ミーナ・ローシャン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミーナ・ローシャン
外国語表記 Mina Roshan
登場作品

マクロスシリーズ

声優 平野綾
デザイン 高橋裕一
初登場SRW スーパーロボット大戦L
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 20歳代
身長 172 cm
髪色
髪型 ロングヘアー
所属 S.M.S
役職 マクロス・クォーターオペレーター
軍階級 伍長
テンプレートを表示

ミーナ・ローシャンは『マクロスF』の登場人物。

概要[編集]

マクロス・クォーターのオペレーター。

モニカ・ラングラム・ホアのオペレーター3人娘の内の一人。

褐色人種で眼鏡を掛けた女性。艦内ステータス管理担当。3人娘のなかでは気の抜けた性格であるが、IQ180の知能派である。実は重度の腐女子で、その手の同人誌を何冊も書いており、趣味が原因で大学を放校処分になった過去がある。劇場版『サヨナラノツバサ』では、アルカトラズ刑務所で行われたランカのライブでキーボードを演奏しており、音楽センスも高いことが伺える。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇/再世篇
NPC。『再世篇』では次元獣ルーク・アダモンPの精神攻撃で先述の腐女子絡みの発言をする。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
サザンカがシンジと加持のキスシーン写真をミサトに送る際、ミーナの妄想小説を添えている。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
スーパーロボット大戦UX
本作でもNPC扱い(担当声優の平野綾氏は別口で出演)。
スーパーロボット大戦BX
NPC。一番星コンテスト中での言動が印象を残す。今回はもう一人(しかも同じマクロスシリーズ同士で)ミーナがいるため、そちらを指して「あちらのミーナさん」と呼んだりすることに。

人間関係[編集]

ジェフリー・ワイルダー
クォーターの艦長。
ボビー・マルゴ
クォーターの操舵主。
モニカ・ラングラム・ホア
クォーターのブリッジオペレーター。

他作品との人間関係[編集]

ボン太くん
アマノ・ヒカル
『BX』で出会った同好の徒。一番星コンテスト(と称したパーティ)会場では共々よからぬ企みを働く。
田神悠宇
『BX』でボビーが彼にメイクを施してる様を見て、よからぬ事を考える。
ゴーグ
…その結果、ヒカル共々彼に睨まれる羽目に。
天海護
『BX』で上の自体の後、彼が戦術指揮官(という名の応援担当)に任命されたのを聞くや、舌の根も乾かぬうちに喜ぶ。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

「だ、駄目…! このままじゃ原稿が落ちる!」
第2次Z再世篇』第35話宇宙ルート「明日へのあがき」に於けるジェフリー人造次元獣ルーク・アダモンとの戦闘前会話において先頭をきってでた発言がこれ。原作を知らないと何のことかわからないだろうが、前述の通り同人誌のことである。
なお「原稿が落ちる」とは「創作が締め切りに間に合わない」ことを指す。当然、作品が誌面に載らない(あるいは本が発行不可能になる)ことになるので、文芸の世界では基本的にやってはいけない大罪とされている。
「艦長!格納庫のハッチが開放されました!」
『第3次Z時獄篇』第35話「災厄の襲来」より。前話で回収した謎のロボットの発進時に。これだけだと普通だが、その「謎のロボット」の正体はなんとガンバスターである。
スパロボを知る諸兄ならば今更ツッコむことではないだろうが、それでもクオーターの約半分という巨体のロボットをどうやって格納していたのやら…(一応、ガンバスターは2機に分離させることが可能ではあるが、それでも2機とも約100mと相変わらずデカい)。
「腐ってるわね、あの子…」
第3次Z時獄篇』第40話宇宙ルート「ラプラスの遺骸」より。サザンカの妄想発言を聞いて。何を今更…というか、自身も同類であるはずなのだが。あるいは同志を見つけてほくそ笑んだのだろうか?
「これはいい本のネタになるわ…」
BX』第26話「三つの星が集う時」の一番星コンテストでボビーに女装させられている悠宇を見てつぶやいた発言。なおこのとき、ものすごい邪念がでていたのか、ゴーグに睨まれてしまう。

搭乗機体[編集]

マクロス・クォーター