メディウス・ロクス (第1形態)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
メディウス・ロクス
(第1形態)
外国語表記 MEDIUS LOCUS 1st form
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 斉藤和衛
分類 人型機動兵器
機種 メディウス・ロクス
全高 19.6 m
重量 47.8 t
装甲材質 ラズムナニウム
補助MMI AI1
次形態 メディウス・ロクス (第2形態)
パイロット
【パイロット】
アルベロ・エスト
【機体制御】
エルデ・ミッテ
テンプレートを表示

概要[編集]

ツェントル・プロジェクトにより開発された試作5号機。

次期量産機として開発。機体に「ラズムナニウム」と呼ばれる自己修復を持ち合わせた装甲が使用されており、機体整備に支障がない。だが、実地運用に際してはラズムナニウムのリミッターが外されており、自己修復機能の他に自己進化機能まで持ち合わせている。

また、エルデ・ミッテの希望により有機コンピュータ「AI1」を搭載。戦闘データを機体のガンカメラで記憶し、能力発展に充てられた。

パイロット不在のままプロジェクトの格納庫に死蔵されていたが、ミタール・ザパトの手引きによりアルベロ・エストが強奪。以後は彼の搭乗機として、様々な陣営を渡り歩きつつ、幾度となくヒューゴ達と激闘を繰り広げることになった。これは「MODEL-X」開発のためのいわば競い合いであったが、最終的にはメディウスは限界を迎え、ヒューゴ達の前に膝を屈することになる。

しかし、オペレーターとして同乗していたエルデはメディウス(より正確にはそれを制御するAI1)の敗北が認められず、独断で記録データをロード、ラズムナニウムに干渉させることで異形の機体へと変貌させた。

自己進化後はメディウス・ロクス (第2形態)を参照。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MXPORTABLE
序盤戦の強敵。際立った性能はないが、戦力が整わない時期に手合わせするので苦戦必死。
特に、主人公の搭乗機がガルムレイドの場合は、優先的な改造と精神コマンドが必須。逆にサーベラスが搭乗機の場合は、運動性を改造するだけでそれなりに戦える。

OGシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦OG
中盤戦から何回か交戦する。サーベラスか、ガルムレイドで交戦するスタイルが変わってしまうが、単独戦闘はないに等しいのでどちらでも大丈夫。イベント処理か、ターン数経過で戦わずに済んでしまう。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

コーティング・ソード
右腕から特殊合金製の剣を発生させる。R-1のコールドメタルナイフと同系統の武器と思われる。サーベラスの近接武器もこの系統。
ディバイデッド・ライフル
長身のライフルで、銃剣の機能を持ち合わせる。ライフルモードでは先端が開き、2門の砲口からエネルギー弾を連射する。
スティング・アクセレレイション
出力を限界まで上げ、ディバイデッド・ライフルをソードモードに切り替えて連続攻撃。しかる後、展開した銃口で敵を捕らえ、弾丸を至近距離から立て続けに叩き込んで吹き飛ばす。OG2ndでは連続攻撃の前に蹴り飛ばす動作が追加されている。

特殊能力[編集]

状態変化耐性
特殊武器による状態異常を無効化する。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「Crying Black」
アルベロのテーマ。ただし優先度が低く、敵対時には聞くことが出来ない。