アークセイバー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

アークセイバー(Arch Savior)とは、『第2次スーパーロボット大戦Z』に登場する組織。

概要[編集]

聖インサラウム王国に属する精鋭騎士団。世界統一国家であるインサラウムの秩序の維持と外世界からの防衛を一手に担っており、その実力は凄まじいものがある。

運用されている機体は、代々王の証となっている聖王機ジ・インサーの技術を元にした、通称「アークセイバーシリーズ」と呼ばれる機体群で、量産機に至るまで宝石の名を関しているのが特徴。

組織形態としては聖王直属の親衛隊という側面を持つ。中でも、特に秀でた力を持つ25名の「ハイナイト」達はインサラウムにおける名誉姓「テール」を名乗ることを許され、専用機を受領することになる。騎士団長として頂点に立つのは最強の騎士であるナンバー1「ナイトオブナイツ」と呼ばれる存在。御前試合の優勝者が、名誉姓「ガルス」を名乗ることを許された上で与えられる位階で、この位置に立ったハイナイトはそれまでの専用機から、団長機であるディアムドへと乗り換える。

その力を以って聖王国を守り続けてきたが、ガイオウの前には手も足も出ず壊滅、ハイナイトを含む多くのメンバーが次元獣へとヴァイオレイションされることになった。生き残った面々は王族唯一の生き残りであるユーサー・インサラウムの下故国の大地を脱出、次元コロニーに移住。

生き残ったアークセイバーのうちシュバル、マルグリットはガイオウの下新帝国インペリウムの戦士として使われることになったが、破界事変で反旗を翻したシュバルはガイオウに粛清され、マルグリットは一時ZEXISに助力した後、ADWに現れた本国の部隊に合流。この時点での本国の戦力は、禁忌とされていた次元科学を解禁し、その技術で強化されたアークセイバーシリーズは飛躍的に性能を増していたが、人員面は大きく減退していたため、無人機で戦力を補っていた。

ADWを新たな故郷とすべく侵略を開始したインサラウムの軍として戦い続けたが、ZEXISとの戦いで生き残りのハイナイトが次々に戦死。マルグリットは祖国の方針に疑問を抱いて離反したため、旧王都で最後のハイナイトにしてナイトオブナイツとなったウェインが斃れたことにより、組織としては完全に消滅している。

再世戦争後、生き残りの団員たちをマルグリットがまとめる形で再編され、インサラウムの人々が入植した火星の防衛に就いている。

所属人物[編集]

生存者[編集]

ジェラウド・ガルス・バンテール
団長。ハイナイトナンバー1であり、ナイトオブナイツの称号を与えられた騎士。
シュバル・レプテール
ハイナイトナンバー3。祖国壊滅後はインペリウムで諜報活動を行っていた。
ウェイン・リブテール
ハイナイトナンバー4。シュバルの弟子で、ジェラウド殉職後はナイトオブナイツを拝命。
マルグリット・ピステール
ハイナイトナンバー7。祖国のやり方に疑問を持っており、再世戦争終盤で離反。火星入植後は団長に就任。
グレイン・フィードル
準騎士。
アーロニー・レノイン
準騎士。グレイン共々再世戦争終盤、アンブローンに粛清されている。
アークセイバー団員
一般の騎士達。

戦没者[編集]

ジェイミー・ランテール
ハイナイトナンバー6。ディノダモンへとヴァイオレイションされた。
マシュー・レステール
ハイナイトナンバー13。ディノダモンへとヴァイオレイションされた。
???
ハイナイトナンバー17。ディノダモンへとヴァイオレイションされた。ユーサーにより言及されたが、名前を口にする前にアンブローンに遮られた為不明。
シェーヌ・ピステール
準騎士。マルグリットの弟で、次元獣ライノダモンMDへとヴァイオレイションされた。
レイビット
ガイオウ襲来時に次元震を観測していた人物。レイビット卿と敬称で呼ばれていたため、彼もハイナイトだと思われる。

関連人物[編集]

ユーサー・インサラウム
今代の聖インサラウム王国の聖王。
マリリン・キャット
客将。アンブローンが雇い入れたファイヤバグ隊長。アークセイバー壊滅後もユーサーに付き従い、火星決戦で戦死。
アンブローン・ジウス
アークセイバーシリーズの強化を一手に担う技術担当。
アイム・ライアード
再世戦争中期、「ケビン・マクラーレン」を名乗って潜り込んでいた。

運用機体[編集]

ディアムド
団長機。時代とともにパワーアップ改造を重ねており、現在の機体はVer.MO。
名前の由来は「ダイヤモンド」。
ディム・リー
ディアムドの簡易量産型。小隊長機の役割を持っている他、特別にチューンされDエクストラクターを搭載したジェラウドの専用機が存在。
ディム・サー
ディアムドの簡易量産型。本来はエースクラスに与えられる高級量産機だが、祖国壊滅後は人命を優先したユーサーによりこの機体に生産ラインが限定されている。
エメラルダン
シュバル・レプテール専用機。聖王機の左の守りであり、非常に頑健。
名前の由来は「エメラルド」。
サフィアーダ
ウェイン・リブテール専用機。聖王機の右の守り。エメラルダンの同型で、同じ姿をしている。
名前の由来は「サファイア」。
パールネイル
マルグリット・ピステール専用機。敏捷性に優れたスピードタイプの機体。
名前の由来は「パール」。
パールファング
マリリン・キャット専用機。パールネイルを元にしたアークセイバーシリーズの亜流に当たる機体で、事実上マリリンの個人所有であるため、運用にかかる制限を一切受けない。
ジェイドルーン
接近戦仕様の準騎士機。シェーヌもかつてこれに乗っていた。
名前の由来は恐らく「ジェード(翡翠)」。
オーパールア
砲撃戦仕様の準騎士機。名前の由来は恐らく「オパール」。
コランダ
防衛戦仕様の準騎士機。名前の由来は恐らく「コランダム(鋼玉)」。
儀礼機
ジ・インサーの量産型と思しき機体。恐らくインサラウムの健在期には親衛隊が乗っていたと思われる。
ガブリン
訓練用ドローンを戦闘用に改修したもの。兵力不足を補うための苦肉の策だが、命がけの戦いを行う騎士達からは不満の声が強い。
パレス・インサラウム
母艦。ブリッジを含む一部は王宮の役割を持っている。