ゴラム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ゴラム
外国語表記 Gorham
登場作品

マクロスシリーズ

声優 長谷有洋(原作)
井上剛(SRW代役
デザイン 宮武一貴
初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 プロトデビルン
エネルギー スピリチア
所属 プロトデビルン
テンプレートを表示

ゴラムは『マクロス7』の登場キャラクター。

概要[編集]

第47話「バサラ死す」に登場する6体目のプロトデビルンゾムドとは双子関係。

阿修羅を想起させる複数の腕と、全身色が黄色。常に「フォッフォッフォ」と奇妙な笑い声を上げ、常にゾムドと行動を共にする。

熱気バサラ捕獲のためゲペルニッチが目覚めさせた。

「スピリチアファーム」による作戦でバサラの歌エネルギーを利用してマクロス5船団の住民のスピリチアを吸収し続けるという作戦で追い詰める。また、多数の対艦用反応弾の攻撃でもダメージを受けたが即時再生…と火器兵器では全く太刀打ちできない。作戦そのものは突如介入したシビルに立ち塞がれて失敗。

ゾムドと共に自身の転移と他の物質を転移する能力がある。ゲペルニッチ本体にスピリチアを供給すべくリゾート艦「リビエラ」を強制転送させ、本体の防衛に当たるが、マックスとミリアには突破され、本体への反応弾投下を許してしまう(ほぼダメージはなかったが)。最期は暴走した本体にゾムドともども取り込まれ消滅した。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
長谷有洋氏が故人のため、井上剛氏が代役を担当(井上剛氏は今作でスパロボシリーズ初出演)。
後半戦の分岐で登場するほか、最終決戦時にも登場。ゾムドと小隊組んでいるので苦戦必至。総合能力は版権ラスボス級で非常に高い。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
後半戦で登場し、高いHPと攻撃半減により苦戦。ガビグラより遥かに厄介。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

アイビーム
両目から放つ光線。第3次αでは命中率低下の特殊効果がある。
ハンドビーム
複数の腕から広範囲に光線を発射。第3次αでは運動性低下の特殊効果がある全体攻撃

合体攻撃[編集]

バインダー攻撃/ツインビーム
ゾムドの手を合わせることで強力なビームを放つ。
前記が第3次α、後記がDの名称。第3次αでは攻撃力低下の特殊効果がある。

特殊能力[編集]

HP回復(小)
EN回復(小)
プロトデビルン
歌エネルギー以外の攻撃を半減する。

移動タイプ[編集]

宇宙
飛行可能。

サイズ[編集]

2L(LL)

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

第3次α
直感感応熱血気合直撃

特殊能力(特殊スキル)[編集]

D
プロトデビルン底力L6、援護攻撃L3
第3次α
超能力L6、援護攻撃援護防御

小隊長能力(隊長効果)[編集]

「マインド系の特殊効果武器無効」
第3次α』で採用。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

ゴラム「終わりだ」
ゾムド「休め…」
第3次αの中断メッセージでゾムドと共に登場することがある。ゲームを通してプレイヤーのスピリチアでも奪っているのだろうか…。

余談[編集]

  • ゴラム、ゾムド共に非常に線が多くとてもアニメで動かせないようなデザインをしている。その為作画の負担を減らすために常にワープ移動をしている。この手の技法はブレンパワード等でも使われている。