プラーナコンバーター

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

プラーナコンバーター(Prana Converter)とは、バンプレストオリジナルの用語。

概要[編集]

ラ・ギアス魔装機動力機関であるフルカネルリ式永久機関の稼働に必要な構成要素のひとつ。魔装機神シリーズの用語録では「操者から放出されるプラーナを、動力として活用する変換機」と説明されている。魔装機ごとにコンバーターの規格は定められており、「換装は可能なのか?」と質問したユーザーに対して、「特定の魔装機に変換効率の高い大型コンバーターを換装することは不可能である」と、ラジオの『熱血!必中!ボイス・スパログ!』でプロデューサーが返答した。

コンバーターの稼働は「魔装機」に必要な精霊の加護とは無縁であり、精霊の加護を持たず、機体性能の頭打ちとなった「超魔装機」(エウリードデュラクシール)などに搭載されている。

強化パーツとしての登場は、かつてはほぼ無かったが、『第3次Z』以後のB.B.スタジオ作品には続けて実装されている。OGシリーズでの実装が待たれるところである。

プラーナ補助技術[編集]

プラーナ数値の低いラ・ギアス人であっても「プラーナ・コンバーター」を有効に活用出来るように取り組む試みの総称。この技術の産物がIIIで強化パーツとして登場した。

プラーナ増幅装置
シュテドニアスの練金学士シエーナ・ルドランティスが開発した魔装機専用の強化パーツ。搭載した魔装機の操者のプラーナ数値を30ポイント上昇させる。
プラーナ・サーキュレーター
『魔装機神III』で追加される強化パーツのひとつ。搭載した魔装機の操者のプラーナ数値を50ポイント上昇させる。
プラーナ・レゾネーター
IIIで追加される強化パーツのひとつ。搭載した魔装機の操者のプラーナ数値を100ポイント上昇させる。
リチュオルコンバーター

登場作品[編集]

魔装機神シリーズ[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
シナリオデモのテキストなどに頻出する単語のひとつ。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
用語録で解説されている。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
用語録で解説されている。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
用語録から外される。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
サイバスターのコンバーターが動作不良を起こすと「サイフラッシュ」と「コスモノヴァ」が使用不可になることが判明。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
100000の売値をつけられた破格の性能(攻撃力+500・照準値+20・射程+1・クリティカル補正+30)を誇る強化パーツ。入手条件として、Wスロットシステムで『第2次スーパーロボット大戦 (ファミコンミニ)』のカートリッジを使用することか、7回のクリアが必要。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
強化パーツとして採用。条件を満たせばDトレーダーで入手可能。ラ・ギアスのものなのだろうか?

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
ファクトリーで購入できる強化パーツ「プラーナコンバーター」として採用。気力150以上のとき、敵撃墜時の資金とTacPが2倍になる。
プロダクトリストでは「人間の秘められた力……いうなればオカルト的な力の存在を知ったナインが、それを戦術に応用するために用意したパーツ。パイロットの欲望と機体を連動させる特殊なインターフェイス。」と解説されている。
スーパーロボット大戦X
『V』と同じ仕様・入手手段で登場。今回は本家のサイバスターが参戦しており、強化パーツとしてサイバスターに搭載することも可能。
プロダクトリストでは「人間の生命力が意思を生み、それこそが魔力であると考えたホープスがどのような機体でもドグマを使えるように用意した魔道器。欲望のドグマにより、戦闘時の実入りが多くなる。」と解説されている。
またシナリオ中では、マサキがプラーナコンバーターの不調(実際には別の要因)による出力低下に言及する場面がある。
スーパーロボット大戦T
今回も『V』『X』と同じ仕様・入手手段となる。
プランニングリストでは「「VTX社訓その28:今この瞬間が全身全霊を懸ける時!」を具現化するプランの中で開発された暗示による潜在能力開発システム。発動時、使用者は膨大なカロリーを消費するため、一部女性に人気がある。」と解説されている。