グレイブ・ゾラウシャルド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレイブ・ゾラウシャルド
外国語表記 Grave Zoleuschard
登場作品

バンプレストオリジナル魔装機神シリーズ

声優 谷口節
デザイン 河野さち子
初登場SRW 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ラ・ギアス
性別
年齢 58歳
所属 シュテドニアス連合国
役職 大統領
テンプレートを表示

グレイブ・ゾラウシャルドは『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』の登場人物。

概要[編集]

シュテドニアス連合国の大統領。レスデン共和国の与党・共和改革党の党首でもあり、軍産複合体「トリニティ」をバックに強権を振るっている。強国である神聖ラングラン王国を敵視するタカ派の人物で確かな政治力を持つが、それ故に議会との関係は悪く彼の味方をする政治家は少ない。

魔装機神第一章でラセツの工作によってラングランが崩壊すると、シュテドニアスはラングランへの侵攻を開始したが、ラングラン側の攻勢にあい劣勢に陥ると撤退・和平を主張し、更なる権力の強化に成功した。

魔装機神第二章ではラセツと共にラングランへの再侵攻の機会を伺っているが、分岐によってその動向が大きく異なる。シュテドニアスがメインで扱われるルートでは、ラセツのクーデターに助力し、軍の穏健派であるノボトニー元帥らを追放。そしてそれを保護したラングランに、「犯罪人を匿った」としてほぼ独断で宣戦を布告する。その後はラセツによって謀殺されるか、エウリードで出撃し(PSP版『魔装機神』の戦闘台詞によると軍務経験があり、魔装機の操縦も容易とのことである)、魔装機神操者との戦いに敗れて戦死する。一方、バゴニアがメインで扱われるルートでは人気が低迷しており、上院議員となったロドニー・ジェスハら穏健派に押されているが、死亡することはない。

ゾラウシャルドの死後、ほぼ独断で行われたラングランへの侵攻は和平派の活動もあり収束した。しかし国内はその後、北部と南部に分裂してしまう。ザンボスやロドニーからは「ゾラウシャルドが生きていればこんな事には絶対にならなかった」と明言されており、皮肉にもその政治手腕は死後大きく評価されることになった。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦EX
名前だけ登場。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
2018年10月のイベント「神に非ず、人のなせるわざなり」にて登場。なんとデュラクシールに乗ってくる。

魔装機神シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦外伝 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
プロフィール通り。内部的には「野望の清算」でジンオウに乗っているときはLv43だが、エウリードに乗り換えた後はLv44になっている。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
リメイク前と同じ。PSP版では声がついた。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

パラメータはなかなか高く、登場時点でのエウリードは強力な機体だが、気力が十分に上がってからの戦闘であり、加えて底力を持っていないため組しにくいということはない。SFC版での再攻撃にのみ注意がいるくらいである。

精神コマンド[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
根性ド根性報復
特殊技能は細かく設定されているのだが、精神コマンドは明らかに手抜き。LOEでは使う設定がないキャラは一切使わないので、その点は考慮されなかったのだろう。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
気配察知Lv4、再攻撃Lv3(SFC版のみ)、斬り返しLv1、??????(2回行動
一般特殊兵を上回る特殊技能を持つ。2回行動はLv49前後で習得するが、登場時期ではレベルが一歩及ばない。内部的には気配察知はLv6、再攻撃はLv4まで上がる。再攻撃はLv45でSFC版のLv4なので、もう1レベル高ければDS版でもLv1習得になったと思われる。

人間関係[編集]

ラセツ・ノバステ
協力関係にある。ラセツのクーデターを支援し、軍からノボトニー元帥やロドニーを追放する。その後、ラセツに殺される場合もある。
ロドニー・ジェスハ
ラセツと組んで軍から追放した。だが、邪神ルートでは後に、大統領選挙の対立候補として立候補してくる。
サフィーネ・グレイステリウス・グラン・ビルセイア
DS版魔装機神では彼らから、「ロドニーにいいようにされるようでは高が知れる。ただヴォルクルス教団と手を組まないだけ立派だった」と一部を除いて酷評されていた(このとき引き合いに出されたのは、本当に教団に手を出したカークス)。

名台詞[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL[編集]

「きみの活躍には、大変感謝しているよ。おかげで議会の口うるさい連中を黙らせることができた。後は、実績を見せれば、議会の主導権を完全に抑えることができる。我がシュテドニアスが、ラ・ギアス一の大国となり、世界を平和に導く日も近い」
エウリードの解析が終了したことをラセツから聞いて。まるで演説である。
「バカな……。そんな理想論が通用すると……うおおっ!?」
バイラヴァを披露された際、ラセツにとどめを刺されて。かなりあっけない最期だった。
ゾラウシャルド「地上人である君達にはわからんだろう。ラ・ギアスの歴史は、ラングランによる支配の歴史なのだよ。我々は、大国ラングランの影に、いつもおびえていた……かつてラングランは、ラ・ギアスの8割を支配していたのだからな。いつまた、かつての様にラングランが牙をむくか……我々はいつも恐れていた」
マサキ「それは、昔の事だろう!?」
ゾラウシャルド「勝利者は、そう言うだろうな。だが、敗北したものはそのうらみを忘れたりはしないものだ。そして、今また、魔装機神などと言う物騒なものを作り出した……我々が過敏になるのも、無理はなかろう」
シュテドニアスの急進派がラングラン王国を敵視し続ける理由。その後マサキに「侵略のいいわけにはならない」と言い返されている。
「我々はシュテドニアスのため、我が国民のため、君達に戦いを挑む!!」
「私とて、一国の代表者だ。我が国の命運をかけようと言うのに、影に隠れるような、こそくなマネはせんよ」
カークスの遺産たる超魔装機を入手したことに興奮したのか、何とエウリードに乗り込んで魔装機神に戦いを挑んでしまう。ラセツは驚きながらも感心していた。
「ぬ、ぬうっ!?魔装機神……やはり、あなどれる相手ではない……この力……ラングランはっ!!」
「脱出は……できんのか!?くっ……急造がアダになったと……我がシュテドニアスは……うおおおっ!!」
エウリードで戦いに挑んだ場合の断末魔。まさかの設計ミスで死亡してしまう。

搭乗機体[編集]

ルジャノール改
マップ「カークスの遺産」でのエウリードバイラヴァのお披露目の際に搭乗。イベントで死亡するためとはいえなんと改造度0である。いくらなんでも危機感が薄すぎではなかろうか。
ジンオウ
マップ「野望の清算」でエウリードの発掘作業を見物する際に搭乗。上記と大差ない状況のはずだが、こちらはしっかり改造されており、改造度4。乗り捨てたのか同マップでは出てこない。高価な機体のはずだが勿体ない話である。
エウリード
この機体で果敢に魔装機神隊に挑むが敗北してしまう。
デュラクシール
『X-Ω』でのイベント「神に非ず、人のなせるわざなり」にて搭乗