ランスロット・アルビオン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランスロット・アルビオン
外国語表記 Lancelot Albion
登場作品

コードギアスシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 第九世代型KMF
生産形態 ナイトオブセブン専用機→ナイトオブゼロ専用機
型式番号 Z-01Z
全高 5.15 m
重量 9.12 t
動力 ユグドラシルドライヴ
推進機関 エナジーウイング
ランドスピナー
開発 キャメロット
所属 神聖ブリタニア帝国
パイロット 枢木スザク
テンプレートを表示

ランスロット・アルビオンは『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の登場メカ

概要[編集]

キャメロットで開発された第九世代型KMF

ナイトオブラウンズのナイトオブセブンである枢木スザクの2代目の専用機として制作されたが、スザクが第99代皇帝となったルルーシュ・ヴィ・ブリタニアによってナイトオブゼロに任命されたため、ナイトオブゼロ専用機と改めた。ランスロットシリーズの中では、最初にスザクが乗ったランスロットを強化改造して来たエアキャヴァルリーコンクエスターと異なり、エナジーウイングとの適合性を追求した完全新造である。

背部エナジーウイングは緑色の六枚羽。出力そのものも桁違いに上昇しており、トリスタンのメギドハーケンを手で受け止めてへし折れるほど。武装はそれまでのものを踏襲しつつさらに強化されたほか、気密性が上昇し海中での活動も可能となっている。さらには、「生きろ」というギアスの呪縛を逆用したスザクの超人的能力が相まり、ルルーシュ旗下の神聖ブリタニア帝国軍の中核として戦場を駆けた。

即位直後の戦いでは、ラウンズ専用機のトリスタンフローレンス、パロミデス、そして直衛部隊を瞬殺し、帝国最強の騎士ビスマルクギャラハッドを一騎打ちで破壊するという戦果を挙げている。 「ゼロレクイエム」終盤となるフジサン近郊での決戦でもその力を如何なく発揮し、神虎斬月を圧倒、トリスタン・ディバイダーを大破させる。

最後はカレン紅蓮聖天八極式と激突し、頭部と両腕を破壊するも、相討ちの一撃が胸部を直撃し、爆散した(スザクは本機から脱出に成功したが、公式では戦死扱いになっている)。

スザクに合わせた機動性重視の設計であり、同じく第九世代の技術が使われている紅蓮聖天八極式のような無茶な強化は施されていない。そのためポテンシャルそのものは「相当に高い」レベルにとどまっているのだが、スザクの卓越した能力のおかげで、作中ではほぼ無双状態。まともにやりあえたのは最終的にアルビオンを撃墜したカレン&紅蓮聖天八極式のみという怪物である。

エナジーウイングの存在故に真価を発揮するのは空中戦で、ランドスピナーはほとんど飾り状態だった。

小説版では「悪逆皇帝」ルルーシュの象徴ということで本機は戦後ネガティブイメージがついて回り、ランスロットシリーズそのものがKMFの開発史から抹消されると思われたが、後に制作されたストーリーでは「黒の騎士団」の主要幹部が現在のゼロがスザクであると承知していることと元々のポテンシャルの高さ、象徴のナイトメアを必要とした政治的判断からルルーシュ統治下にあった案件を元にゼロ専用にカスタマイズされた本機が運用された。しかし、本機のマイナスイメージとスザク本人の要望から新たなゼロ専用の機体としてルルーシュが搭乗した蜃気楼の系列機である真母衣波の開発が進められると同時に「復活のルルーシュ」では嚮導兵器としての原点回帰と「罪」の名を冠するという条件下で新たなランスロットが開発される。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
初登場作品。スザクの搭乗機として終盤に参戦。原作ルートなら第57話で、IFルートなら第52話で加入。スザクの高い能力と合わせ、前線で大暴れできる。ゼロ戦術指揮と合わせれば、自軍最高峰のポテンシャルを持つ紅蓮聖天八極式と2機で前線を制圧できるほど強い。スザクが「」を持つため火力も十分。原作ルートの場合はブレイズルミナスやギアスの呪縛の効果で速い、堅い、鋭いの3拍子揃った強敵となって立ちはだかる。
ちなみに紅蓮シリーズもそうなのだが、このポテンシャルで強化パーツスロットは三つ。強化次第では完全なバランスブレイカーと化す。戦闘演出では真・ゲッター顔負けの超速ジグザク機動を披露。PV2のOPムービー部分で登場していた。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
参戦するのは第35話と、『再世篇』ほどではないがやはり遅い。
流石に『再世篇』での強化パーツスロット3つはやり過ぎだったのか、紅蓮聖天八極式・蜃気楼と並びパーツスロットは2つになっている。爆発力では紅蓮に譲るもののマップ兵器・移動後ALL武器を完備しスザクの高い能力も手伝いオールラウンダーとして活躍できる。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
『時獄篇』から引き続き登場。一部カットインが変わった以外に大きな変更点はなし。相変わらず何でもできるオールラウンダーとして活躍でき、終盤の巨大な敵にもスザクが自前で持つサイズ差補正無視のおかげで渡り合える。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
第17話より登場し、自軍入りする。DLC「太平洋の死闘」でのみ敵として登場。
『第3次Z天獄篇』と比べるとHPと運動性が低下しENと装甲が上昇、MVS二刀流はサイズ差補正こそ削除されたがカウンター属性を所持し全体的に火力面が上昇している。
同作品で大幅な下方修正を受けた紅蓮と比べるとやや防御よりの性能となった程度で特に下方といえるほどの修正はされずに済んでいるといえる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
第5章21話追加サブミッション「新たなナイトメアフレーム」をクリアすれば運用可能となる。本作では火星圏のコネクト・ステーションにおいてロイド率いる技術研究開発チームにより製造される。ランスロットと別機体で改造共有が無いので注意。
突破攻撃が無くなった代わりにMAP攻撃を獲得し、全体的にスペックが上昇。火力が上がった分EN消費も増えたのには注意。スーパーヴァリス・フルバーストは「ショック」の代わりに「対大型」が付いた分火力アップしているが、「ショック」の追加効果目当てでランスロットを運用していた場合は注意が必要。しかし、飛行できるようになり宇宙マップに出撃できる点は大きい。
他のDLC系機体全般に言えることだが、固定出撃選択時に選ばれることはなく、またスザクの強制出撃ステージでは強制的にランスロットの出番となる。マップでの地上移動時にはエナジーウイングを収納、空・宇宙移動時には展開する。
実は今作のDLC系機体では唯一PVに出ている機体。紅蓮弐式の輻射波動機構を受けているのがPV第二弾で確認できる。敵対することはないのだが…。
スーパーロボット大戦X-Ω
2016年10月のイベント「世界 の 声」にて実装。SSRシューター。後にレアリティ覚醒でも登場。
2018年5月のイベント「命道」にて大器型SSRアタッカーが追加。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

MVS
メーザー・バイブレーション・ソード。ランスロットシリーズの基本武装であり、エアキャヴァルリー同様二本搭載。
OE』では「押出」特性付き。
スラッシュハーケン
4基装備。
Zシリーズ』では二刀流の演出で使用。『OE』では「ヒット&アウェイ」「エスケープ」特性付きの無消費武器。
スーパーヴァリス
ヴァリスの強化型。砲身が2連装になっていて、連射が可能。通常モードのほか、展開することでハドロン砲を使用できる「ハドロンモード」と全砲門を展開した「フルバーストモード」が存在する。
劇中では初陣の際に2挺持っていたが、トリスタンを迎撃する際にメギドハーケンを受け止めるため、両方とも投棄している。
『OE』では「貫通」特性付き。
ヴァリス・フルバーストモード
第2次Z再世篇』では方向指定型MAP兵器として採用。スザクの能力とアルビオンの性能の問題で斬り込むことが多いため、連続行動を合わせれば簡単に多くの敵機を巻き込む事が出来る。
『第2次Z再世篇』ではもっと強力なMAP兵器を持つ蜃気楼∀ガンダムがいるが、MAPWに大量のENを消費する両機とは違い、弾数制でENに気にせず使えるのもポイント。『第3次Z』ではウイングガンダムゼロというMAP兵器の怪物がいる上、向こうはセーブ込みで5発撃てるためこの面での対抗は難しい。
『OE』では「ロックオン」「対大型」特性付き。
エナジーウイング
背部にマウントされた飛行機能。展開状態からエネルギー弾を連射できる。実は『双貌のオズ』に登場するランスロット・グレイルの武装「ソードハーケン」の思想を継承した発展型。
『OE』ではこちらが扇型範囲のMAP攻撃となった。『第3次Z』ではP属性の全体攻撃となっており、殲滅力が上がっている。
『Zシリーズ』での演出は、初陣においてナイトオブラウンズの部隊を迎撃した際に放ったものの再現。この時はヴァリスを2丁持っていた。

必殺技[編集]

MVS二刀流
スザクが多用する攻撃。高速移動から連続で切り刻む。アルビオンにおいては「ギアスの呪縛」による身体能力強化により、ビスマルクのギアスをも上回る機動力と攻撃効率を発揮した。
戦闘デモにおいては二刀を抜いてゲッター機動で間合いを詰め(紅蓮聖天八極式よりも速い)、往復で斬り裂いた後ハーケン四本で捕獲、引き寄せたところをスザクキックで蹴り飛ばし、それを追い抜く勢いで追撃、トドメに切り返しからの二刀一閃で両断する。フィニッシュは初陣でギャラハッドを撃墜したシーンの〆。
捕獲⇒スザクキックの流れは初陣の際にトリスタンを撃墜した時の再現だが、この時は追撃せず墜落させるのみにとどめている。
『OE』では表記は「メーザーバイブレーションソード」ではあるが実際は二刀流で使っている。

特殊能力[編集]

第2次Z再世篇
剣装備、ブレイズ・ルミナス
OE
ブレイズ・ルミナス、エナジーウイング
エナジーウイングは「移動時、移動力+1」の特殊能力として採用。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

S

カスタムボーナス[編集]

「MVS二刀流」の攻撃力+500
第2次Z再世篇』で採用。必殺技が順当に強化される強力なボーナス。
「MVS二刀流」の攻撃力+300
第3次Z』以降で採用。上げ幅が下がったがそれでも強力。ちなみに今回出て来る『コードギアス』ユニットのボーナスは、全て「最強武器の攻撃力+300」である。

機体BGM[編集]

「O.2.~オー・ツー~」
『R2』の前期OPテーマ。再世篇Xで採用。
「COLORS」
第1期の前期OPテーマ。『再世篇』黒の騎士団ルート第51話にてこの曲と共に出撃する。
「WORLD END」
『R2』の後期OP曲。『OE』および『第3次Z』で採用。

対決・名場面[編集]

ギャラハッド
ナイトオブゼロとしての初陣。当初は機体の性能差から優勢に立ち回るも、不利を悟ったビスマルクが未来予視のギアスを解放すると動きを読まれるようになり、動揺もあって苦戦させられる。しかし、ルルーシュに掛けられたギアスを逆手に取って得た超人的な操縦による「未来予視で来ることは分かっていても、それでも避け切れないほど凄まじく速い攻撃」で強引にビスマルクのギアスを上回り、選択手段を遮られて真っ向からの受けに回らざるを得なくギャラハッドをエクスカリバーごと真っ二つにしてのけた。
トリスタン・ディバイダー
ゼロレクイエム」第4段階における激突。機体の性能差から圧勝するも、ダモクレスブレイズ・ルミナス発生機構を破壊される。そして……。
紅蓮聖天八極式
「コードギアス」最後のKMF戦。あらゆる意味で互角の勝負を繰り広げた末、MVS、ヴァリス、エナジーウイング、果てはシールドエナジーすら使い尽くす。
終わりを見せない激闘はついに徒手空拳での白兵戦に突入。続けざまに繰り出した蹴りとスラッシュハーケンが紅蓮の右腕と頭部を破壊し、戦闘不能に追い込む。だが、直前に紅蓮が放った左腕がランスロットの胸部を直撃していた。
機能停止した紅蓮はダモクレスから落下した直後、ランスロットはその場で爆散。スザクは公式では戦死扱いとなったが、実際は脱出に成功している。

スパロボシリーズの名場面[編集]

零の騎士
『再世篇』黒の騎士団ルート第51話「戦乱の王ピースクラフト」より。ミリアルド旗下の連邦軍と戦うZEXISだったが、戦いの趨勢が決しつつあったその時、突如として1機のモビルアーマーが乱入する。それに乗っていたのは、もはや正気を失いつつあるルイスだった。状況の深刻さを見て取った刹那は、沙慈説得させるべくダブルオーライザーを接近させるが、同時に現れたミスター・ブシドーがその往く手を阻む。
しかしその時、トレミーから1機のKMFが出撃する。ランスロット・アルビオンを駆るスザクは、ブシドー駆るスサノオの前に割って入り、沙慈にルイスを救うよう発破をかける。ブシドーから「ナイトオブゼロ」と呼ばれた白き騎士は、己が正義のため、そして友のため、仮面のサムライと対峙する。
友の背中を押して
『再世篇』黒の騎士団ルート第57話「ネクスト・フロンティア」。イノベイターの傀儡と成り果て、破壊を拡げるルイスを救おうと決意する沙慈にスザク、カレン、そしてゼロはそんな彼の決意を汲み、その背中を押す。
『再世篇』屈指のクロスオーバーであり、アッシュフォード学園生徒会の絆が形になった瞬間でもある。

関連機体[編集]

ランスロット・アルビオンゼロ
『黒のアルビオン』(未参戦)にて登場する機体で、ゼロレクイエムの後、アルビオンのデータを元にラクシャータ・チャウラーが改良を加え、ゼロ専用機として造った本機のコピー。
カラーリングがゼロに合わせて黒と紫に変更されて、エナジーウイングの発光色も元の緑から紅蓮聖天八極式と同様のピンクになっている。また性能面も紅蓮聖天八極式と同等になっている。

余談[編集]

  • 機体名にある「アルビオン」とはラテン語のalbusという単語に由来しており、日本語で「白い」の意である。黒の騎士団から「白兜」の異名で呼ばれたランスロットの系譜を引く機体として、相応しいネーミングである。
    • さらに「アルビオン」とは、英国人あるいはその国家の異名でもある。ランスロット・アルビオンを始めとするKMFを開発した神聖ブリタニア帝国の発祥の地が英国本土にあることを考えると興味深い。
  • Another Century's Episode:R』でも登場するが、スザクはナイトオブセブンのままで、パイロットスーツもそのまま。また、終盤では原作で戦わなかったルキアーノパーシヴァルと戦いに挑んだ(原作ではルキアーノは既に戦死している)。