砂原郁絵

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
砂原郁絵
読み すなばら いくえ
登場作品 無敵ロボ トライダーG7
声優 潘恵子
冬馬由美(代役:『新』のみ)
種族 地球人日本人
性別
年齢 18歳
職業 サラリーマン
所属 竹尾ゼネラルカンパニー
役職 社員
デザイン 佐々門信芳
テンプレートを表示

概要[編集]

竹尾ゼネラルカンパニーの経理事務担当で、トライダーG7発進時のアナウンス係も兼任する。

お菓子作りが得意で、みんなに振る舞う姿が頻繁に見られた。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇/再世篇
シャトルサブパイロット。また、今回はSP回復パーツが「郁絵のおやつ」となっている上に、柿小路梅麻呂エースボーナスで出撃シナリオクリア毎におやつを作る。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇/天獄篇
『第2次Z』と同様だが、郁絵のおやつがDトレーダーにて高値で売れるためエースボーナスで作ったおやつを売却するプレイヤーが続出。さすがに問題視されたのか、『天獄篇』では売値が下がった(それでも結構な高値だが)。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
代役として冬馬由美氏が声を担当した。地上編にて大空魔竜戦隊に動向。今作はリュウセイから好意を持たれていた模様。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
スーパーロボット大戦GCXO
声がオリジナルに戻った。発進アナウンスの他、トライダーの戦闘時に他の社員と共に無線にて登場する。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

第2次Z』では応援、祝福ともに低コストで使える点と、サブパイロットとしては最大SPが多い事が嬉しい。問題はメインである柿小路の育て方。

精神コマンド[編集]

第2次Z
偵察応援祝福補給

人間関係[編集]

竹尾ワッ太
会社社長
柿小路梅麻呂
専務。
厚井鉄男
常務。
木下藤八郎
営業係長。

他作品との人間関係[編集]

刹那・F・セイエイ
第2次Z破界篇』序盤、暗黒大陸にて行なわれたバーベキューパーティーで、ウサギの形に切り分けたリンゴを彼に勧める。これはロックオンからの要請によるものだったらしい。
続く『第2次Z再世篇』序盤でも、各地を独り転戦する彼に餞別としてリンゴ入りのお弁当を手渡している。

名台詞[編集]

「毎度お騒がせして申し訳ありません。只今よりトライダー発進致します。危険ですから白線の外までお下がりください」
「郁絵といえばコレ!」というべき名台詞。トライダーG7発進時のアナウンス。
SRWにおいては『』の発進デモは冬馬由美氏の代役だったが、『GCXO)』、『第2次Z破界篇』にてオリジナルの潘恵子氏のDVEが披露された。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「お気に召しませんでした? ロックオンさんに言われて、ウサギにしてみたんですが」
第2次Z破界篇』第11話暗黒大陸ルート「顔が2つたあ生意気なッ!!」で、刹那にリンゴを勧めた際の台詞。一瞬思案した後、彼はこれを受け取った。
「勝ったら、とっておきのオヤツが待ってます!」
『第2次Z破界篇』最終話「破界の世紀」におけるワッ太ガイオウとの戦闘前会話。破界の王と舌戦を繰り広げる若社長を鼓舞する。

搭乗機体・関連機体[編集]

トライダー・シャトル
竹尾ゼネラルカンパニーが所有するシャトル。郁絵は主にオペレーターを担当。
トライダーG7
竹尾ワッ太社長の乗機。郁絵は、トライダーの発進アナウンスおよび戦闘時のサポートを務める。