地獄王ゴードン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
地獄王ゴードン
外国語表記 Hell King Gordon
登場作品

マジンガーシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 機械獣(?)
全高 3km近く(漫画版)
所属 Dr.ヘル一派
パイロット Dr.ヘル(漫画版、真マジンガー)
あしゅら男爵(マジンカイザー)
テンプレートを表示

地獄王ゴードンは『マジンガーシリーズ』の登場メカ。

概要

永井豪の漫画版『マジンガーZ』のラスト(単行本の書き下ろし)で登場した、Dr.ヘルの切り札。

Dr.ヘルの拠点、地獄城の中から出現した。3km近い巨体を誇り、その身体に見合った大剣を振り回す。マジンガーZのミサイルの直撃を受け、頭部を破壊されてもその力は衰えることなく、様々な武装を使いビューナスAを破壊し、マジンガーZを追い詰めた。最期はマジンガーZの決死の自爆によってDr.ヘルもろとも爆散する。

OVA『マジンカイザー』では地下牢に幽閉されていたあしゅら男爵が、未完成だった地獄王ゴードンに自らをパーツの一部として組み込み、稼動させた。そのため「老人の顔で三面四臂」「ドクロの意匠がある胴体」という特徴は共通しつつも原作版とは少しデザインが違う。マジンカイザーに決死の覚悟で決戦を挑み、一時は圧倒するものの力及ばず敗れ去る。こちらのゴードンはカイザーと剣劇を繰り広げたことから全高は100mも無いと思われる。

真マジンガー 衝撃! Z編』では、ミケーネ帝国の遺産として登場。量産型マジンガー軍団の攻撃を受け、崩壊したバードス島の中から出現。光子力エネルギーを吸収する機能を備え、全てを奪いつくさんと科学要塞研究所へ迫るが、マジンガーZのロケットパンチ百連発によって敗れた。しかし、その真の目的は、あしゅらの血の儀式によって復活するミケーネに対抗するため、光子力を蓄えるための器であった(そのため、腕部などはマジンガーの意匠が与えられている)。

その他、漫画『マジンガーエンジェル』などの作品でもDr.ヘルの搭乗機として出番を与えられる事が多い。

登場作品と操縦者

スパロボでは東映版名義での参戦においては登場しておらず、ヘルの乗機は飛行要塞グールであることが多かった。だが、OVA『マジンカイザー』や、『真マジンガー』での参戦においてはヘルの乗機としてマジンガーのラスボスになる場合も多い。

Zシリーズ

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
『真マジンガー』版設定で登場し、Dr.ヘルが搭乗する。倒すと記憶を取り戻しDr.ヘルに反旗を翻したあしゅら男爵にイベント戦闘で攻撃されるが、積年の恨みかはたまた等身の都合上か、「生身のあしゅら男爵が本機の股間を執拗に攻撃する」という、ある意味痛々しいものになっている。

携帯機シリーズ

スーパーロボット大戦J
OVA版設定で登場。序盤から中盤に掛けての節目を飾るステージのボスで、イベント戦闘でレプリカのグレートマジンガーを一撃で破壊するなど、存在感は十分。
ゴードン自体は典型的なスーパー系ボスだが、初期位置の関係上地形効果によってただでさえ重装甲なのがますます硬くなっており、あしゅら男爵の底力まで加わると、最悪武器を改造していないユニットでは歯が立たなくなってしまう可能性もある。更に、イベントで一度ド根性を使うのでHPも額面以上。また、戦うこととなるシナリオには前座にザイード、ガウルン、悪のさやかビューナス、葎とボスクラスがひしめき合っており、これらの対処に手こずって精神ポイントを使いすぎると厄介。初期位置の防御効果が高い地形から釣り出して戦うなど、侮らずに対処していきたい。
スーパーロボット大戦W
OVA版設定の登場、あしゅら男爵が一体化している。同作では宇宙にも出る。
第一部終盤に地獄城で戦う他、第二部終盤ではザ・データベースの同志として再登場。その際にはDr.ヘルも同乗しており(メインパイロットはあしゅらのまま)、『真マジンガー』に先駆けて「Dr.ヘルが乗る地獄王ゴードン」が登場するに至っている。
スーパーロボット大戦BX
『真マジンガー』版設定で登場。
今回はあしゅらの裏切りをとある事情により関知したため、実は乗っているDr.ヘルはピグマン子爵が呪術で変装した影武者。撃墜された後改めて本物が乗ってもう1機登場する(ということは量産できたのだろうか?)が、イベントで暗黒大将軍に瞬殺される。

VXT三部作

スーパーロボット大戦V
登場は地上ルート第37話「Dr.ヘル、最後の賭け」のみ。戦闘アニメは新規描き起こし。全体的に細身に変わっている。
曲がりなりにも首領格が乗る機体にも関わらず武器はサイクロンファイヤーただ一つ(MAP兵器あり)だが、MAP兵器版はP属性がある為要注意。
スーパーロボット大戦X
28話後のシークレットシナリオ「最凶VS最強」にて、ケドラに寄生された機体が登場。

単独作品

スーパーロボット大戦GCXO
初登場作品でOVA版設定で登場。あしゅら男爵と一体化する。登場の際にはDr.ヘルのDVEも。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
OVA・『真マジンガー』版の双方が登場。イベント「放たれたタマシイ」では両方のゴードンが並び立って自軍に立ちはだかる。
スーパーロボット大戦X-Ω
マジンカイザー」追加参戦に伴って開催されたイベント「激闘!最強の巨人」にボスとして登場。強大な力でスーパーロボット軍団を圧倒するが…
2017年8月のイベント「集結!ロボットガールズ」の強敵ボスとして再登場したが、強敵ボスでは珍しくスタン耐性不所持グレンダさんガンダムデスサイズヘル(EW版)などのスタン持ちを総動員すれば殆ど攻撃させずに完封することが可能であった。
2018年2月のイベント「策謀渦巻く宇宙」で自軍ユニットとして実装。SR・大器型SSRファイター。Dr.ヘル一派、並びにマジンガーシリーズの敵方から初の使用可能バトルユニットである。最大強化時のステータスは、HPが3万越え、総合値は4万越えという恐ろしい性能を持っている他、アリーナではVアビリティで現HPに25000上乗せ、10000以下のダメージを軽減するバリア、味方が撃破される毎に更に強化される性能と事実上の最強ユニットとして猛威を振るい始める。欠点は命中面の弱さと状態異常への弱さ(防護策は信念のみ)で、異能発動したスコープドッグ・レッドショルダーカスタムなどには一方的に嬲られる上、デストロイガンダムなどにも容易に焼かれてしまう。

装備・機能

武装・必殺武器

OVA版

大剣
剣先からビームを出すことも出来る。
フィンガーバリヤー
指先から光線を放つ。視覚的にはバリアには見えないが、OVAではしっかりファイヤーブラスターを弾いている。この攻撃でビューナスAを撃墜した。
フィンガーショック
合わせた両手を振り下ろすことにより発生する光線。
運動性低下の特殊効果を持つ。
稲妻剣
OVA版でカイザーと激突する際に使用した攻撃。死んでいった機械獣達の恨みの力を稲妻として剣に纏わせ、攻撃力を高めた上で切りつける。

真マジンガー版

ゴードンファイアー
胸から放つ火炎。
ゴードンサイクロン
機体を高速回転させ、巨大な竜巻を発生させる。
ゴードンサイクロンファイアー
ゴードンサイクロンにゴードンファイヤーを合わせ、火炎竜巻を発生させる。
腰に差した剣。科学要塞研究所光子力バリアをこれで突破しようとした。SRW未採用。

移動タイプ

サイズ

2L(LL)

対決・名場面

VSマジンガーZ
『真マジンガー』版。マジンガーは海中に沈み量産型マジンガー軍団も全滅。勝利を確信するDr.ヘルの頭上から降ってくる一発のロケットパンチ・・・それこそが反撃の狼煙だった。破壊されたマジンガー軍団の内部から飛び出す無数のロケットパンチがゴードンの全身を穿つ。一発一発は微小でも次第に追い詰められて行く地獄王。復活したマジンガーZの指示の下、無数の拳は「全てを原子に打ち砕く」神の拳を完成させる…。
VSマジンカイザー
OVA版。カイザーのあらゆる攻撃を撥ね退け一方的に追い詰めていく地獄王。トドメの一撃を見舞わんとしたその時、カイザーは眩い光とともに大剣・カイザーブレードを抜き放った。「マジンカイザーのテーマ」をバックに、カイザーとゴードン…甲児とあしゅら男爵の死力を尽くした最後の戦いが始まる。

関連機体

ゴードンヘル
真マジンガーZERO』における本機に相当する、バードス島が丸々変形した全長数10kmにも及ぶ超ド級機械獣。SRW未登場。
なお、同作にはこの機体がいるため地獄王ゴードンは存在していないが、別世界の甲児のビジョンとして原作漫画版やOVAカイザー版のゴードンも僅かに登場している。