ギャラハッド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギャラハッド
外国語表記 Galahad
登場作品

コードギアスシリーズ

初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ナイトオブラウンズ専用KMF(ナイトメアフレーム
生産形態 ナイトオブワン専用機
型式番号 RZA-1A
全高 7.20 m
全備重量 15.2 t
エネルギー エナジーフィラー
所属 神聖ブリタニア帝国旧皇帝派
パイロット ビスマルク・ヴァルトシュタイン
テンプレートを表示

ギャラハッドは『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の登場メカ

概要[編集]

ナイトオブラウンズのナイトオブワンであるビスマルク・ヴァルトシュタイン専用のKMF

ガウェインの流れを汲んだ発展機であり、現存するKMFの中では大型の部類に入る。脚部の形や固定型フロートユニット等、原型機との共通点がある。コクピットは単座で、機動力や運動性はガウェインを大きくしのぐ。

小回りの利かない大型機のガウェインをベースにして開発された理由は、「本機がワンオフ型のフラッグシップ機として開発されたから」で、いわば「ギャラハッドの存在自体が、神聖ブリタニア帝国の力の象徴」となっていた[1]のである。ビスマルク自身の技量と高い機体性能があいまって、「帝国最強」の呼び名が高い。

武装は「エクスカリバーに両手のスラッシュハーケンのみ」と、ガウェインとは逆に接近戦に特化した構成。ハドロン砲を始めとする射撃武装は一切搭載されていないが、代わりに両腕部にブレイズ・ルミナスが装備されている。

背中の剛剣エクスカリバーは、ブリタニア皇帝であるシャルル・ジ・ブリタニア自らが命名[2]した。

ルルーシュの皇帝即位後、ビスマルクはそれに反発する形で出撃し、ナイトオブゼロとなったスザクランスロット・アルビオンと交戦するもエクスカリバーごと一刀両断にされ、パイロットのビスマルク自身も死亡。神聖ブリタニア帝国の力の象徴の座もランスロット・アルビオンへと代わった。

なお、両断された剛剣エクスカリバーはトリスタン・ディバイダーに(双剣という形状になって)受け継がれた。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
初登場作品。第49話「ゼロとルルーシュ」で戦い、第50話「皇帝失格」か「超合集国決議第壱号」で再戦する。
その後、ZRルートならば第50話「皇帝失格」で原作通りスザクに撃墜されるが、黒の騎士団ルートでは第52話「決死のエンドゲーム」で真っ向勝負となる。
最大射程が5しかないため、ケルディムバルディオスならば簡単に叩ける。ただし、命中率が高いのでEPでのギャラハッドからの攻撃に注意。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

スラッシュハーケン
ガウェイン同様、両腕の指自体がワイヤーアンカーになっている。
エクスカリバー
主兵装にして事実上唯一の攻撃手段。機体の全長を上回る大剣であり、機体に対して垂直に背負っている。鞘の先には陸上戦を想定したランドスピナーが取り付けられている。エネルギーを流すことで攻防に使用できる万能兵装である。ちなみに、命名者は皇帝シャルル
ギャラハッドがランスロット・アルビオンに倒された際に機体ごと(文字通りに)真っ二つにされるが、後にトリスタン・ディバイダーの武器(双剣)として流用される。
対KMF用大型ランス
大型KMF用にサイズアップした大型ランス。エクスカリバーに銘が付くまでの代用装備として使用していた。SRW未実装。

防御兵装[編集]

ブレイズ・ルミナス
サクラダイトによる障壁発生機構。両腕に装備されている。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。

移動タイプ[編集]

フロートユニットにより飛行可能。

サイズ[編集]

S

関連機体[編集]

ガウェイン
原型。
トリスタン・ディバイダー
真っ二つになった剛剣エクスカリバーを双剣として流用している。

余談[編集]

  • 名前の由来は円卓の騎士の一人にしてランスロットの息子である「ガラハッド」からであるが、『R2』では「過去に父を殺したスザクが駆るランスロット・アルビオンに撃墜される」という何とも皮肉な結末を迎えている。

脚注[編集]

  1. 公式外伝作品『コードギアス 双貌のオズ』によると、ワンオフ機として設計されたギャラハッドを基に量産化し、ランスロットシリーズに代わる新たなブリタニアの戦力としても期待されていた。
  2. なお、皇帝シャルルによって「エクスカリバー」と命名される前は、ギャラハッド用にサイズを巨大化させた専用の大型ランスを装備していた。