ズネロ・ホネーガ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ズネロ・ホネーガ
外国語表記 Znero Honega
登場作品

魔装機神シリーズバンプレストオリジナル

声優 龍田直樹
デザイン 下山剛史
種族 ラ・ギアス人
性別
所属 晨明旅団
役職 副団長
テンプレートを表示

ズネロ・ホネーガは「魔装機神シリーズ」の登場人物。

概要[編集]

ラ・ギアス各地を騒がせる暴徒の集まり、「晨明旅団」のナンバー2。外見は痩身の小男。団長であるエリックからは「知恵者ズネロ」と呼ばれている。団長のエリックを甲斐甲斐しく支えており、部隊運営の全ては彼が取り仕切る。晨明旅団構成員で唯一まともな知能と常識を有している人物であり、無軌道なエリックが一集団の長として君臨できているのも、ひとえに彼の献身による(ただし団員補充のため「アンティラス隊と戦える」というキャッチフレーズで募集をかけたところ、確かに大勢の団員が集まったが、旅団が「(女性隊員に)殴られたい・罵倒されたい」といった人間的におかしい奴らで埋め尽くされたこともあり、「まとも」と断言してよいかについては疑問符が付く)。

名前といい、髪型といい、立ち位置といい、元ネタは間違いなく『ドラえもん』の登場人物骨川スネ夫であろう。しかし元ネタであるスネ夫の嫌味な人間性は、ズネロからは感じられない。

登場作品と役柄[編集]

魔装機神シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
物語序盤より敵として登場。以後、度々戦う事になる。シナリオ「操られたプレシア」ではフル改造したバゾーダン極に搭乗しているので注意が必要。
担当声優の龍田直樹氏は当作品でスパロボ初参加であり、ミオのファミリアの一体も兼任している。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
本作でも序盤から終盤にかけて登場。スキル「百発百中」で極稀に強烈なダメージを残して去る。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
偵察突撃分析ひらめき加速撹乱
魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
必中突撃脱力ひらめき加速隠れ身

特殊技能(特殊スキル)[編集]

魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
援護攻撃
魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
百発百中

パイロットBGM[編集]

「嗚呼、世紀末!」
団員専用BGMが用意されている。元ネタは言うまでもなくタフなアレ……というか、元ネタがバレバレなかなりギリギリの曲調である。

人間関係[編集]

エリック・グレゴリック
団長である彼の人間性に惚れ込んでいる。
エルシーネ・テレジア
彼女がプレシアを洗脳した事に対して「後味が悪い」と漏らしている。
ヘルムダール・ボヤスク
彼を不意打ちで倒す。

名台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「そうれ、それそれそれ!」
戦闘時の台詞。「お祭りだー!」とは繋げない。

魔装機神シリーズ[編集]

魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD[編集]

「ま、もう慣れましたがね。それに、ヘッドは面倒見がいい人ですから」
シモーヌからエリックの元にいて苦労しているのではと聞かれ。彼を慕っていることが分かる。
「参ったね……こいつは何か後味悪いぜ」
プレシアを操ったエルシーネを見て。

魔装機神III PRIDE OF JUSTICE[編集]

「うう……やっぱりちょいと、虫が良過ぎやしたかねぇ……」
古本から手に入れた大金を元手に更に稼ごうとして失敗して。
(……どうしてこの人は毎度毎度、こっちの作戦を説明しちゃうんですかねぇ)
DLC「円月撮法」で作戦をしゃべったエリックを見て。
「その場のノリを第一に考える!これが晨明旅団のやり方でさぁ!」
DLC「ストレイ・メイズ」でのベルガとの戦闘前会話。やはりこいつも晨明旅団なのだと感じさせられる台詞である。このあんまりな回答にベルガも完全に呆れていた。

搭乗機体[編集]

ベンディッド極
序盤に搭乗。
バゾーダン極
中盤から搭乗。

余談[編集]

  • ズネロ役の龍田直樹氏は『ドラえもん』にてスネ夫の弟であるスネツグ役を演じたほか、肝付兼太氏の代役としてスネ夫役を演じたことがある。