プラン1059 コダールm

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
プラン1059 コダールm
外国語表記 Plan-1059 Codalm
登場作品 フルメタル・パニック! The Second Raid
初登場SRW スーパーロボット大戦W
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 アーム・スレイブ
型式番号 Plan-1059
全高 9.1 m
重量 10.8 t
動力 パラジウムリアクター
開発者 レナード・テスタロッサ
パイロット 夏玉芳
テンプレートを表示

プラン1059 コダールmは『フルメタル・パニック! The Second Raid』の登場メカ

概要[編集]

夏玉芳アマルガムを離脱する際に強奪した機体。プラン1058 コダールiのさらに改良型であり、ライフルと一体化した複合単分子カッターを使用する。コダールiと違い迷彩塗装を採用しており、ECSの性能もM9 ガーンズバックに近い水準まで改善していると考えられる。

ガウルンの命令を受けて、ミスリルをおびき出すべく香港で暴れまわったが、粛清のため出撃してきたゲイツに撃破された。この時点ではアマルガムの最新鋭機であり、実行部隊もコダールiを使用していたが、その後に登場する機体は全てmタイプである。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
ミスリルルート第40話と、第55話でのみ登場。2機でタッグを組んでいるため、マキシマムブレイクによる全体攻撃2連発が有効。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
ラムダドライバの効果変更により、かなり硬い。当然攻撃力もそれなりにあり、序盤では数が多いこともあって脅威になる。時獄篇と違い、僚機がシャドウなどのドライバ非搭載機なことも多いので、そちらは無視してバリア貫通武器かセンター攻撃で本機を集中攻撃すると良い。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
初登場作品。月ルート44話「帰るべきデイ・バイ・デイ」で玉芳機として登場。ドライバ起動時のモーションは中国拳法のような構え。
射程は短いがラムダ・ドライバの効果で攻撃力が高く、執拗に宗介を狙ってくる。イベント発生までは宗介の気力がガタ落ちしているため、一発でも食らうと致命傷になる。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
中盤から登場。今作ではダイレクトアタックでラムダ・ドライバを破り易いのもあり、第3次Z両篇ほどは手こずらない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

コダール同様、ドライバ未発動時のデモが存在する。

単分子カッター
ラムダ・ドライバの力で強化されたカッターによる攻撃。
単分子カッターライフル
カッターと一体化したライフルを撃つ。ドライバの力で思念の力場を纏っている。

特殊能力[編集]

剣装備
ナイフで斬り払いを行う。
ラムダ・ドライバ
気力一定値以上で発動する。
ECS
分身と同様の効果。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

S

対決・名場面[編集]

ARX-7 アーバレスト

関連機体[編集]

プラン1058 コダールi
プラン1059 コダールc
アニメ版でゲイツが引き連れている機種。