RVF-25 メサイア

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
RVF-25 メサイア
外国語表記 RVF-25 Messiah
登場作品

マクロスシリーズ

デザイン 河森正治
初登場SRW スーパーロボット大戦L
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 全領域型可変戦闘機
バルキリー
機種 VF-25 メサイア
生産形態 量産機
型式番号 RVF-25
全長 18.72 m
全幅 15.50 m(主翼展開時)
動力 熱核反応炉
エンジン
主機
新星/P&W/RRステージII 熱核反応タービン FF-3001A×2
副機
P&W高機動バーニアスラスター HMM-9
エンジン推力 1,620 kN+×2
MMI EX-ギア・システム
所属 新統合軍
S.M.S
乗員人数

1名

  • +1名(後部座席展開時)
主なパイロット ルカ・アンジェローニ
テンプレートを表示

RVF-25 メサイアは『マクロスシリーズ』の登場メカ

この項目では「スーパーパック」を装備した形態についても説明する。

概要[編集]

VF-25 メサイアの電子戦用のチューン機。

レドームが特徴のイージスパックを標準装備している。センサーを凝集した頭部を持ち、レーザー機銃は装備されていない。 情報分析能力に優れ、ゴースト QF-4000を随伴機として従える機能も持つ。

劇中ではルカ・アンジェローニの乗機として活躍した。カラーリングは緑と濃緑。

オプションパック[編集]

AP-SF-01+ イージスパック改
巨大なレドームが特徴の電子戦用パック。RVF-25の基本装備。超光速の索敵が可能。スーパーパックと同時装備も可能。
SPS-25S/MF25 スーパーパック
大気圏外活動用の高機動オプション。従来のスーパーパックと同様に追加ブースターやミサイルランチャーが装備されるほか、機体各所に追加装甲が装備され、防御力も向上している。スーパーパックの弾数を使い切った重量の軽い状態なら、瞬間的に30G近い超加速性能を引き出すことも可能。従来のスーパーパックは基本的に使い捨ての兵装だが、同機のものは再装着を可能としている。

登場作品と操縦者[編集]

劇場版設定のみで参戦した作品では、QF-4000のユダ・システムは基本未採用。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
今回はバルキリーより小型のATKMFが参戦しているのでサイズM。よって従来の作品より回避率が下がっている。その上、物語が中盤前に終了するということで、反応弾などの強力な武器は装備されてない。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
性能は破界篇からそのままなのでほぼ同じ運用ができるが、オズマ機・ルカ機は加入が遅いため、結果的にメインでの運用がし辛くなっている。終盤でQF-4000のユダシステムが解禁。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
劇場版設定。今作は序盤からの参入。ファイター形態時のアシスト攻撃がゴーストなので威力が高く、照準値ダウンまでつくのでサブ機体として重用される。しかしトルネードパックがないため大気圏内では打たれ弱く、命中率の高い敵には結構な確率で撃墜されるのでフォローが必要。バトロイド形態ではゴーストの威力が上がりALL攻撃になるが、アシスト攻撃がガンポッドになるためマキシマムブレイクで使われる事が多い。また今回は携帯機シリーズ同様に修理装置を装備している他、第38話で反応弾とMDE弾が追加されるが、他の同型機と違いスーパーパックがないと(=宇宙ステージでないと)反応弾が追加されない。その代り反応弾の弾数が他より多く3あり、Bセーブで5になる。
何故か他のVF-25系列機や継機が持っているアサルトナイフを本機だけ持っていない。そのためENを消費する武装が一切無い機体の一つになっている。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
初登場。任意での換装システムは無く、地上ステージではパック未装着の標準形態、宇宙ではスーパーパック装着状態に自動的に換装される。
バルキリー全機に共通する特徴として適応SでサイズSで運動性が非常に高いため、無改造でも高い回避能力を誇る。それ以外ではルカ機は他のバルキリーとかなり毛色が異なり、一斉射撃やスナイパーライフル精密射撃のようなバトロイド形態でのみ使える必殺武器に相当するゴーストと追加武装のユダ・システムが性質上ファイター形態のままで使える。それでいて反応弾・MDE弾は全く同様に追加され、他機体より武器威力が低いと言った事も無いため、これだけ武装の充実度が高い。一方で機体のスペックそのものは機体ボーナスが戦闘向きでないものが多い分劣り、パイロットの精神コマンドの関係上最大火力もあまり無いので、総合的には他のバルキリーに比べれば戦闘力で劣る。
それでもバルキリー自体がかなり強力な機体でありそのままでも十分実用に耐え得る水準である上、他のバルキリーに劣る分とでも言うように修理装置を持っており、修理ができる戦闘機として見る事も、戦闘力が高い修理機として見ることも出来る。
スーパーロボット大戦UX
劇場版設定。ユダ・システムやMDE弾の追加が無い代わりに、新たに実装された特殊行動の複合センサーが非常に便利であり、サポート役としての価値が高まった。また、ゴーストの攻撃力が上がりLのユダ・システムと同値に。
パートナーユニットに関しては、同作品ユニットの場合、バリアが被ってしまうが、複合センサーの使用エネルギーを増やしたいのなら、VB-6 ケーニッヒモンスターと組ませると良い。他作品では、最強攻撃の射程面と攻撃力強化を考慮するなら、ストライクフリーダムガンダムと組ませると良いし、突撃とエネルギーボーナス持ちのガンダムハルートとの組み合わせも悪くない。
スーパーロボット大戦BX
劇場版設定。性能は基本的にはUXと同じだが、サイズがMになった。UXに引き続き、複合センサーや修理装置によるサポート役として優秀。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
第1章中間ミッション「火星基地襲撃事件」より登場。その時点でゴーストは使用できず、第2章で追加される。
今回は「EN補給」を搭載。さらに「ジャミング」があるためサポートに特化した能力となっている。しかし差別化やゲームバランスの観点からか、今回はピンポイントバリアが搭載されていないスカル小隊の他の機体に比べ、被弾した際に脆くなっているので注意が必要。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

本体武装[編集]

マウラーROV-25 25mmビーム機関砲
ファイター形態では機体側面、バトロイド時は腰部に位置する機関砲。実弾兵器の25mm高速機関砲へ換装することも可能(SRWでは未実装)。
マイクロミサイル / ホーミングミサイル
脚部に内蔵。
シールド
左腕に装着。
ガーバー・オーテックAK/VF-M9 アサルトナイフ
近接戦闘用に用意された実体剣だが、ピンポイントバリアで覆うことで切断力を上昇させる。シールドに収納。
ハワードGU-17A 58mm ガンポッド
バルキリーの主兵装。銃身を展開させて強制冷却もできる。
ピンポイントバリア
一部分のみカバーするバリア。バトロイド形態でしか使用できない。
レドーム
ファイター形態では上部、バトロイド形態では背部に装備する、イージスパックの一部である巨大な電子戦装備。大気圏外では外縁が展開され、フォールド波により最大1光年をリアルタイム索敵が可能。
携帯機シリーズでは『複合センサー』名義で特殊行動コマンドとして採用。ENを消費し、1ターンの間、周囲5マスの敵の最終命中率・回避率を30%下げる。移動後使用可能。ナーブクラックと共にキャンペーンマップの要となる。
EN補給
『OE』で武装として採用。

スーパーパック[編集]

マイクロミサイル
胸部装甲やブースターに内蔵。

オプション装備[編集]

反応弾
核兵器の一種。主翼パイロン等にミサイルとして装備。
MDE弾
「マイクロ・ディメンション・イーター」の略。物体を消滅させる威力をもつ。原作ではマイクロミサイルやガンポッドなどの弾頭がすべてこれに換装されバジュラとの最終決戦に挑んでいる。その他、広域に攻撃が可能な大型MDE弾「ディメンション・カッター」が登場。
SRWでは「ディメンション・カッター」を再現している。ただし、原作ではディメンション・カッターはメインキャラたちは誰も使用していない。Lでは反応弾の上位互換扱いの武装。第2次Zでは投下型のマップ兵器。劇場版では使用していないためUXでは非採用(YF-29 デュランダルの武装名にMDEの名があるため、存在自体はしている模様)。

召喚攻撃[編集]

ゴースト
複数のゴーストQF-4000を随伴させて、連携攻撃を仕掛ける。携帯機シリーズでは照準値低下の特殊効果がある。再世篇では射程はそのままにP兵器になった。
第三次Zのファイター形態時は、アシスト攻撃でありながら射程2~7、バリア貫通サイズ差補正無視、照準値ダウンと極めて優秀。威力と弾数にも優れる。
ちなみにルカはゴーストにシモン、ペトロ、ヨハネと名付けている。これはルカ本人と合わせてキリストの4大使徒が由来。
ユダ・システム
QF-4000の自律人工知能のリミッターを外すシステム。シャロン・アップルの事件で暴走したゴーストX-9の出来事を踏まえたシステムで、バジュラ本星におけるバトル・ギャラクシーとの戦闘でQF-4000を完全自律による操作によりX-9と同様の性能を発揮した。なお、小説版ではランカとシェリルの歌に呼応するかのようにQF-4000から歌声が聞こえた、という描写がある。
Lでは通常版のゴースト同様照準値減少効果があるが、より高度な機動で敵機の照準を狂わせるということなのか、効果が大きく上昇しており、P武器になって使い勝手が増した(射程は下がっているが)。再世篇では最終盤で解禁されるが、ファイター形態だとP兵器の上に最大射程7(ルカのエースボーナス込)。
名前の由来はキリストを裏切った十二使徒の1人「イスカリオテのユダ」。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。
シリーズによって採用にぶれがあり、切り払いはZシリーズ及び『L』、撃ち落としは携帯機シリーズでのみで、『OE』に至ってはシールド防御含めいずれも不採用。
ピンポイントバリア
バトロイド形態のみ。『OE』では未実装。
変形
ファイター形態とバトロイド形態に変形可能。ガウォーク形態はオミットされており、演出でのみ登場。
換装
各種パックに換装可能。『第2次Z』のみ。携帯機シリーズでは次のマップの地形に合わせて自動換装される。
ジャミング機能/ジャミングOE
Zシリーズ及び『OE』で採用。
修理装置
小隊制の作品等ではHP回復と同じ効果も持つ。
ガウォーク
バトロイド形態のみ。地上移動時に移動力+1される能力。『OE』で採用。
グループ (GR)
VF-25F メサイア(スーパーパック装備含む)、VF-25S メサイア(アーマードパック装備含む)、VF-25G メサイアとグループ出撃可能。『OE』で採用。

移動タイプ[編集]

ファイター時。飛行可能。
バトロイド時。
『OE』でのバトロイド時。
なお携帯機シリーズでも、後述の機体ボーナスによってバトロイド時も空タイプを得られる。

サイズ[編集]

S
LUX
M
第2次Z第3次ZBX
Mまたは3
OE

カスタムボーナス[編集]

特殊能力『ジャミング機能』の範囲+1
第2次Z破界篇
特殊能力『ジャミング機能』の範囲+2
第2次Z再世篇
特殊能力『ジャミング機能』の効果を隣接チームにも与える
第3次Z

機体ボーナス[編集]

L
  • 初期:資金+10% EN+50 特殊効果無効
  • 5段階:資金+20% EN+100 特殊効果無効
  • 10段階:資金+30% EN+150 特殊効果無効
他の3機とずいぶん異なる内容。機体ボーナスだけ見るとサポート用の修理メカに見える。実際、「特殊効果無効」はアカツキのような防御力特化という設定がある機体を除けば殆どが修理装置か補給装置持ちのサポートメカばかりだが、当然それらのサポートメカに比べたらRVF-25の方が戦闘力は圧倒的に高い。
資金ボーナスに加え、ルカ機のみ武装の種類が多い事、パイロットが熱血も覚えない事から、ボスよりもとにかく雑魚を相手にするのに便利な機体と言える。
なおルカ機にあるENを消費する武器は消費5のアサルトナイフだけなので、ENボーナスはPUを組まない限りほぼ死にボーナスである。
UXBX
  • 初期段階:資金+10% EN+50
  • 第二段階:資金+15% EN+75 スペック低下無効
  • 第三段階:資金+20% EN+100 スペック低下無効 地形適応空or宇宙A
  • 最終段階:資金+30% EN+150 スペック低下無効 地形適応空or宇宙S
一見『L』の機体ボーナスに地形適応が加わっただけに見えるが、特殊行動コマンドでENを使うようになったためENボーナスを生かせるようになった。

機体BGM[編集]

「トライアングラー」
前期OPテーマ。
「ライオン」
OEではゴースト(バトロイド形態での使用時)と連携攻撃のBGMに採用。

関連機体[編集]

VF-25F メサイアVF-25S メサイアVF-25G メサイア
同型機。
VE-1 エリントシーカー
VF-1バリエーションの早期警戒管制機。RVF-25の先祖と言える機体で、同様に大型レドームとアンテナユニットを装備する。ただしこちらは完全に偵察・支援用で武装は非常に貧弱。

商品情報[編集]