バレリオン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
バレリオンVから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
バレリオン
外国語表記 Barrelion
登場作品

バンプレストオリジナルOGシリーズ

初登場SRW スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 砲撃特化空戦型アーマードモジュールリオンシリーズ
生産形態 量産機
型式番号 DCAM-005(RAM-005)
全長 23.6 m
重量 40.7 t
動力 プラズマ・ジェネレーター
テスラ・ドライブ
基本OS LIEON
製造 イスルギ重工
所属 ディバイン・クルセイダーズ
地球連邦軍など
主なパイロット テンザン・ナカジマ
テンプレートを表示

バレリオンは『スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION』の登場メカ

概要[編集]

ディバイン・クルセイダーズDC)のアーマードモジュールAM)。認識コードはDCAM-005だが、L5戦役の後はRAM-005に変更された。機体色はカーキ色。

アーマードモジュール リオンシリーズのカスタム機であるが、リオン・タイプC等のコンセプトがあくまで「~用のリオン」であったのに対し、バレリオンは当初より長距離火力支援を目的に不要な点を廃して特化しか単能機として開発された。空中戦車、あるいは浮遊砲台と言える。人でいうならば頭部にある「ビッグヘッドレールガン」は、射程・威力ともに文句なしの性能を誇る。また、T・ドットアレイと呼ばれるテスラ・ドライブの発展型を採用しており、重装甲とビッグヘッドレールガンの長射程は、その副次的効果を使用したものである。

T・ドットアレイを前提とした単純で最小限の構造による装甲、テスラ・ドライブで飛行するため着陸と主砲発射時の可動台座としての機能しか求められていない単純な降着脚、といったように整備性とコスト性に優れている。

バレリオンは中~遠距離用の武装しか搭載していないため、近接戦闘に極めて弱いという欠点があった。しかし、リオンとの連携によってその弱点はあまり目立たず、DC戦争では連邦軍に多大なダメージを与えている。

動力炉は当初は言明されていなかったが、『電撃スパロボ!』の「アーマードモジュール開発史」においてプラズマ・ジェネレーターであることが明かされている。

「バレリオンV」、「バレリオン・カスタム」は配色以外は概観と武装が同じ。なお「ヘビーバレリオン」についてはリンク先参照のこと。

バレリオンV[編集]

  • 型式番号:DCAM-005V(RAM-005V)
  • 全長:23.6 m
  • 重量:44.4 t

近接戦闘能力強化タイプで、機体色は紫。換装武器である『スパイダーネット』以外の近距離用の武装を追加している訳ではないが、火力は向上しており、射程1の至近距離の相手にもメインウェポンとなる『ビッグヘッド・レールガン』を使用できる為、照準周りを調整しているものと思われる。

バレリオン・カスタム[編集]

  • 型式番号:DCAM-005C(RAM-005C)
  • 全長:23.6 m
  • 重量:45.9 t

指揮官用強化タイプで、機体色は緑。テンザン・ナカジマの他、イベントでジーベル・ミステルも搭乗する。性能・火力の向上だけでなく、バレリオンVと同様、『ビッグヘッド・レールガン』を射程1の相手にも使用可能で、射程も長くなっている。懐に潜り込んでも容赦無い攻撃が飛んでくるのはなかなか厄介である。

登場作品と操縦者[編集]

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION
敵専用。序盤~中盤にかけて大量に出てくるが、後にガーリオンが敵戦力のメインになるのと、射程1が「反撃不能」になることから、あまり強くない。イベントでサイバスターのサイフラッシュで一網打尽されるイベントがあるが、これは『第2次』の砲台破壊シーンの再現である。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2
ノイエDCのほか、インスペクターらがイスルギ重工からの提供で使用してくる。
スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONS
リメイクに伴い、カラーリングが明確になった。
スーパーロボット大戦OG外伝
ノイエDCのほか、デュミナスの無人兵器としても登場。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
カルヴィナ編第1話より登場。連邦軍を騙る部隊で運用されている。
スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
テンザン機がリュウセイのビルトラプターを猛追するシーンがあった。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

スパイダーネット
移動力低下する特殊弾。カスタマイズ機に装備。
ミサイルランチャー
本機の内蔵兵器だが、専ら牽制用。
連装ビームキャノン
両腕が砲身になっている。試作機時点で不要な点を廃しすぎて近接防御火力が不足していたために追加された武装。
ビッグヘッド・レールガン
メインウェポン。携行弾数を増やすために軽量弾を使用。軽量弾を超高速で発射するため大気圏内では距離があると使い物にならない問題を、弾道上にT・ドットアレイの不可視延長砲身を構築することで実質的な砲外弾道を劇的に短縮して解決している。発射シーンはまさに「大砲」。リオンとの連携戦闘を展開し、連邦軍に痛撃を与えた。

特殊能力[編集]

コクピットブロック
テンザン機専用。
ウェポンブロック
テンザン機専用。

移動タイプ[編集]

テスラ・ドライブによりデフォルトで飛行可能。

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

リオンシリーズ
本機はこれに属する。
バレリオン改
OGクロニクル』「エルピスの亡霊」に登場した元DCのテロリスト「エルピスの亡霊」の搭乗機。本機の代名詞であるビッグヘッド・レールガンとビームキャノンがなくなっており、その代わりにクロガネの艦首衝角を一撃で大破させる威力の対艦ミサイルを装備している。また全身にミサイルランチャーが追加され、キャタピラ移動となっており、その様はリオンシリーズというより重戦車である。クロガネを轟沈寸前まで追い込んだが、竜巻斬艦刀により両断された。
ヘビーバレリオン
本機の発展型。