ディム・サー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディム・サー
登場作品

バンプレストオリジナル

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 アークセイバーシリーズ
全高 25.9 m
重量 308.6 t
動力 Dエクストラクター
開発 聖インサラウム王国
所属 聖インサラウム王国
パイロット アークセイバー団員
テンプレートを表示

ディム・サーは『第2次スーパーロボット大戦Z再世篇』の登場メカ

概要[編集]

聖インサラウム王国の運用する主力兵器で、ディアムドをサイズダウンする形で設計された量産型。汎用性に優れている他機体性能も高く、戦闘力は通常の兵器をしのぐ。

本来このシリーズは部隊の中核を担う精鋭に与えられるものであるが、現在のアークセイバーガイオウに敗れたことで人的ダメージが甚大であるため、パイロットの生存を最優先に考えたユーサーの指示でこのシリーズに生産ラインが絞られている。

Dエクストラクターの搭載により、ガイオウ襲来以前に比べると格段に強化されている。

再世戦争以降は地球連邦に組み込まれ、火星入植団の防衛部隊となったアークセイバーの生き残りが、文化の継承という名目で保管している。この機体はアークセイバーが誇りと命を賭けた戦闘でのみ使用され、通常任務では使用されていない。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
アークセイバーの一般機として登場。戦闘力はそこそこレベルだが、通常版ですらHP8000、装甲1400、攻撃力3500と並の雑魚を上回る。次元獣とは別のベクトルで厄介な敵の一つ。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
生き残ったアークセイバー隊員の機体として、火星でのマリーメイア軍残党との戦いで登場。また、クロウルート43話でも過去のアークセイバー隊員の機体として登場。
ユニットアイコンのみの登場で、用語録で『再世篇』以降の扱いが補足されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

パルサー・アロー
左腕のシールドからエネルギーの矢を放つ。ディアムドの「ランサー・ロック」をダウンスケールした機体。
ハルバート
右手に持っている武器。
セイクリッド・チャージ
ハルバートで突撃する。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

ディアムド
オリジナル。
ディム・リー
兄弟機。