M9 ガーンズバック (マオ機)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
フライデーから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
M9 ガーンズバック
(マオ機)
外国語表記 M9 Gernsback
登場作品 フルメタル・パニックシリーズ
声優 福山潤(フライデー)
初登場SRW スーパーロボット大戦J
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 第三世代型アーム・スレイブ
機種 M9 ガーンズバック
生産形態 専用機(個人搭乗)
動力 パラジウムリアクター
ロス&ハンブルトンAPR2500a
出力 約2500ps または 約3300kW
AI フライデー
所属 ミスリル
主なパイロット メリッサ・マオ
テンプレートを表示

M9 ガーンズバック(マオ機)は「フルメタル・パニックシリーズ」の登場メカ

概要[編集]

第3世代のAS「M9 ガーンズバック」のメリッサ・マオ搭乗機。

指揮官機であり、電子兵装と通信機能が強化されている。電子戦のスペシャリストであるマオはこの機能を存分に利用する描写がある。 ちなみに専用機と言われたことはなく、同じくSRTのチームリーダーであるマッカラン機も同仕様であると思われる。

マオ機のAIはフライデーという名前がつけられている。アニメではフライデーの声を福山潤が担当している。

登場作品と操縦者[編集]

マオはこれで最後まで戦うことになる。携帯機では特に電子戦強化は能力に反映されず、通常のM9と性能差はなかったが、第3次Zではジャミング機能が付いた。

JWともに合体攻撃である「ウルズ・ストライク」がバリア無視で攻撃でき、Wではクルーゾーの乗ったファルケとの「ウルズ・スペシャル」が使えるため三位一体での運用が基本となる機体。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
初登場作品。基本性能はあまり高いとは言えないが、武器改造費が安めで強化パーツスロットが3つあり、合体攻撃のウルズ・ストライクもある。強化していけば最後まで十分使っていける。クルツ機とマオ機は互いに乗り換えが可能。
スーパーロボット大戦W
基本性能自体はJとあまり変わらないが、クルツ機とマオ機が各パイロット専用となった。ファルケの登場により、合体攻撃のウルズ・スペシャルが追加。また、各武器の戦闘アニメが変更された。
機体のほうは回避型だが、マオの性格が攻撃回避では気力が上がらない「超強気」なので、単純に敵陣に単騎吶喊させても(弾数の都合もあるため)効果は薄い。 「激励」要員が揃うまでは、援護攻撃を活かすためにフライトユニットと大型マガジンなどを装備して団体行動、余っていればバリアも付けて積極的に援護防御させてやるといい。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
序盤から登場。合体攻撃は無いが、最強武装が気力制限無し、ECSの仕様変更により毎ステージで1度だけ無消費「突撃」+ミサイルランチャー(全体攻撃)ができる。そのため、普段のマオはサブに回して「突撃」を温存する方が良い。第36話で機体・武器性能が強化されるので改造すれば終盤まで使える。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
第1話から参入。フライデーの音声収録が行われており、戦闘シーンではマオとの掛け合いが発生する。第2話で合体攻撃が追加されるが、宗介がレーバテインに乗り換えると使えなくなるのが問題。ただ、クルツ機共々そのタイミングで武装が追加される。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
大型単分子カッターの戦闘アニメが変更された。最強武装のことを考えるとマオにBセーブやヒット&アウェイを修得させると安定する。
中盤妖精の目が追加されるとHP、運動性が強化されるが本機だけ何故かENが-20される(同じ強化をされるクルツ機やファルケは減らない)。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
ベースガシャでSRディフェンダーが登場する他、2017年6月のイベント「鬼哭」の報酬ユニットとしてSSRアタッカーが登場。なお後者は『TSR』出典となっている。
スーパーロボット大戦DD
序章ワールド3より加入。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

AM11 12.7mmチェーンガン
頭部に内蔵。発射速度は1800発/分、装弾数は1500発である。
XM18 ワイヤーガン
両腕部に装備している。壁面に打ち込んで移動を補助するのが主な役目だが、瞬間的には100t以上の負荷に耐えられるため、使い方によってはASを破壊する事も可能。スパロボ未採用。
ジオトロン・エレクトロニクスGRAW-2 単分子カッター
刃がチェーンソー状になっているAS用ナイフ。厚い装甲もダンボールを切るように切り裂ける。左腿または腰のハードポイントに鞘ごと懸架される。
J』『W』で使用可能。『J』『W』共にコンボ(マルチコンボ)対応。デフォルトでは空中の敵に届かない。
大型単分子カッター
刀剣サイズの単分子カッター。左腿のハードポイントに鞘ごと懸架される。
原作序盤においてマオ機が使用したが、たった1回しか使われておらず(ベヘモス戦ではマオ機は通常の単分子カッターを装備)、相手も動けない旅客機とあまり活躍に恵まれていない。
しかし『フルメタル・パニック! Invisible Victory』にてマオ機が妖精の目との合わせ技でコダールmを一刀両断する大金星を挙げる。
第3次Z時獄篇』ではマオ機が単分子カッターの代わりに装備している。『DD』ではR必殺技に採用。
大型単分子カッター(コンボ)
X-Ω』での必殺スキル。
エリコン・コントラヴェスGDC-B 40mmライフル
AS用のアサルトライフル。腰のハードポイントに懸架可能。
『W』ではマルチコンボ対応武器となった。『DD』では通常攻撃に使用。
76mmAS用対物狙撃砲
大型の狙撃砲。銃身の折り畳みが可能で、背部のハードポイントに懸架可能。専用のケースに収納して左腿のハードポイントにも装着できる。
『J』『W』で装備している。長射程の反撃武器として重宝する。
第3次Zでは全機オミット。ゲームではなぜか狙撃銃と表記されているが、原作では狙撃という名称である。
ヒューズVGM-A2(M) 『ヴァーサイルⅡ』 多目的ミサイル
9連装ミサイルランチャーから発射。ランチャーは背部のハードポイントに懸架可能。
『第3次Z』ではマオ機が装備するガーンズバック唯一の全体攻撃。『DD』では「ミサイルランチャー」名義。SR必殺技。

特殊機能[編集]

ECS
電磁迷彩システム。不可視の状態になるものの制限が多く、基本的に戦闘中には使用しない。
妖精の目
原作終盤、トゥアハー・デ・ダナン戦隊所属のM9各機に追加搭載される特殊センサー。ラムダ・ドライバによる不可視の力場が発生した際、その発生箇所および力場密度を感知してM9のモニターに転送し、『どこが厚くてどこが手薄か』を表示する装置。

召喚攻撃[編集]

統合通信管制システム
『天獄篇』中盤でレーバテインの加入に伴い追加される全体攻撃。召喚攻撃の一つで、フライデーによるハッキングでM6 ブッシュネルを無人制御し、即席の部隊を編成して攻撃する。
原作小説版でのメリダ島の防衛システムとM6を一部コントロールしてベヘモスに対抗したことの再現。戦術が完全ではなかったこともあり原作ではベヘモス撃破まではできず、クルツによる狙撃と上官のキャステロ中尉機の援護が無ければ、マオはそのまま嬲り殺しになっていた。

合体攻撃[編集]

ウルズ・ストライク
M9 ガーンズバック (マオ機)、M9 ガーンズバック (クルツ機)M9 ガーンズバック (宗介機)でコンビネーション攻撃を行う。攻撃属性は射撃扱い。
ウルズ・ストライク
ARX-7 アーバレスト、M9 ガーンズバック (マオ機)、M9 ガーンズバック (クルツ機)でコンビネーション攻撃を行う。上記のウルズ・ストライクより攻撃力が高い。なお、ラムダ・ドライバ発動の有無でモーションが違う。
Vではマオ機のみ格闘武器扱いになっている。
ウルズ・スペシャル
ファルケ、M9 ガーンズバック (マオ機)、M9 ガーンズバック (クルツ機)のコンビネーション攻撃。演出でアーム・スレイブがさらに2機出てくる。

特殊能力[編集]

ECS
『J』『W』では分身系能力の一種、『第3次Z』は「閃き闘志突撃の効果を得た状態で出撃」となっている。
剣装備
単分子カッターによる斬り払いを発動。
銃装備
撃ち落としを発動。
ジャミング機能
第3次Z』以降追加。
妖精の目
『第3次Z天獄篇』では中盤に追加され、気力130以上で与ダメージ1.1倍、クリティカル率+30%、バリア貫通の効果を得る。結構な火力上昇が見込めるが、如何せん今回の「フルメタ」キャラは宗介&アル以外ダメージ上昇精神が「闘志」止まりなのが問題。
『V』でも中盤に追加されるが、今回は「熱血」や「愛」を習得する為使い勝手が向上している。
DD
『DD』における必殺ユニットパーツ装備時のメインアビリティ。
アビリティ 効果 パーツ
R HP回復 I HPが30%以下の時、自分のアクション毎にHPを2.5%回復する(回復上限250)。 大型単分子カッター
SR プロテクション II 反撃時、回避を選択すると回避率が6%増加し、防御を選択すると被ダメージを10%軽減する。 ミサイルランチャー

移動タイプ[編集]

戦用の機体なのでは飛べない。フライトユニットやフライトモジュールで補う必要がある。

サイズ[編集]

S

カスタムボーナス[編集]

特殊能力『ジャミング機能』の効果を隣接チームにも与える。
『第3次Z』で採用。
特殊能力『ジャミング機能』による最終命中・回避率の補正が2倍になる。
『V』で採用。効果が倍になるのは良いのだが、如何せん効果範囲が隣接しているユニットに限られるので、活用するには工夫が必要で、上手く味方と足並みを揃えて移動したい。味方戦艦なら攻撃時の当たりにくさが多少は解消できる。『ジャミング機能の効果を指揮官技能の範囲まで広げる』だったら使いやすかったことだろう。

機体BGM[編集]

「戦うM9」
劇中BGM。J・W共にデフォルトBGM。

対決・名場面[編集]

ロックンロール!
メリダ島壊滅後、レナードの屋敷を襲撃したマオとクルツ達だったが、そこで消息不明となっていた宗介と再会。彼のダーク・ブッシュネルも加えた3機連携攻撃により、通常ASでありながらラムダ・ドライバ搭載機であるヴェノムを打ち破っている。
SRWではこの連携が天獄篇のウルズ・ストライクの演出の元ネタとなっている。

関連機体[編集]

M9 ガーンズバック (クルツ機)

商品情報[編集]

  • 完成品

  • プラモデル