カレイツェド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
カレイツェド
外国語表記 Kaleitsed
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 藤井大誠
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 攻撃型人型兵器
生産形態 量産機
全長 19.8 m
重量 32.5 t
所属 ゲスト
テンプレートを表示

カレイツェドは『バンプレストオリジナル』の登場メカ

概要[編集]

ゲストが使用する攻撃型量産機

多数の火器を内蔵しており、その大火力を以て突破口を開く強襲用の機体だが、稼働時間が短いという欠点を抱えている。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
先にDCに配備されている。一番攻撃力の高い大口径ビーム砲(攻撃力だけならバラン=シュナイルを越えている)を食らうとピンチだが、それさえ気をつければ怖くない。ゲスト兵士以外にも、DC兵士人工知能が操縦していることがある。序盤でDCに配備されているガロイカやカレイツェドとロンド・ベルが交戦して、見たことのない謎の兵器がいるということで、後に登場するこの大戦の黒幕であるゲスト軍の存在をほのめかす役割である。
スーパーロボット大戦F
中盤から登場。今回は早いうちからゲスト軍の存在が表に出てくるため、DCには配備されずゲスト兵士のみが操縦する。主力武器の大口径ビーム砲が2発しか撃てないのに、ビームライフルやパワーランチャー程度の攻撃力しか無く、ゲストの機体としては不遇気味な性能。
スーパーロボット大戦F完結編
地上/宇宙ルート終了直後から登場するが、ゲストとの決戦では全く出てこない。概要に反して火力が大したことないのは相変わらず。

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
大口径ビーム砲の弾数が増え、移動力と運動性以外ではレストレイルよりも性能が良くなった(特に装甲はゲイオス・グルードに次ぐ硬さ)。移動タイプに空がなくなった。パイロットはバイオロイド兵
スーパーロボット大戦OG ダークプリズン
第2次OGと同様の仕様。この他、ラスボスであるウユダーロ級制圧砲艦の主砲発射の演出時に姿を見られる。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
プロローグではゲストに偽装したソ=デスが搭乗している。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

レーザー・バルカン
胸部に二門装備。
スプレッド・ミサイル
肩部に二門装備。まるでズサのミサイル・ポッドである。
レーザー・ソード
掌部から発生する。
メガ・ビーム・ランチャー
腕部に装備。
大口径ビーム砲
胸部から射出口がオープンし、発射する。弾数は旧シリーズでは1発、OGシリーズでは5発。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M