ガラダブラMk01

提供: スーパーロボット大戦Wiki
2019年6月22日 (土) 23:11時点におけるOchabot (トーク | 投稿記録)による版 (初登場SRWにプロパティを設定する)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガラダブラMk01
外国語表記 Garadoubla Mk-01
登場作品

マジンガーシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 機械獣
装甲材質 スーパー鋼鉄
所属 Dr.ヘル一派
テンプレートを表示

ガラダブラMk01は『マジンガーシリーズ』の登場メカ。

概要[編集]

ガラダK7ダブラスM2などをベースに、様々な機械獣の優れた部分を組み合わせて生み出された合体機械獣。他の機械獣に比べて、圧倒的な戦闘力を持っている。

初出は石川賢氏が書いたマジンガーZの読切漫画『ミケーネ恐怖の遺産』。同作ではケドラに操られたマジンガーZと共に日本を殲滅させようとあしゅら男爵が送り込んできたが、改造されて異文化になってしまったため逆に攻撃され、ホバーパイルダーによるパイルダーオンで潰される直前に離れたケドラに寄生される。ダブラスM2の首で両腕を拘束しガラダK7のカマでパイルダーを攻撃しようとするもカマを奪われた上にダブラスM2の首を切断され、最後の足掻きで機関銃を撃ちながら突進するもルストハリケーンで風化させられ寸前で離れたケドラ共々ブレストファイヤーで焼かれて爆発した。

OVAでは1度はマジンカイザーを富士山火口に沈めるなど活躍するも、戦線復帰したグレートマジンガー、そしてカイザースクランダーという新たな力を得たマジンカイザーにダブルバーニングファイヤーを食らい破壊された。

津島直人氏のコミカライズ版『マジンカイザー』ではOVAの地獄王ゴードンの代わりにあしゅら男爵をパーツに組み込んでおり、超合金ニューZαを破壊できる攻撃力、ルストトルネードを耐えきる防御力、カイザーを超える速度で翻弄し、融合能力で機械獣を操る能力も持っている。劇中二度のダブルバーニングファイヤーを機械獣を盾にすることで防ぐも、カイザーが乗ったグレートブースターに胴体を貫かれあしゅらもカイザーブレードで突き刺されてそのまま地獄島の地下に落ちていった。他にも島の地下では無数の機体が量産されていた。

真マジンガー 衝撃! Z編』では機械神勇者ガラダブラ」として登場する。詳細は当該項目を参照。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
スーパーロボット大戦W

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
初登場作品。地獄城での最終決戦に登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

怪光線
ダブラスM2の首から放つ光線。
機関砲
ガラダK7ではミサイルの発射口だった両目はガラダブラでは砲門が追加され、マシンガンのような実弾を連射。
ブーメラン
ガラダK7のものと同じ。
カマ
同上。

移動タイプ[編集]

飛行可能。劇中ではグレートブーメランとサンダーブレークで飛行ユニットを破壊された。

サイズ[編集]

L

関連機体[編集]

ガラダK7ダブラスM2
開発のベースにした機械獣
勇者ガラダブラ
ガラダブラMk01をモチーフにした機械神。『真マジンガー 衝撃! Z編』に登場。

商品情報[編集]


短編『ミケーネ恐怖の遺産』を併録。