エツィーラ・トーラー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
エツィーラ・トーラー
外国語表記 Etzira Torah
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 米村千冬(現:ちふゆ)
デザイン 河野さち子
種族 バルマー星人
性別
髪色 赤紫
所属 ゼ・バルマリィ帝国
役職 祭司長
テンプレートを表示

エツィーラ・トーラーは『第3次スーパーロボット大戦α』の登場人物。

概要[編集]

ゼ・バルマリィ帝国の十二士族のトーラー家の一員にして、祭司長の地位に就く人物。なお、バラン・ドバンとは違い、あくまでトーラー家の一員であって「当主」ではない。

祭司の家柄であるトーラー家の人物は皆強い念の素質を有するが、彼女自身も強い念動力予知能力を持ち合わせており、未来を予測することもできる。また、地球から攫ったマイレビ・トーラーとしての人格を与えたのも彼女であるとされている。

明晰な頭脳を持ち、元々は帝国臣民の尊敬を集める徳の高い僧であったらしい。だが、その頭脳と強い知識欲の故に、銀河の災厄「アポカリュプシス」の存在に辿りついてしまい、それ以降性格が豹変して「真実」のみを追い求める知識欲の塊となってしまったようである。

何度かアポカリュプシスの真実を探るべくαナンバーズらと接触するが、戦闘の際には自身の欲求にそぐわないものを容赦なくいたぶるサディスティックな面を見せ、更に前述のマイの洗脳のような卑劣な手段も平気で使ったためにSRXチームの怒りを爆発させてしまう。彼らに倒されて虜囚となった彼女は、自身の解放と引き換えにアポカリュプシスとアカシックレコードについて自らが知る限りの情報を伝え、一旦は姿を眩ます。

しかしその後、秘かに孫光龍と手を組んだ事によってゼ・バルマリィ帝国の真の支配者ケイサル・エフェスの存在を知ることとなり、彼と孫につき従ってアポカリュプシスを阻止したαナンバーズの前に再び姿を現した。しかし、真実を我が者顔な口振りで披露しようとしたことがケイサル・エフェスの逆鱗に触れ、最終的には彼によって始末されてしまった。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
主なプロフィールは上記参照。精神攻撃が得意なジュモーラに搭乗していることもあり、危険な相手。命中回避率が桁違いに高い。必中ひらめきによる安全な戦闘を心がけよう。ネビーイーム攻略戦ではイデオンゲッターロボライディーンゴーショーグンバンプレイオスと、彼女の興味を引くファクターを備えたロボットパイロットとの戦闘前会話が用意されている。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

射撃・命中・回避に優れたリアル系。ジュモーラは全体攻撃が凶悪なため、スーパー系(特にマジンガーやコン・バトラーなど)には脅威となる。

精神コマンド[編集]

第3次α
直感感応かく乱熱血脱力祝福
エツィーラの足跡をたどるようなラインナップとなっている。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次α
念動力L8、気力+ (命中)援護攻撃L3、見切り集束攻撃
何はなくとも集束攻撃が厄介。小隊ごと壊滅させられる恐れがある。

小隊長能力(隊長効果)[編集]

すべての特殊効果武器無効
第3次α』で採用。フルブロックを持っているのと同じことである。機体のマインドブロックが意味をなしていないが、ハンデにもならない。

パイロットBGM[編集]

「魔女は妖艶に踊る」
エツィーラの専用BGM。エアロゲイターのボス曲「THE ARROW OF DESTINY」とマイの専用曲「MARIONETTE MESSIAH」の旋律が組み込まれている。

人間関係[編集]

ルアフ・ガンエデン
帝国の支配者にして、神聖不可侵の君主…のはずが、彼の真実を知ってからは世界の全てを狂わせる要因の一人とみなす。その徹底した傲慢さを「神」と形容しαナンバーズに警告を与えた。
シヴァー・ゴッツォ
裏では彼と手を組んで、エツィーラから得た情報をシヴァーに伝えていたのだが、真の霊帝までは知らされなかった。
ハザル・ゴッツォ
坊や」と陰口を叩いていたことから、ハザルの出生の秘密を知っていた模様。「小物」、「まがいもの」、「使い捨てレベル」と徹底的に彼を侮蔑する。
バラン・ドバン
彼とは折り合いが悪いのだが、バランが言うには尊敬に値する人物であったようだ。
孫光龍
彼に同調して、エツィーラは「真実」に辿り着くのだが…利用されていることを知らずに謀殺されてしまう。
ルリア・カイツ
マイの思念を操ろうとしたところを彼女に阻止されてしまう。
マイ・コバヤシ
バルマー星において彼女の思念を操るが、アヤの思念を感じ取って元の自分を取り戻す。レビ・トーラーとしての人格を植えつけたのは彼女であるのだが、その辺りの背景はまだ語られてない。
アヤ・コバヤシ
アヤの存在を利用してマイやリュウセイらを操ろうとするが、アヤ自身が目の前に現れたことで失敗。そして、SRXチームの怒りが爆発する。

版権作品との人間関係[編集]

フォルモッサ・シェリル
知識欲に駆られ、お互い破滅への道を辿ると予言。しかし、ゲームの進め方次第ではシェリルとの決定的な違いが分かる。
ひびき洸
惑星ラクスプロトカルチャー遺跡での邂逅で、彼を激怒させた。版権キャラの中では、エツィーラに対し最も嫌悪感を抱いている。
破嵐万丈
終盤でαナンバーズの捕虜になった際、最後の望みとしてイデオンの見学をしていたところを彼に「二度と僕達の前に姿を見せるな」と釘を刺されるが…。
北条真吾キリー・ギャグレーレミー島田
ネビーイーム攻略戦に於ける戦闘前会話では、彼らから「年増」だの「オバサン」だのボロクソにコキおろされ、流石のエツィーラも完全にペースを狂わされる。
サコン・ゲン
αナンバーズに敗北し身柄を拘束された際、解放の条件としてジュモーラの記録データを彼に譲渡する。
剛健一竜崎一矢夕月京四郎獅子王凱
万丈、サコンと共にイデオンの見学を希望するエツィーラの監視に就く。

名台詞[編集]

「ハザル…? ああ、シヴァーのお坊ちゃんね」
「あれも父親同様に救いようのない奴だね。鍵さえ手に入ればいいと思ってるなんて」
「無限力の発動が近いというのにつまらないプライドにしがみつくとはね…。所詮、小物なのさ」
『第3次α』第33話「受け継ぎし遺産」より。αナンバーズと初対面した際、リュウセイに「てめえのその人を見下した態度、ハザルと同じだぜ!」と言われた後に彼女が返した台詞。何気にシヴァーも見下している。
「いいよ、いいよ、レビ…。お前の心は私のもの…」
「私に見せておくれ。この銀河の終焉を導くものを…」
『第3次α』第54話「神に守られし星」より。上述にある通り、身を隠しながらもアヤの幻影でマイを操ろうとするも、その直後にエツィーラの存在を見抜いたルリアに阻止されてしまう。
「それがどうした!? 私が見たいのは銀河を滅ぼす程の力だ! 後の事など知った事ではないわ!」
同上。コスモとの戦闘前会話より。イデの発動がもたらす銀河の終焉の危機を説く彼からの警告を一笑に付し、己のエゴイズムをまざまざと見せ付ける。
「お前…」
「お前…私と一緒だね」
「無限の力に取り込まれた者ってことさ」
「お前もお前の仲間もそして、銀河全ての生命がロクな死に方をしないよ…」
「フフフ…いいね、お前…。私の代わりに、無限の力の行き着く先を見ておくれよ」
『第3次α』第55話「まつろわぬ神」より。シェリルと偶然顔を合わせて、お互い破滅への道を辿ると予言。
「そうだよ。それはイデを始めとするアカシック・レコードと対を成すもの…それは…」
『第3次α』最終話「今遥か遠い彼方・・・」or「終焉の銀河」より。ケイサル・エフェスの力の正体を語ろうとしたが…。
「ひいいいいいっ!!」
直後にケイサル・エフェスの断罪を受けての断末魔。散々αナンバーズを苦しめた強敵の、あまりに呆気ない最期であった。

搭乗機体[編集]

ジュモーラ
山羊を模様したエツィーラ専用の機動兵器。