オペレーション・エクリプス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

オペレーション・エクリプスは『第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇』で行われた作戦。

概要[編集]

特務部隊Z-BLUEによる星間連合サイデリアル新地球皇国)に対する反抗作戦。

起死回生のラース・バビロン攻略戦で大敗を喫したことと、謎の宇宙で遭遇した本隊の戦力と思しき「根源的災厄」(と呼称されていた)の存在から、正面から立ち向かっても同じことになると判断したZ-BLUE首脳により立案された。

作戦名は皆既日食の英訳「Total Eclipse」に由来。サイデリアルが「恒星」を意味することから名付けられた。

内容[編集]

作戦の前段階として、まず宇宙での拠点となるソレスタルビーイング号の位置がクィーンから破嵐万丈に伝達されたことを受け、中継基地として停泊していたハイアデスを撃退し、これを奪還。

作戦そのものは3段階に分かれ、まず挟撃を防ぐために戦力が比較的手薄な翠の地球を解放。それに並行して皇国の戦略についての情報を収集し、今後の行動の助けとすることが第一段階となる。続く第二段階は、翠の地球解放後、蒼の地球に降りて皇国に協力する勢力を牽制して戦力を削り、決戦に向けての下準備を行う。そして最終段階は、ロシアに設置されたセントラル・ベースを陥落させて足がかりとし、一気にラース・バビロンを攻め落とすことで皇国を瓦解させる、というものである。

実行[編集]

第2新東京市での時空震動後、合流したZ-BLUEは万丈の報告を受け、ソレスタルビーイング号の奪還に成功。作戦の第一段階となる翠の地球の解放に先立ち、宇宙の大崩壊についても対処するため特異点の片割れであるオルソン・D・ヴェルヌ救出のためターミナル・ベース攻略を実行。この段階でジェニオンの専属ナビゲーターだった西条涼音が離反・敵対するというアクシデントに見舞われたものの、戦力を増強し翠の地球からサイデリアルを撤退させることに成功する。

第二段階となる蒼の地球での作戦行動は、降下直前にトワノ・ミカゲの軍勢と皇国軍総司令官エルーナルーナの戦闘に巻き込まれたのがきっかけでサイデリアルに警戒されたため、急遽部隊を三分割して並行して作戦を決行。極東部隊はミケーネ暗黒の軍団、宇宙部隊はネオ・ジオンプラント、西部部隊はアマルガムマーティアルに対処し、各戦線に現れた皇国のリアクター達を撃退しつつ、第3新東京市跡地にて恣意的な時空修復を目論むアマルガムを殲滅。宇宙に発生した次元境界線の歪みを調査する中で過去(ないし赤い海の世界)へ飛ばされ、そこで黒いアンゲロイと遭遇するなどのトラブルはあったものの、ネオ・ジオンやクロノの実行部隊を退けラプラスの箱を解放。総帥フル・フロンタルの戦死によりネオ・ジオンが無力化されたことで人類同士の戦いは終結した。

直後の戦闘でアムブリエル=西条涼音を奪還したことでジェミニスの壊滅に成功。さらにクロノの教義が明らかとされたことで各地で一気に反乱の火の手が上がったのを受け、作戦は第三段階へ移行。セントラル・ベースでの戦闘でソーラリアンが就航したことで次元力の面では互角となり、迎えたラース・バビロンでの決戦にてリアクター三大幹部を撃破、さらに統率者であるアウストラリスこと次元将ヴィルダークの打倒に成功。

三大幹部が戦死、ヴィルダークが敗北を認め地球を去ったことにより、指揮系統の瓦解した皇国軍は各地で敗走。新地球皇国は瓦解し、作戦は成功に終わった。