テムジン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
テムジン
外国語表記 Tehmzin
登場作品

マクロスシリーズ

声優 金野潤
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ゼントラーディ
性別
所属 第33海兵部隊
役職 上級兵士
テンプレートを表示

テムジンは『マクロスF』の登場人物。

概要[編集]

ガリア4に駐留する第33海兵部隊所属の上級兵士。容姿はカムジン・クラヴシェラによく似ている。

好戦派で地球文化を否定し、武力行使によって「マイクローン(地球人)」から銀河系の覇者の座を奪回しようとする。グレイス・オコナーの手引きでシェリル・ノーム慰問団を人質にとり部下達と叛乱を起こすも、ランカ・リーの乱入と歌で部下達は戦意喪失。叛乱も失敗に終わり、早乙女アルトに乗機を撃墜される。

小説版では詳しい人物像が掘り下げられ、戦後に投降した者の子孫ではなく大戦時に最も早くからマクロスに味方して戦後も地球軌道を守ってきた海兵の子孫であり、そうした貢献にもかかわらずゼントランを差別し冷遇する地球人に怒りを向けたと書かれている。

TV版ではその後は不明だが、小説版では叛乱後にガリア4で発生した大規模フォールド波に巻き込まれ仲間たちと宇宙を漂流していたところを運よくフロンティア船団を離脱したマクロス・クォーターに拾われる。その後、船団に復帰したマクロス・クォーターと共に船団のバジュラ母星突入作戦を援護する。

劇場版ではアルカトラズ刑務所に収監されている囚人の一人。ランカのライブ中に隣の囚人にランカのことを説明するというある意味で真逆の立ち位置となっている。

『マクロスF ビジュアルコレクション シェリル・ノームFINAL』に収録されている短編「アルカトラズ・デイ」では名前はテムジン02356と表記され、シェリル救出作戦を鎮圧するために投入されたフロンティアの特殊部隊とアルカトラズ刑務所で戦ったと書かれている。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初登場作品。担当声優の金野潤氏は今作でシリーズ初参加。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第2次Z破界篇
根性不屈必中気合直撃熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次Z破界篇
底力L7、戦意高揚精神耐性気力+(ダメージ)ガードサイズ差補正無視

エースボーナス[編集]

与えるダメージ1.2倍
第2次Z破界篇』で採用。

人間関係[編集]

オゴタイ
第33海兵部隊の指揮官。

名台詞[編集]

TV版[編集]

「馬鹿共がっ!飼いならされやがって!」
ランカの歌によって戦意を喪失した部下に対し発言。しかし劇場版では…
「お、覚えておけ…この宇宙は二つの種族が共存できるほど…広くは…」
死に際の台詞。当然スパロボでもこのセリフを言うのだが、スパロボ内の宇宙での種族は二つどころではないので全く説得力がない。

劇場版[編集]

「知らねえのか!?あの娘こそ、第一次遭遇戦でシェリルと一緒にフロンティアを守ってスターの座を駆け上がっている 『超時空シンデレラ』 ランカちゃんだ!!」
アルカトラズのライブにて。逆に飼いならされていると感じた視聴者もいたとか。

搭乗機体[編集]

クァドラン・レア (テムジン専用)
グリーンベースのカラーリングになっている。