カナリア・ベルシュタイン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
カナリア・ベルシュタイン
外国語表記 Canaria Berstein
登場作品

マクロスシリーズ

声優 桑島法子
デザイン 高橋裕一
初登場SRW スーパーロボット大戦L
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 30歳代
身長 180 cm
髪色 赤紫
髪型 ロングヘアー
所属組織 S.M.S
所属部隊 スカル小隊
役職 隊員
軍階級 中尉
コールサイン ラビット1
テンプレートを表示

カナリア・ベルシュタインは『マクロスF』の登場人物。

概要[編集]

重可変爆撃機VB-6 ケーニッヒモンスターのパイロット。

褐色人種のラテン系。髪はハネで束ねている。男勝りの性格で、普段から言葉を発することがないが、平静な思考を保っている。また、医師免許を取得している。オズマ・リーと仲が良く、よく彼の相談相手になっている。

既婚者であり、コクピットに家族の写真を飾っている。

バジュラとの最終決戦では、バトル・ギャラクシーのマクロス・キャノンに突撃して、至近距離から銃弾を撃ち込んだ。

登場作品と役柄[編集]

担当声優の桑島法子氏が別キャラ役でも出演するケースがある為か、新録ボイスに恵まれていることが多い。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇/再世篇
TV版設定で登場。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇/天獄篇
参戦作品が劇場版となったが、彼女の場合は特に変化が無い。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
S.M.Sの一員として、序盤のプロローグで顔を見せた後、スポット参戦を経て中盤に正式加入。大きく話に関わることは少ないが、非戦闘時は医務室も担当しているため、出番は中々多い。
スーパーロボット大戦UX
劇場版の設定で登場。同作品の仲間たちと違い、カリ・ユガとの戦闘前会話には何故か参加しない。
スーパーロボット大戦BX
原作終了後の設定で登場。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

総合能力は平均的。性格は普通。

精神コマンド[編集]

Zシリーズでは機体の攻撃力を考慮してかダメージ率を上げる精神コマンドはない。

第2次Z
不屈必中友情突撃鉄壁補給
第3次Z
不屈加速必中友情補給
LUX
不屈集中鉄壁激励熱血
どの方面にも最低限揃ったいいとこどりの構成。何より激励の習得の早さが魅力で、戦艦激励に必須なお人。欠点を挙げるとすれば、それなりに強いMAP兵器持ちの機体に乗るのに必中が無い事で、機体の照準値と本人の命中にある程度手を入れておかないと、綺麗に当たってくれないことがある。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次Z
ヒット&アウェイ 援護攻撃 援護防御
L
底力 援護攻撃 援護防御 アタックコンボ
精神コマンドと違い、特筆すべきものは無い。地味に援護防御・攻撃にアタックコンボが全て自力でLv2まで伸びる。
UX
底力L7、援護攻撃L2、援護防御L2、全体攻撃L2
第3次Z
気力+(命中) 援護攻撃 援護防御

固有エースボーナス[編集]

マップ兵器及び射程1以外の武器の射程+1
第2次Z
自チームのマップ兵器及び射程1以外の武器の射程+1
第3次Z

パイロットBGM[編集]

「トライアングラー」
前期OPテーマ。

人間関係[編集]

オズマ・リー
友人関係であり、女性の視点からアドバイスを送っている。
ジェフリー・ワイルダー
クォーターの艦長。
早乙女アルト
同僚
ミハエル・ブラン
同僚。
ルカ・アンジェローニ
同僚。

他作品との人間関係[編集]

ステラ・ルーシェ
Lにてミネルバに収容された彼女の診断を行った。声が同じ桑島氏という共通点もある。
AL-3 アリス
Lでは医務室でよく彼女と関わっている。
桂木桂
第3次Z時獄篇DLC「フィーリング・カップル」にて「お前は意外と寂しがり屋だから、家庭を持って自分の居場所を作った方がいい」と分析した。

名台詞[編集]

「死にたくない者は私の視界から去れ!」
第7話にてVB-6 ケーニッヒモンスターで一斉射撃を仕掛ける際の台詞。スパロボでも採用されている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「桂…。お前は家族を持つ気はないのか?」
桂「な、何を急に…?」
「お前は意外に寂しがり屋の所があるからな。そういう男は、さっさと自分の居場所を作った方がいい」

搭乗機体[編集]

VB-6 ケーニッヒモンスター
重火力機で、本来は砲撃戦用だが、突撃戦法を得意とする。

余談[編集]

  • カナリア役の桑島法子氏は『虚空歌姫』収録時にカナリアが死んだりしないかと心配していたらしい(幸い杞憂に終わったが)。
    • また、桑島氏は『虚空歌姫』公開から5年後にも同じ心配をしていたが、こちらも杞憂に終わっている。