ハンス・ヴィーパー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ハンス・ヴィーパー
外国語表記 Hans Vieper
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

声優 枡谷裕
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 38歳
所属 地球連邦軍極東支部 → ディバイン・クルセイダーズ残党
役職 副指令
軍階級 中佐
テンプレートを表示

ハンス・ヴィーパーは「OGシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

地球連邦軍極東支部(伊豆基地)の戦闘指揮官。

人当たりが悪く、粘着質で陰険な人物[1]。扱いにくいイルムガルト・カザハラキョウスケ・ナンブを一貫して冷遇している。部下を恫喝する事も多い。

実はDC戦争前から保身の為にEOTI機関と内通しており、様々な内部情報を流していた。SRX計画の一環だったバーニングPTで選抜されたリョウト・ヒカワテンザン・ナカジマがDC側に所属していたのもこの為。また、欠陥を克服していなかった実験機ビルトラプターの事故も、連邦軍に飛行可能な機体を与えないという目的の下に、ハンスが誘発したものである。

DC戦争後、ホワイトスターが地球圏に出現すると、内通相手のアードラー・コッホが身柄を欲していたシャイン・ハウゼンを誘拐してDC残党へ合流する。異星人と戦って勝てると全く考えていなかったハンスは、アースクレイドルでの冷凍睡眠に生き残りの希望をかけるが、セバストポリ基地でハガネヒリュウ改を迎撃した際に戦死した。

登場作品と役柄[編集]

直接戦闘する機会は少なく、小悪党といった感も拭えないのだが、シナリオ的には実は重要な役を担っていた。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION
初出。連邦が一枚岩でない事を明確に示す人物であると共に、様々な暗躍をしていたキャラクター。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
リメイク作。OG1シナリオにのみ登場する。乗機がEフィールド所持のストークに変更され、倒しにくくなった。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
尺の都合か、キョウスケとの因縁は全く語られない。それどころか、アードラーの暴走に苦言を呈しては却下されるという裏切りさえ除けば、割と常識的な軍人として描かれていた。最期は乗艦がクロガネのミサイルに直撃して海の藻屑になった。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ Record of ATX
DWのキョウスケ編たるこちらでは期待通りに第一話冒頭からキョウスケを罠にハメるという嫌なヤツっぷりを見せつける。顔芸が物凄い。ジュネーブに攻撃を仕掛けた際にジーベル・ミステルと共にキラーホエールに乗り込み参加。不利を悟り撤退しようとしたところを、キョウスケのアルトアイゼンに攻撃され海の藻屑と消えた。よりにもよって、キョウスケが病んでた時期の戦闘となったため、キョウスケも淡々とした反応しか取らなかった。

人間関係[編集]

キョウスケ・ナンブ
伊豆基地所属時、ハンスによって無理矢理欠陥機であるビルトラプターのテスト飛行をさせられ、挙げ句にハンスの指示のせいで死にかける。当然キョウスケも怒りを抱いており、ハンスとの戦闘において彼で止めを刺すと、専用の会話を見る事が出来る。
イルムガルト・カザハラ
OGシリーズでは伊豆基地所属で元PTXチームの一員。エリートパイロットといえる立場であるが、ハンスに冷遇されており、そのせいで出世できないでいる。[2]なお『Record of ATX』ではハンスについて「ああはなりたくないなっていうタイプ」と語っている。
シャイン・ハウゼン
ハンスの魔手にかかり、誘拐される。
ライディース・F・ブランシュタイン
OG1でシャインを拉致した後、彼からシャインの行方を問い詰められた際にハンスはライに対して、彼女がアードラーに洗脳を施されていることを憎々しげに語っていた。
カイ・キタムラ
シャイン王女の誘拐事件を眼前で取り逃がし、苦々しい思いをしていた。ハンスは彼を暑苦しく感じていたらしい。
レイカー・ランドルフ
上司で極東方面軍司令。悪名高いハンスの扱いと振る舞いの処置には苦労させられていた模様。ハンスの不審な態度を何度か目にしていたが、離反と断じて対処する事が出来なかった。
なお、ハンス自身は異星人への徹底抗戦を唱える彼を内心で批判し、無能・狂人扱いしていた。
アードラー・コッホ
ハンスが内通していたDCの副総裁。誘拐したシャイン王女をヴァルシオン改に乗せた。DWではハンスが常識人化してしまったばっかりに彼の暴走に胃を痛める事に。
トーマス・プラット
ハンスが離反した際に彼を回収しに来た。その際、ハンスにふてぶてしい態度を取ったため、「上官には敬語を使え」と睨まれるが、逆に「スパイ風情が偉そうな口を叩くな」と一蹴し、シャイン王女さえ確保できればハンスは見捨ててもいいと宣言して黙らせた。
ジーベル・ミステル
面識はないが、共に姑息な手段を好む卑怯者であるなどいろいろと共通点の多い似た者同士で、末路も似通っている。
そのためか面識のある「Record of ATX」では共闘、意気投合した様子で悪巧みを行う。そして、まとめてキョウスケの手で海の藻屑にされた。
イングラム・プリスケン
伊豆基地における部下。彼に離反する際の詰めの甘さを指摘されるが、そんな彼の言い様と雰囲気に「私と同じように何かを企んでいるのか?」と聞き返していた。そして、これはハンスの死後に最悪の形で現実のものとなってしまう…。
リュウセイ・ダテエクセレン・ブロウニングダイテツ・ミナセレフィーナ・エンフィールド
ハンスを名指しで糾弾する戦闘台詞を持つキャラクター。

名台詞[編集]

「あ?」
相手を威圧・挑発する時などに、台詞の締めに言い放つことが多い口癖。ハンスの人間性をいろいろと象徴する台詞の一つ。
「…久しぶりだな、キョウスケ・ナンブ少尉。古巣へ戻って来た気分はどうだ?」
「フン…。相変わらず悪運だけは強いようだな」
「そういう生意気な態度も相変わらずで結構だ」
『OG1』における「R-1対アルトアイゼン」クリア後のインターミッションにて、再会したキョウスケに対して浴びせた嫌味。ビルトラプターのテスト飛行で彼を殺し掛け、挙句に左遷した張本人でありながらこの言い様である。
「生意気な口を。誰のおかげであの時、死なずに済んだと思っている? あ?」
離反後、先述の場面で決戦に臨む前のキョウスケへの台詞。挑発にしてもよく言えたものである。この後もキョウスケを煽る言動を繰り返し、キョウスケからも「おまえに死んでもらうことに変わりはない」と怒りを露わにされていた。
「王女?…そういえばいたな、そんな娘が。さて、な」
「今頃、アードラーの手によってどのような目に遭っているのかな? 私も胸が痛むよ、フフフ」
上述の場面でライにシャインの行方を問い詰められた際にハンスが返した返答。当然、ライを激怒させてしまう。
「お、愚か者め…! じ、人類が生き延びる術はアースクレイドルしか…! だ、だが…戦うことしか能のない貴様らの…貴様らの運命も私と同じだ! い、異星人相手に、勝ち目のない戦いを挑んで死ぬがいい!! そ、それを…忘れ……ぐおああああっ!!」
最期の台詞。ジーベルに比べればまだ潔い最期だが、いかんせんやってきたことがやってきたことなだけに、単なる恨み言にしか聞こえない口上である。
なお、キョウスケでトドメを刺した場合には、この台詞の前に専用の会話が挿入される。

搭乗機体・関連機体[編集]

タウゼントフェスラー
シャイン王女を連れて伊豆基地から逃げ出す時に搭乗。
キラーホエール
OG1では逃げる際に乗っている。『Record of ATX』では生きたまま海底に沈む棺桶にされた。
ストーク
OGsではこちらに搭乗。

脚注[編集]

  1. ラングレー基地のグレッグ司令もキョウスケの左遷を彼の仕業と睨んだ辺り、その悪評っぷりは極東基地内外で知られていたようだ。
  2. ただし本人は指揮官になるのが面倒だと思っているようで、イングラム離反後、自分の任ではないとして戦闘指揮官に後輩のキョウスケを推した事からも分かるように、特に上に行きたいという欲を持っておらず、ハンスの意に介していない。