2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

グレース・ウリジン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
グレース・ウリジン
外国語表記 Grace Urijin
登場作品

バンプレストオリジナル旧シリーズ

声優 宮村優子
デザイン 湖川友謙(第4次)、河野さち子(F)
性別
誕生日 1月31日
年齢 19歳
血液型 AB型
所属
役職 テスラ研職員(Fスーパー系)
軍階級 少尉(第4次、Fリアル系)
テンプレートを表示

グレース・ウリジンは『第4次スーパーロボット大戦』および『スーパーロボット大戦F』の主人公の一人。

概要[編集]

「理論家だけど異性好き」な女主人公

インテリだが、間延びした口調の為、周りからはトロく思われている。頭の回転が早すぎて、他人に合わせるのが苦手。……はっきり言って、変な性格とされるヘクトールやミーナ以上に変な人に見えてしまうのはご愛嬌。似たような性格のはずのイルムが決める時は決める事を考えるとある意味対極である。

イメージソングは「Love Story」。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦
主人公を「性別:女・性格:理論家だけど異性好き」にする、または「性別:男・性格:「クールでニヒル」にした場合(こちらは主人公の恋人として)に登場。デフォルトの顔グラは青髪に赤目。
第4次スーパーロボット大戦S
基本は『第4次』と同じ。惚れっぽい性格ゆえ、リアル系でロンドベル隊に配属になった際は男性MSパイロット達の名前を次々に挙げている。
スーパーロボット大戦F
河野さち子バージョンの容姿が選べるようになった点以外は基本的に『第4次』と同じ。こちらでのデフォルトはピンク髪のウェーブに青目。
スーパーロボット大戦F完結編
ゲーム開始前のデモでグルンガストに搭乗。対戦相手はゼブ。お互いの口調のせいか、イマイチ緊張感の無い戦いである。シナリオライターの変更により、終盤会話に加わらなくなる。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

主人公なので能力は高水準に纏まっている。Fではリアル系かスーパー系かにより格闘射撃の高低が入れ替わる。

精神コマンド[編集]

第4次S)※デフォルト、誕生日により変化
熱血幸運ひらめき必中気合集中
F完結編
リアル系主人公時:ひらめき加速熱血幸運 努力
スーパー系主人公時:熱血必中幸運ひらめき気合
リアル系副主人公時:熱血ひらめき信頼 激励再動 
スーパー系副主人公時:必中熱血ひらめき気合信頼

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第4次S
リアル系主人公・副主人公時:ニュータイプ切り払い(Lv.8まで)
スーパー系主人公・副主人公時:底力切り払い(Lv.4まで)
F完結編
リアル系主人公・副主人公時:ニュータイプシールド防御切り払い
スーパー系主人公・副主人公時:底力切り払い

パイロットBGM[編集]

「TIME TO COME」
第4次・F主人公共通BGM

人間関係[編集]

アーウィン・ドースティン
恋人。

名台詞[編集]

「あらぁ~、素敵な方ですねぇ~」
『F』「一言モード」より。
「本気ですよぉ~。そのかわり、責任とってくださいねぇ~」
第4次S)』第23話(『S』では第24話)宇宙ルート「宇宙へ」にて、ウィンに説得された際に。この切り返しに思わずウィンは呻いてしまう。
「そこでぇ~、提案なんですけどぉ~、あたしのためにっていうの、きっかけになりませんかぁ~?」
逆にウィンを説得した場合。ティターンズを抜けるきっかけを探していたウィンのためにこの台詞。

搭乗機体[編集]

ゲシュペンスト
初期搭乗機。
ゲシュペンストMk-II
『F/完結編』での中継ぎ搭乗機。
ヒュッケバイン
リアル系での最終搭乗機。主人公時専用。
グルンガスト
スーパー系での最終搭乗機。主人公時専用。

上記の機体の他に、『第4次』、『F』リアル系ではモビルスーツにも搭乗可能。

余談[編集]

グレース・ウリジン」に関する事実
Has subobject
「Has subobject」は、Semantic MediaWikiによって提供される、通常の Wiki のページと同様のプロパティ値の割り当てを溜めることができ、コンテナの構造を示す定義済みのプロパティです。
グレース・ウリジン +
キャラクターデザインスタッフ:湖川友謙 + および スタッフ:河野さち子 +
外国語表記Grace Urijin +
登場作品第4次スーパーロボット大戦 +
登場作品 (登場人物)第4次スーパーロボット大戦 +