ロアン・デミトリッヒ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロアン・デミトリッヒ
外国語表記 Roanne Demitrich
登場作品 蒼き流星SPTレイズナー
声優 鳥海勝美
初登場SRW 新スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
生年月日 1979年1月8日
年齢 15歳(第1部)
18歳(第2部)
出身 スイス
身長 175cm
体重 69kg
血液型 A型
所属 コズミック・カルチャー・クラブグラドス軍(内通者)
役職 副官(第2部)
テンプレートを表示

ロアン・デミトリッヒは『蒼き流星SPTレイズナー』の登場人物。

概要[編集]

コズミック・カルチャー・クラブの生き残りの一人。 CCC生存者の中では冷静かつ洞察力に優れた少年で現実主義的な発現も多い。眼鏡キャラで優等生だが所謂「ガリ勉」では無く、テニス部のキャプテンを務めるほど運動神経が良い上に、意外とノリも良くジョークを解する快男子である[1]

普段こそ慎重だが根はアクティブな行動派で、グラドス軍襲撃の際には引率者の制止を振り切って駆け出したり、アルバトロ・ナル・エイジ・アスカが危機に陥ると積極的に援護攻撃を行なったりと、要所要所で内に秘めた「熱さ」を曝け出している。

コンピュータにも強く、SPT運用に必要なヘルメットの改造を行なった後は短期間で操縦法をマスターし、後方支援用機体バルディの選任パイロットとして搭乗、不慣れながらも仲間達を守る為に奮戦し続けた。

第2部ではグラドス軍の有力な協力者となって総司令本部に勤務し、ル・カインの側近となって最終的には全軍の指揮権を委譲させるにまで至るが、実はレジスタンス側に通じており、グラドス軍が刻印を包囲した時にクーデターを起こしてグラドスタワーの制圧に成功した。この際、エイジやデビッド・ラザフォードら旧友たちにも本気でグラドスに協力しているふりをしており、最後の最後まで「あいつは変わっちまったんだ」と言われていた。仲間の一人であるアーサー・カミングスJr.に対しても、レジスタンスとの癒着が軍にばれる彼を激怒しながら暴行を繰り返すという芝居を何度も打っている。しかしアーサーは最後までロアンが本当はレジスタンスの一員のままであることを唯一疑わなかった。

小説版では音楽や書物を愛する少年であると明記されている。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
第1部の姿で登場。ル・カインが登場するとはいえ、彼自身は終始第1部設定で、ある意味でシャピロが第2部ロアンの役割を担っているので裏切ることはない。バルディが修理ユニットとして割と使えるので、補給を覚えるのも相まってサポート系としてそれなりに使える。尤もシモーヌもサポート系として有能なので彼女にバルディを取られる可能性もあるが。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
第1部の姿で登場。支援系の精神コマンドを覚える。レベル30で補給を覚えるので育てることを推奨している攻略本もある。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦64
第2部の姿で登場。OZの「オペレーション・デイブレイク」と連動してクーデターを起こした後、ベイブルバルディを持ってきて加入する。登場時はグラドスの士官服姿だがクーデター後に合流した時にはTシャツ姿となっており、攻略本で「でも、なんでTシャツなの?」と突っ込まれていた[2]。…まあ、原作でもクーデター後はこの格好になっていたのだが。
スーパーロボット大戦GCXO
第2部の姿で登場。原作通りクーデターを起こすが、今回は非戦闘キャラ。
スーパーロボット大戦Operation Extend
最初から第2部の姿で登場し、非戦闘キャラ。今回は直接的なクーデターを起こさず、情勢の変化を利用してグラドス内部の方針を変えることでル・カインを更迭するという形になった。ル・カインも死亡することなく、別れ際の遣り取りも何時か戻ってくる事を誓うル・カインとの何処か爽やかなものになっている。
スーパーロボット大戦DD
序章ワールド4で登場。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

偵察集中隠れ身ひらめきかく乱補給
リンクバトラー
ひらめき集中補給偵察かく乱隠れ身
64
偵察集中隠れ身ひらめきかく乱補給
J
偵察集中ひらめき熱血かく乱補給

特殊技能(特殊スキル)[編集]

J
ヒット&アウェイ援護攻撃L3、援護防御L3、コンボL3

パイロットBGM[編集]

「メロスのように ~LONELY WAY~」
オープニングテーマ。

人間関係[編集]

アーサー・カミングスJr.
第1部からコンビ的な扱い。第2部ではグラドス軍に潜入している者同士だが、彼に対してもグラドスへ忠誠を尽くす素振りを続けていた。
アンナ・ステファニー
CCC以来の仲間。OVA最終章ラストシーンでは、地球へ帰還したレイズナーに駆け寄る皆を制し、彼女をエイジの元へと急がせる心憎い配慮を見せた。
ル・カイン
ル・カイン地球方面軍総司令官として赴任した際、有能な地球人としてロアンを秘書官に抜擢、グレスコの死後は副官に指名する。小説版ではル・カインはロアンに友情を感じていたと発言し、また、小説『蒼き流星の行方』ではロアン自身もル・カインを敬愛していたと発言している。
アルバトロ・ナル・エイジ・アスカ
仲間。第2部では敵対関係となる。
デビッド・ラザフォード
CCC以来の仲間で、第1部では共にSPTに乗ってエイジをサポートした仲であるが、第2部ではグラドスについた事を本気でグラドスに寝返ったと誤解された。尤もロアン自身が積極的にそのように振る舞っていたためでもあるが…。
シモーヌ・ルフラン
CCC以来の仲間。
ギウラ
第2部での同僚。共にル・カインの部下であるが、ギウラの方はやや見下していた。

他作品との人間関係[編集]

トレーズ・クシュリナーダ
64』では共にル・カインに重用された地球人として行動した。
シャピロ・キーツ
『64』では、ル・カインの傘下でスパイとして潜入していた頃の事をブライトに報告する際に、一時期仲間だった彼と直接話をした事こそなかったが『放っておいてよい人物ではなかった』と評するなど、ロアンの方も傲慢で『神になる』という野望を抱いていた彼を危険視していた。

名台詞[編集]

第1部[編集]

「い、いえ……ドクターがあまり綺麗だったもので」
大人の女性に憧れを抱く年頃である。行動は年相応だが、言動は大人ぶりたいという心情が垣間見える。
「そう、僕ら仲間を見捨てるほど非情じゃないんです!…怖いけど」
第15話でゲイルのグライムカイザルに苦戦するエイジをデビッドとともに助けた際の台詞。
「信じないより、信じたほうがいい!」
誰もが思っていても言えない言葉、誰もが諦めの中に持っている希望を奮い立たせる言葉、そういう台詞を言うのがロアンの役割でもあったように思う。特に絶望的な状況を前にしても諦めない姿勢を示す台詞は多く、これもそのひとつである。
「無知ほど怖いものはないってことですね。相手をまだよく知らないから甘く見てしまう…」
第22話でエドワーズ空軍基地でグラドスへの抗戦態勢を進めてゆく米軍の様子を見ながら。
「みんな同じ人間なんですよ。国籍とか人種を超えれば理解しあえます」
第24話でそれぞれ反目しあっていたソ連とアメリカの軍人同士がグラドス軍から地球を守るという事から一致して親しく会話し合う情景を見ての台詞。シモーヌはグラドス軍のおかげと皮肉るものの、エイジは地球人とグラドス人も理解しあえる筈だと想いを馳せる。

第2部[編集]

「君達が見たとおり、僕は裏切り者。今更何を言われても堪えませんよ」
第26話で捕えられたアンナとデビッドの前にグラドスの恭順者として現れ、二人に責められての返答。弁解するどころか開き直ったかのような態度を取った。
「軽率だね、君は」
第29話。脱出仲間でのささやかなパーティーの招待状が届き、エイジらと再会できると期待を語るアーサーに対して。レジスタンスのリーダーであるデビッド、そして反抗の象徴であるエイジらとの密会は立場を危うくするとアーサーを詰るロアンだが、胸の内は…?
「……貴様のような奴が!貴様の!貴様のような軽はずみな奴がいるから!私までもが閣下に!疑われるのだ!」
第29話。パーティー会場をマシンガンで蹴散らし、エイジらが脱出する中で一人取り残されたアーサーをグラドス軍の前で滅多打ちにする。アーサーはこのリンチで軍の厳しい処分を免れた感もあり、まるで歌舞伎の勧進帳である。
「しかし閣下、ベイブルに時限爆弾を仕掛けられたとは、失礼ながら役者は一枚上」
第30話。デビッドを手引きしたアーサーをまたも張り倒した上で、ル・カインを褒めるふりをしてさりげなく情報を流す。この回から仲間思いの描写を徐々に見せていく。
「お許しください。私は地球人なのです」
ル・カインの理想を知り、彼を敬愛しながらも、地球人としての道を選んだロアン。処分を保留し、背を向けるル・カインを見送るその表情に、グラドスタワー制圧の喜びは無い。

搭乗機体[編集]

バルディ
第1部のみ搭乗。

脚注[編集]

  1. エドワーズ空軍基地で軟禁状態に置かれた際は、マジックミラー越しに監視している米兵に向けて「アッカンベ~」でからかうシモーヌを嗜めつつ、自分もそれを上回る「変顔」で監視者を茶化している。
  2. ケイブンシャ『NINTENDO64必勝法スペシャル スーパーロボット大戦64+リンクバトラー』P181より。