2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

バゴニア兵

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
バゴニア兵
外国語表記 Bagonia Soldier
登場作品

バンプレストオリジナル魔装機神シリーズ

声優 草尾毅(PS版EX
島田敏(LOE/POJ)
初登場SRW スーパーロボット大戦EX
SRWでの分類 パイロット
一般兵
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ラ・ギアス人
所属 バゴニア連邦共和国
役職 一般兵
テンプレートを表示

バゴニア兵は「魔装機神シリーズ」の一般兵

概要[編集]

バゴニア連邦共和国軍に所属している一般兵士。

初めて登場した「EX」では何の変哲もない一般兵であり戦う機会もごく僅かである。『魔装機神I』第二章での彼らは、基本的に(良い意味で)やたら物わかりが良く良識的な人物ばかりで、テューディルートではマサキの「ラングランだけのためじゃなく、ラ・ギアス全体のために行動している」という言葉を信じバゴニアへ入国を認める一幕も見受けられた。

結果、ゼツのせいで望まぬ戦いに駆り出されてる可哀想な人達という印象が強い。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦EX
初登場作品。PS版ではルザック州軍兵士のボイスを流用している。

魔装機神シリーズ[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
前述の通り、良識ある人物が多い一方で、ルートによってはゼツに脳改造されてしまった兵士も登場している。
また一章でサイバスター奪回後サフィーネを追いかけた場合出会う「隊長」は、サフィーネを捕らえるためとはいえ国境を越えて戦闘を行った責任を魔装機神になすりつけようと図った人物である(ただしこちらの戦い方によっては本当に国境を越えてしまう)。応援に現れたジノらに苦しい弁明をしていたものの、ゼツの乱入で有耶無耶になった。
能力的にはどうでもいい存在だが、たまにシュテドニアス製魔装機に乗って登場する姿を見かける。これは「シュテドニアス兵士」の2回行動可能レベルが比較的低めに設定されていることによるバランス調整と思われる。しかしストーリーとしては何の説明もなし。
リメイク版では2回行動可能レベルが全体的に引き上げられたので、この妙な要素は取り払われた。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
改めて音声収録がなされた。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
エル・バドレルと共に行動する。名義は「隊長」と「兵」のふたつ。搭乗機はドルバイン社製魔装機ギンシャスのみ。他のゼツ製魔装機は既にテロリストやその狂人弟子の軍勢になった。反目しているわけではないのだが、「強いバゴニア」のスローガンを掲げる新首相の策略のため、バゴニアルート中盤からは何度もアンティラス隊に挑み、他の敵勢力以上に数の暴力を駆使して襲ってくる。書き入れ時のレジ打ちに近い気分を味わえる。
厄介な相手だが、後向きな台詞が多い。魔装機神ネオ・グランゾン相手なら納得できるが、相手までにも怯える場面はシュールさ一杯である。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
特殊兵の「斬り返し」発動率が妙に高い。

精神コマンド[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
根性ド根性
魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
集中根性(バゴニア兵)
集中信頼(隊長)

特殊技能(特殊スキル)[編集]

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
気配察知 斬り返し 2回行動

人間関係[編集]

バゴニア連邦共和国[編集]

ゼツ・ラアス・ブラギオ
上司。『LOE』第一章・第二章では、基本的にこいつに振り回される。
シュメル・ヒュール
バゴニアの英雄。バゴニア兵士からは尊敬の対象となっている。

アンティラス隊[編集]

ジノ・バレンシア
エル・バドレルに所属していたかつての上司。ゼツとは違い、部下達の信頼を一心に集める人格者だった。

名台詞[編集]

魔装機神シリーズ[編集]

戦闘台詞[編集]

「ぬうぅっ! お、恐るべし……」
搭乗機を撃墜されたバゴニア隊長の台詞。島田氏の熱演が印象に残る。

魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL[編集]

「……知らなかった。鬼のバレンシア隊長がロリコンだったなんて……」
『LOE』第二章「さすらいのプレシア」においてジノがロリコンだったことにショックを受けて。DS版以降は放送コードへの配慮かロリコン関連のセリフが削られた。
「……まあ、隊長にはいつも世話になってるからなあ。しょうがないか」
で、ジノがプレシアを連れて帰ってしまった際に。さり気なくジノの人望の厚さが伺える場面。
「任務とはいえ……いやな事をさせる……」
「志士、意気に通ず」にて、ゼツにシュメルの拘束を命令された上に、さらにはシュメルの家を破壊するよう命令されたことに関して。
「そ……それは……いえ、わかりました、ジノ少佐。できれば私もお力になりたいのですが……」
上記の台詞の後、ジノにシュメルの件で問い詰められ、ジノがバゴニア軍を離反すると宣言した際に。結局、彼は新婚ということを気にしたジノに協力は断られ、ジノと戦場で相対しないことを望みながら去っていくのであった…。
「私の一存で武装の封印も施しません。私とて、兵士である前に、一人の人間です。時として、信じたい時もあるのです。魔装機神のご高名は、私も聞きおよんでいます。ぜひ、この戦い、止めてください」
「囚われの剣聖」シナリオデモにおいてマサキ達のバゴニアへの入国を認めて。