ナセル・ザンボス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナセル・ザンボス
外国語表記 Nasel Zamboss
登場作品

バンプレストオリジナル魔装機神シリーズ

声優 塩屋浩三
デザイン 河野さち子(リファイン)
初登場SRW スーパーロボット大戦EX
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ラ・ギアス
性別
年齢 34歳
所属 シュテドニアス連合国→南部シュテドニアス聯合、特殊工作隊「デオ・シュバイル」
軍階級 少佐(EX)→中佐(DP、ROE)
テンプレートを表示

ナセル・ザンボスは「魔装機神シリーズ」の登場人物。

概要[編集]

シュテドニアス軍特殊工作隊「デオ・シュバイル」に所属する士官。春秋戦争において、シュテドニアス軍の指揮官として、マサキ・アンドーらが率いるフェイル軍と何度も対峙した。王都ラングラン攻略時にはモニカに変装させたセニアを人質にしたが、その際彼女自身の手によって抜け出されてしまう失態(コンピュータ制御の牢で閉じ込めたが、彼女がハッキングに通じていたため簡単に破られた)を犯したため、小物、無能者としての印象が目立った。

その後、『スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD』において再登場。本作ではEXで描かれなかった彼の愛国心が伺える。シュテドニアスの内情不安を嘆き、反乱。南部軍の指揮官としてマサキらアンティラス隊ロドニー・ジェスハら北部軍と対立し、戦闘を繰り広げる。勝つためなら手段を選ばない点はEXと変わらず、立ち回りの拙さを部下に諌められる場面もある。とはいえ、無作為な戦いには飽きていたようで、ルートによっては自ら手を引く一面がある。リシェルとの意地の張り合いなどで露呈する頑固な人柄は、見た目通りか。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦EX
コンプリートボックスの設定では階級は少佐。シュテドニアス軍の指揮官として、マサキの章やシュウの章に登場する。能力はそれほど高くないが、乗機は移動要塞なので油断しないよう。卑怯な作戦を展開していたためか、他の指揮官に比べると印象に残りやすい。

魔装機神シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
南部シュテドニアス軍の指揮官として度々戦うことに。手段を選ばないという点は相変わらずだが、リコがアンティラス隊と協力しているのを「いい判断」と諭したり(ウェンディルート)、ヴォルクルス教団と手を組んでの勝利を望まなかったり(プレシアルート)と、常識人である一面も見せた。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END
直接は登場しないが、マグゥーキに寄る未曽有の混乱の中でも生還し、首都アーセルラインの防衛の任務に就いていることがアクレイドから語られる。ただし、階級が少佐となっている。一応南部軍は敗北しているので降格もおかしいわけではないが、レッフェンやロヨラ、レオは据え置かれているので、単に設定の確認漏れだろうか(リシェルも中佐から大尉になっている)。

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
シュテドニアス連合軍の指揮官(所属は特殊工作隊)として、序盤に登場。ハガネとヒリュウ改のいずれを選んでも彼とは顔をあわせることになる。ソディウム級移動要塞のほか、ギルドーラにも搭乗する。EXでは移動要塞のみに搭乗するため艦長タイプという解釈もできたが、パイロットとしても行動するのは魔装機神IIの影響か。また、セニアの戦闘セリフでは少佐と呼ばれているが、ダークプリズンでは同時期にギボンから中佐と呼ばれている。セニアのデータベースが古かったのかもしれない。
スーパーロボット大戦OG ダークプリズン
第8話「アグレッシブ・デコイ」にて登場。レオ共々「デオ・シュバイル」に所属していたことがわかる。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
根性必中鉄壁不屈突撃熱血
OG2nd
不屈、ド根性 気迫(ツイン)

特殊技能(特殊スキル)[編集]

魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
幻影、気配察知
OG2nd
指揮官L1 底力L4 援護攻撃L2

固有エースボーナス[編集]

マップ兵器及び射程1以外の武器の射程+1
OGシリーズのボーナス。

人間関係[編集]

神聖ラングラン王国[編集]

セニア・グラニア・ビルセイア
人質として利用したことがある。

シュテドニアス連合国[編集]

レオ・ギボン
部下。シュウを追うように命令する。融通の効かない上司に対する抑え役。
カンツォート・ジョグ
同郷だが、若造と侮っている。
リシェル・グレノール
EXからの古参キャラ同士。北部軍に所属し、互いに意地を張り合う。エンディングでもそれは変わらず。アンティラス隊と戦うときだけは、何故か意気投合する。
ロドニー・ジェスハ
ラングラン動乱時は立場が同じ。内乱時には対立した。
エリス・ジェスハ
北部軍所属として対立するが、献身的な態度には惚れ込んでいるのか、妙に大人しくなる。
レッフェン・ダスドレーシュ
内乱時の上司。ザンボスよりは政情を見る目があり、最終的には彼に諌められた。
リコ・サンドリーブ
南部軍の部下。姉のニコが参戦しているのを知っているにもかかわらず、教えないなど非情な一面が伺える。とはいえ、ルートによっては逆にリコに「この戦線にはニコは参加していない」と教えたりする。リコ自身には慕われたようで、前者の件については気にしていない。
ラセツ・ノバステ
直接の絡みは無いものの、OGDPでは自身をデオ・シュバイル所属と言っていることから、上司だと思われる。

OGシリーズ[編集]

シアン・アルジャン
シュウを追っていた途中での戦闘で援軍として現れる。

版権作品との人間関係[編集]

レオナルド・メディチ・ブンドルスーグニ・カットナルヤッター・ラ・ケルナグール
マサキたちとの戦闘中、彼らが援軍に現れる。ザンボスは信用していない模様。

名台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「確か、ガッデスは女が操者だったな。だが、手加減はせんぞ!」
模範的な軍人たらんとする彼の人となりをよくあらわしている。ちなみに、マサキルート「喪われた記憶」限定の台詞である。
「こいつで今度こそ、今度こそ終わりだ!」
演者が感情をのせて震わせる声が印象に残る。ソディウム級なら、「バリオン・ビーム砲」を発射するときにこの台詞がでる。

スーパーロボット大戦EX[編集]

「なに、我々には切り札があります。ご心配は無用ですよ」
ロドニーに戦力差を心配されて。自信満々に語るがあっさり失敗する。
「諸君らが降伏せぬ場合、このお方がその償いを受けることになると思うが、それでもよろしいかな?」
モニカに変装させたセニアを披露して。当初は5分間の考える時間を与えるなど余裕のある態度だったがセニアに逃げられ慌てふためくことになる。

魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD[編集]

「ジェスハ将軍……いや、今はただの賊軍の一員か。売国奴め」
アンティラス隊の援軍に現れたロドニーを評して。
「ば……化け物っ!?」
捕虜となって尋問を受けている途中、脅しとして石を砕いたリューネを見て。その後、頭と胃袋どちらを握りつぶされたいかと言われリシェル共々大人しくなった。
「なら、我がシュテドニアスにあなたが必要だと言えば、戻る気はあるんですかな?」
「シュテドニアス分裂」でのロドニーとの戦闘前会話。アンティラス隊が世界に必要なものと主張する彼にこう返して黙らせてしまった。
「心配するな、サンドリーブ大尉。お前の姉は、この戦線は参加せんよ」
北部への包囲網が完成する戦いで不安な様子のリコに対して。頭の硬そうな彼だがリコには配慮を見せている。
「ダスドレーシュ将軍か……確かに、あの仕打ちは感心せんな。あれではまるで人質だ。だが、命令である以上、我々は全力を尽くさねばならん。特に、部下の前ではな」
「しかしまあ、そうは言っても正直俺も、ヴォルクルス教団の連中と一緒に行動するのは願い下げだがな」
レッフェンのことが心配で浮足立つリコに対して。元特殊部隊らしく軍人の考え方はできている。一方で彼らしさも見せている。ヴォルクルス教団を嫌う点をマサキからはまともなとこがあると驚かれた。

搭乗機体[編集]

ソディウム級移動要塞
EXで搭乗。前線で戦いそうな見た目だがEXの時はこれだけ。
ギルドーラ
第2次OGのリューネルートで搭乗。
ローゼルライ
ROE序盤から搭乗。
エウリード
ROE終盤から搭乗。