。
スパロボ学園
初の劇場版単独参戦。
スーパーロボット大戦X-Ω
2017年4月の期間限定参戦作品として登場。OGシリーズを除けば初の参戦済み作品からの限定参戦となる。参戦イベントでは『無限のリヴァイアス』とクロスオーバーする。
2019年2月にリバイバルガシャとして復刻。

商品情報[編集]

DVD[編集]

その他[編集]