バット将軍 (OVA)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
バット
外国語表記 Bat
登場作品

ゲッターロボシリーズ

声優 若本規夫
デザイン 鈴木藤雄
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ハチュウ人類
性別
所属 恐竜帝国
役職 将軍
テンプレートを表示

バット将軍は『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』の登場人物。

概要[編集]

恐竜帝国の切り込み隊長で、ゴールの懐刀。

ジェネラルソードという名の剣を持ち、生身でも高い戦闘能力を持ち竜馬に手傷を負わせる。メカザウルスボアに搭乗するも真ゲッターロボの圧倒的な力に敗北する。

TV版のバット将軍と見た目の違いはあまり無い。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
スーパーロボット大戦Card Chronicle
イベント「降臨!異界の神々」にて磁偉倶新ジーグを迎え撃つ。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

特殊技能(特殊スキル)[編集]

GCXO
底力L7、援護L2、指揮L3
R
底力L7、援護攻撃L2、援護防御L2、指揮L4

人間関係[編集]

帝王ゴール (OVA)
君主。
ガリレイ長官
同僚。
キャプテン・ニオン
配下。
流竜馬
宿敵。

他作品との人間関係[編集]

暗黒大将軍
R』で同盟を結ぶ。

名台詞[編集]

「恐竜帝国の輝かしい未来を、創造するのだァッ!!」
第1話冒頭にて。その叫びに反応して無数のメカザウルスが武蔵の操るゲッター目掛けて襲い掛かる。声優の演技力のおかげでインパクト大。
「登場! テェキサァスゥ・ムァァァック!!」
第2話予告より、サブタイトルを告げる時に。
バット「フッフッフッ…所詮は科学長官の浅知恵。 次回はこのバット自らメカザウルス・ボアを駆り、必ずやネオゲッターの首を献上致しましょう!」
ゴール「よく言った…しかと討ち果たせぃ!!」
バット「御意ッ!!」
第3話予告より。ガリレイ長官の失態を怒る帝王ゴールを諌めるかのごとく、バットは自ら出陣することを懇願、ゴールもそれを承諾する。本編にはない掛け合いであり、恐竜帝国サイドの声優陣がノリノリで予告を盛り上げている。
「案ずるな、痛みはない。 我が剣はお前の首に、主から離れたことすら悟らせはせぬわ…」
第3話、バットは配下の兵士と共に早乙女博士抹殺のため早乙女研究所に侵入する。警備員や研究所職員、自衛官を血祭りに上げた愛剣・ジェネラルソードを突きつけ、早乙女博士の息の根を止めようとするが…。
「よく言うた、ニオン! うぬらの屍はわしが拾ってやる。 我らに楯突く小賢しいハエどもを、叩き潰すのだァァッ!!」
第3話、プロトタイプ・ゲッター起動に成功したニオンら地竜一族。ニオンはゲッターチームを、そしてゲッターロボを打倒する為に自らの命を捧げる覚悟を見せた時にバットはこの台詞で返す。声優の若本氏の演技力が光る。ちなみに、この台詞は時代劇のイメージで演じたようだ。
「フフフ…プロトゲッターを倒せても、私の操縦するメカザウルス・ボアは倒せぬわ…」
「死ねぇぇぇいぃ!! ネオゲッタァァァロボォォッ!!」
第3話、ニオンら地竜一族の無念を晴らさんと、バットはメカザウルス・ボアを駆り満身創痍のネオゲッター1に襲い掛かる。若本節全開である。
「あのパゥワァー…もしや…」
第3話より、號の叫びにより復活した真ゲッターロボの力に戦慄して。
「まだ死ねぬ…ッ! 偉大なるゴール様降臨のためにもぉ…ッ、必ずや真ゲッターを倒す…ッ!!」
「我が命尽きるとも!! 真ゲッターの破壊あるのみッ!! ぶるああああああああああっ!!」
真ゲッターの強大なパワーに圧倒されるバット。最後の力を振り絞り、死なばもろともとボアを真ゲッターへと走らせる。
「フッフッフ…グッフッフッフッ…共に、死出の旅路にいざ参らん…」
真ゲッターを羽交い絞めにし、自爆で道連れにしようとして。
「お許しを、ゴール様…このバット、お先にマグマの中へ還りまする…ッ!」
「恐竜帝国、バンザァァァァァイッッ!!!!」
自爆寸前のところで真・ゲッター1の零距離ゲッタービームを受けるボア。コックピット内で自身の身体をゲッター線により溶かされながら、バットは無念とゴールへの忠誠心を叫び散っていった。

搭乗機体[編集]

ボア