ダイテツ・ミナセ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイテツ・ミナセ
漢字表記 水無瀬 大鉄
外国語表記 Daitetsu Minase
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

声優 柴田秀勝
初登場SRW スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
年齢 56歳
所属 地球連邦軍
役職 ヒリュウ艦長→シロガネ艦長→ハガネ艦長→一時クロガネ艦長→ハガネ艦長
軍階級 中佐→准将
テンプレートを表示

ダイテツ・ミナセは「OGシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

スペースノア級壱番艦シロガネの艦長で、地球連邦軍中佐。冥王星外宙域でヒリュウの艦長としてエアロゲイターの機動兵器の大群に襲われた際、生還した数少ない人物の一人。

経験豊富かつ剛毅果断な実力派の有能な指揮官で、人情家の人格者でもある。また、老齢を迎えた現在でも前線に立ち続けようとする現場主義者でもあり、部下や同僚からは慕われやすい一方、上にへつらうことをしないので出世には縁がない。

南極基地をシュウ・シラカワが襲撃した南極事件の際にはブリッジを破壊されてシロガネが大破、ダイテツも重傷を負ったが生き延びた。快癒後は同弐番艦ハガネの艦長としてDC戦争L5戦役を戦う。しかし、リュウセイ編ではオペレーションSRWの際にまたも乗艦が大破する。この時は乗員全員が脱出していた為、そのままエルザム・V・ブランシュタインが率いて来た参番艦クロガネの艦長となって、ホワイトスター突入作戦を敢行した。

インスペクター事件では、修復されたハガネの艦長としてインスペクターノイエDCを相手に最前線で戦い続けたが、オペレーション・プランタジネットの最終局面における北米ラングレー基地奪還作戦でシャドウミラーの罠にはまり、離反したリー・リンジュン指揮のシロガネのピンポイント攻撃を受けてハガネは大破、部隊を撤退させる命令を最後に戦死する。

戦争終結後は後進の育成に当たる予定であり、また作戦前にはヒリュウ改の副長ショーン・ウェブリーと酒を飲み交わす約束もしていたが、どちらも果たされることはなかった。また、OG2では戦死後もクロガネ艦長として登録され、ダイテツの副官テツヤ・オノデラ大尉が、戦時中艦長或いは指揮官が亡くなった際に効力を発揮する権限代理という形で部隊を指揮した。本来、この場合は部隊中の最高階級者が代理となるのだが、それに該当するカイ・キタムラ少佐がこの人事を支持した為、発効したのであろう。クロガネの艦長職を務められる人材も他にいなかった(本来のクロガネ艦長であるレーツェルもいたのだが、彼はパイロットとして戦う事を望んでいた)事もあり、戦死したダイテツ艦長の遺志を酌んだ形になった。

アニメ「ジ・インスペクター」においては、ダイテツが戦闘中常に身に着けていた帽子はテツヤに受け継がれた(この設定はゲーム版にも逆輸入され、『第2次OG』ではテツヤはカットインで帽子を被っている)。

なお、その功績から死亡時二階級特進が認められ、公式には准将となった模様。また、テツヤはこの後、シロガネをクロガネの艦首超大型回転衝角で撃破し、ダイテツの無念を晴らしている(OG2ではリーは死亡、OGsではシロガネとともに行方不明)。

ちなみに、ヒリュウ・シロガネ・ハガネ・クロガネと4隻もの戦艦の艦長を務めている。

登場作品と役柄[編集]

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION
上述のように導入部分ではヒリュウの艦長、その次はシロガネの艦長、その後はハガネの艦長、更にリュウセイ編ではクロガネの艦長も務めるという、版権作品のブライト・ノア並みの回数(3隻)の戦艦乗り換えを行っている人物。
ユニットが戦艦という事もあり、少々レベル上げをし辛いのが難点だが、レベルを上げておくと、あるシナリオクリア後にボーナス強化パーツが入手できる。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
ハガネ艦長。途中で戦死し、精神コマンドなどはテツヤに引き継がれる。テツヤのものはエイタが引き継ぐ。
死亡シーンに衝撃を受けたプレイヤーも多いであろう。
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS
音声初収録。大本の設定に変わりはなし。トロニウム・バスターキャノンのカットインはド迫力の一言。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
本作ではリーが離反せず最後まで連邦軍に所属しているため、ダイテツに致命傷を与えた相手がヴィンデル・マウザーに変更された。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

さすがに機動兵器パイロットと比べると低いが、なかなか高め。防御が初期で100しかないため、前線にハガネを引っ張り出すなら防御を強化すべし。

精神コマンド[編集]

OGシリーズ
必中鉄壁ド根性てかげん直撃熱血
戦艦乗りとしてはなかなかの構成だが、てかげんは使いどころが……。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

OGシリーズ
指揮官L4、援護攻撃L3、援護防御L3、Eセーブ
リュウセイ編ならばクロガネに乗るため、Eセーブが生きて来る。OG2ではこれがなくなってしまうが、ハガネ固定のため問題はない。

エースボーナス[編集]

受ける最終ダメージ-10%
ハガネの頑強さに磨きがかかる。が、まずはともかく防御を高くすべし。

人間関係[編集]

幅広い交友があったと見られる。極東支部司令のレイカー・ランドルフには上官というよりも友人として接しており、部下からは「艦長」の他、「おやじさん」「おとーさん」などとも呼ばれていた。
規律にはあまり拘っていなかったが、戦闘時にパイロットがダイテツの指揮を受け入れている事から、指揮能力や見識その他において、部下あるいは同僚の信頼も厚かったと思われる。 また、その人望ゆえに彼の死の際は所属部隊を越えた衝撃が走り、あの強気なカチーナでさえその死に号泣したことや、レーツェルがエルザムとして葬儀で姿を現して追悼し、『ジ・インスペクター』ではキョウスケが重傷の身であるにも関わらず葬儀に駆けつける程であった。

OG1において何度か言及しているが、詳細は不明。
レイカー・ランドルフ
戦友関係であり、新造艦ハガネの艦長に任命する。その後オペレーション・パルパーにより拘禁、それ以後二人が生きて出会うことはなかった。
テツヤ・オノデラ
副官。戦役を通じて、ダイテツの指揮を間近で見てきた人物であり、その用兵思想を良く受け継いでいる。ダイテツが生前、ゆくゆくは自分と同じスペースノア級の艦長になれると保証した人物でもある。
ショーン・ウェブリー
よき飲み仲間。同じ艦に乗って、冥王星外宙域でエアロゲイターの大群からの襲撃からも共に生き延びた戦友でもある。
エクセレン・ブロウニング
飲み仲間。階級や年齢を超えて酒を酌み交わす中。
ガーネット・サンデイ
エクセレンと共に酒を酌み交わす仲間。なお、OG2では民間人である為、エクセレンと比べると、一緒に飲んでいる印象は少ない。

名(迷)台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「お、おのれ……! シュウ・シラカワ……!」
リュウセイ編5話「南極の惨劇」でのイベント戦闘台詞。
「艦首バスターキャノン! 撃てぇっ!!」
トロニウム・バスターキャノン使用時の台詞。OGsでのカットインはまさに「ド迫力」の一言に尽きる。
「ここで何としてもヴァルシオンを沈めるのだ!!」
対ビアン戦闘台詞。実は1ステージしか聞くチャンスがない。
「あの艦とやり合うことになるとはな……!」
対シロガネ。元々自分の乗艦だっただけに、どうにも複雑そうな面持ちである。
「怯むな! 性能差は気迫で補え!!」
シロガネからの被弾(大破)時の台詞。実はOG外伝のフリーバトルでしか聞く機会がない。しかし、機動兵器ならまだしも、戦艦でそれはちょっと無茶ではなかろうか?

シナリオデモ[編集]

(むう……いかん。ガーネット少尉も一緒だとは……これでは取り置きがなくなる……)
OG1リュウセイ編「マリオネット・ソルジャー」終了後の会話デモにて。酒豪2人の登場で一気に酒のストックが危機に……。
「…ワシは今まで多くの部下を失い過ぎた。もうそろそろ…その報いを受けねばならん」
「…今までワシはお前達を実の子供のように思ってきた。そして…子に未来を託すのは親の宿命だ。今度こそワシにそれを果たさせてくれ」
OG1のオペレーションSRWの前に。こう言ってテツヤと杯を交わそうとするが、半ば死に急ぐかのようなダイテツの言葉に、テツヤは「杯は戦いが終わった後でお受けします」と応じた。なお、「ワシはお前たちを~」の元ネタは、「さらば宇宙戦艦ヤマト」で真田志郎が古代進に言った「俺はお前を本当の弟のように思っていた」だと思われる。
「隕石ごときが…! ワシらを侮るなよ!」
「裁きを下されるのは、貴様の方だと言うことを……教えてやる!!」
OG1のセプタギン戦で。
「戦争が人類の発展を促す……確かに、あの男の言うとおりだろう」
「だが、戦争によって生み出されるものと失われるもの……それらは等価値ではない!!」
OG2「壊れた人形」にて、ヴィンデルへの反論。Aでは大介が言った台詞である。
「だが、戦争によって生み出されるものと失われるもの……」
「その意味を理解せず、結果だけを見る者に戦争を語る資格などない!!」
OGsではこちらの台詞に差し替えられている。
「テツヤ、何をしている! バンの死を無駄にする気か!!」
「生き延びるために撃て! バスターキャノンを!」
「撃って活路を切り開けッ!!」
OG2「オペレーション・プランタジネット」後編において。重傷を負った体で、部下を守るために命令を下す。ダイテツの最期の言葉となってしまったが、この言葉はテツヤ・オノデラに道を指し示した。
「…頼むぞショーン ワシの艦を ワシの部下達を」
RoAにてショーンに対する最後の言葉
「今だ!撃てテツヤ 撃って活路を切り拓け!」
RoAでの最後の言葉。

搭乗機体[編集]

ヒリュウ
シロガネ
ハガネ
クロガネ

余談[編集]