サイデリアル兵

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
サイデリアル兵
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 島田敏(艦長タイプ)
種族 異星人
所属 サイデリアル新地球皇国
役職 一般兵
テンプレートを表示

概要[編集]

サイデリアル新地球皇国)の一般兵士で、「皇国兵」とも表記される。複数の星系の出身者から構成されている。

いわば寄せ集めの軍であるため、規律を保つためになどの文化は抑制されている。母星が侵略されて無理矢理サイデリアルに徴兵された兵士も多いため、量的な質は高いとは言い難い面がある。

顔グラフィックの種類は少ないが、サイデリアルの力を笠に着て横暴に振る舞う者、地球の文化に熱狂する者、地球人の気質に感化される者など多種多様な反応を見せており、様々な星系の出身者の混成部隊という事を思わせる。なお、主に銀河中心部の星系出身者で構成されているが、作中では銀河中心部の方の面々は感情の力が弱まっている等と評される事があり、地球人の様な反抗心旺盛な人種は非常に珍しいメンタリティの持ち主と奇異な目で見るものが多い。

御使いが倒され、超時空修復が行われた後は、それぞれの出身世界の母星に戻れた様子である。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z連獄篇
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
蒼の地球に登場する兵士は「皇国兵」名義となっている。
担当声優の一人に島田敏氏がおり(艦長タイプの声は島田氏で統一されている)、相変わらずの熱演を魅せてくれる。

人間関係[編集]

皇帝アウストラリス
主君。
ダバラーン・タウ
DLCシナリオ『獣と風』では、地球人に感化されて旺盛な闘争心を見せたサイデリアル兵をハイアデスに勧誘する場面がある。

版権作品との人間関係[編集]

熱気バサラ
第14話では彼の歌に熱烈な声援を送る兵士も登場している。

名台詞[編集]

「強い、強すぎる!」
撃墜時の台詞の一つで旧シリーズDC兵士の台詞を髣髴とさせる。
「お、俺の人生…なんだったんだ…」
艦長タイプの撃墜時の台詞で島田氏の熱演もあり強烈なインパクトがある。もっともまじめに考えると、母星をサイデリアルに侵略され、他の星を侵略する手駒として使われる姿は、確かに虚しいものがある。

搭乗機体[編集]

アンゲロイ
エイクロス
連獄篇で搭乗。
グラーティア