クローディア・ラサール

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
クローディア・ラサール
外国語表記 Claudia La Salle
登場作品

マクロスシリーズ

声優 小原乃梨子
デザイン 美樹本晴彦
初登場SRW スーパーロボット大戦α
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 24歳
出身 アメリカ
身長 182 cm
体重 59 kg
スリーサイズ B90-W58-H92
所属 統合軍
役職 マクロスブリッジオペレーター
軍階級 中尉 → 少佐
テンプレートを表示

クローディア・ラサールは『超時空要塞マクロス』及び『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』の登場人物。

概要[編集]

マクロスの航法・火器管制主任オペレーター。

マクロスブリッジオペレーターの中でも最年長であり、性格的にも成熟した女性で皆のまとめ役。フォッカーとは古くから恋人同士であり、また同じオペレーターの未沙とは士官学校以来の親友である。未沙が奥手なのを心配して、親身になってアドバイスをする。

マクロスゼロ』に登場するエドガー・ラサール(SRW未登場)との関係性は不明。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
初出演作品。未沙と同じくNPCだが音声収録が行われている。
スーパーロボット大戦α外伝
前作と異なり、この作品以降声は入らなくなった。
第3次スーパーロボット大戦α
地球安全評議会の議長となったグローバルの秘書を務めている。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

人間関係[編集]

ブルーノ・J・グローバル
上司でマクロスの艦長。
ロイ・フォッカー
恋人。パインサラダを食べさせる約束を交わすが…。
早瀬未沙
同僚で友人。

名台詞[編集]

「新たにパインサラダが私のメニューに一つ加わったの。どうする? 食べてみる?」
TV版第18話より。フォッカーを誘うが…。なお、後年の作品において、彼女がこれと似た趣旨の台詞を言っている。
「こっちは一隻。何隻来ようが変わりないじゃない?」
第20話より。ゼントラーディの大艦隊を前に、気丈にこう言い放つ。
「今がどんな形でも相手が生きているだけいいじゃない」
「彼が死んだとき、毎晩こいつの世話になったわ。今はそんな事ないけど」
第32話より。未沙の愚痴に付き合い酒を飲み交わす中、フォッカーの遺影に向けて。そしてクローディアはフォッカーとの馴れ初めを語る。
「……ロイは立派だった?」
劇場版より。フォッカーの死に様をに訊ねる。『劇場版マクロス』における隠れた名シーン。

搭乗機体[編集]

マクロス
主任オペレーター。航法・火器管制担当。

余談[編集]