レストレイル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
レストレイル
外国語表記 Rest Rail
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 藤井大誠
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 標準人型兵器
生産形態 量産機
全長 17.7 m
重量 27.1 t
開発 共和連合(ゾヴォーク
所属

星間連合の各勢力で運用される

テンプレートを表示

レストレイルは『バンプレストオリジナル』の登場メカ

概要[編集]

ゾヴォークの標準量産機。特別際立った性能でないが、地球製の量産機よりは性能は上である。宙域戦闘を専門とする白兵戦にも射撃戦にも対応できる汎用機で、機動性に優れているが、そのぶん装甲や耐久性は控えめ。

ゲスト(ゾガル)が運用するメカにしては珍しい恐竜然としたシルエットを持ち、特に印象的な尻尾はスタビライザーとなっている。たまにメカザウルスに似ているとゲーム中でも言われることがある。ちなみに足も逆関節。

発展型にレストグランシュがあるが、レストジェミラとの関係は不明。設定によれば、ゾヴォークの軍隊のなかでは旧式となりつつあるメカらしいので、レストジェミラよりも製造が古いのかもしれない。なお、旧シリーズでは全長の設定が「31.2m」と、レストグランシュよりもかなりの大型になっていたが、現在は同サイズの全長に変更されている。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
HP5500前後。苦戦することはなく、マップ兵器の餌食にされやすい。この機体でも苦戦するようだと、後先の高級機に太刀打ちはできない。
スーパーロボット大戦F
中盤から登場。カレイツェドを一回り強めた性能を持つ。ダブルキャノンの弾数が20と妙に潤沢なので、弾切れは無い物と見て良い。
スーパーロボット大戦F完結編
地上/宇宙ルート終了直後から登場するが、ゲストとの決戦では全く出てこない。

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
移動タイプが陸のみに関わらず陸適応がB(空はA)。「宙間・低重力環境での運用を想定した」という設定を反映したためと思われる。
スーパーロボット大戦OG ダークプリズン
中盤以降遭遇する敵機の一種。ほぼ宇宙が相手のため地形適応の歪さは目立たない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

レーザーバルカン
肩部に内蔵。
デュアルビームソード
携帯しているエネルギーソード。
レーザーガン
腕部に内蔵している射撃武器。
ダブルキャノン
背部に設置している射撃武器。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。

移動タイプ[編集]

旧シリーズでは飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「颯爽たるシャア」
第4次』にて、第三勢力と戦闘した際に流れる。
S』では戦闘時にBGMが変わらなくなった為、流れず。

関連機体[編集]

レストグランシュ
後継機。
レストジェミラ
インスペクターウォルガ)が使用した兄弟機。