V・B

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
V・B
本名 ヴァレリー・フォン・ブランシュタイン
登場作品

バンプレストオリジナル

種族 地球人(ドイツ人)
性別
年齢 不明(若年)
所属 ドイツ軍情報部
テンプレートを表示

概要[編集]

超機人 龍虎王伝奇』の第一部に登場する、ドイツから中国清国に赴いた謎の女性。服装はレオタードとパンストのボディースーツを着用。男装した女性の立ち振る舞いで、美しさと捻じ曲げない心を併せ持つ強かな性格。強靭な身体能力を持ち、持ち前のチャクラムを自在に操る。「機人大戦」においては超機人を巡る抗争に介入。生身でも相当な強さを誇る孫光龍と渡り合った。その孫とは浅からぬ因縁を持っているようで、孫は彼女に「恋」していたと思われる。

最終局面で稲郷隆馬と孫との対決に割って入った。そして、孫との一騎打ちにおいて、止めを差そうとした瞬間に背後からデヴォラの一撃により致命傷を受けた。デヴォラは孫の逆鱗に触れて殺されるが、その瞬間に持ち前のチャクラムを孫の顔面に直撃させ致命傷を負わせた。最期に自身の本当の名を口にするが…。後に第2次OGにて、彼女がブランシュタイン家の人間であったことが孫の口から明かされている。

第二部において彼女の遺体は孫によって回収され保存されていたことが明らかになる。 オーダーと孫光龍が操る霊亀皇の決戦の最終局面において彼女の遺体に宿っていた魂がたくわえていた力によって霊亀皇の制御を一瞬奪ったことがオーダーの勝機となる。 崩れ去る霊亀皇の中、孫の真意を耳にした彼女の魂は、眠りにつく孫に寄り添おうとするが、孫は「眠りにつく僕に付き合わせるのは申し訳ない」と拒み、「そのかわり…君の魂の欠片を…少しだけもらうよ」と彼女の魂の欠片を白百合の花の形で受け取り、別れの言葉を交わし合った後、ヴァレリーの魂は解放されたのであった。

人間関係[編集]

稲郷隆馬
彼と協力してバラルと戦う。
文麗
互いに因縁を持ち合う。
孫光龍
彼から惚れられてしまう。その惚れようは上述の通り。
デヴォラ
バラルの僕として対峙する。最後はV・Bに致命傷を負わせるが…
ジェイベズ・グリムズ
英国人で、彼とは国柄の敵対関係となる。
レーツェル・ファインシュメッカーエルザム・V・ブランシュタイン
孫光龍は彼を見てV・Bを思い浮かべていた。

セリフ [編集]

龍虎王伝奇 第1部[編集]

「いまわの際になら」
「教えてあげるわ」
孫光龍の「けどきみだって」「「V・B」なんて名前じゃないだろう?」という問いかけに対し。
「大日本帝国、陸軍情報部所属…稲郷隆馬大尉。超機人調査の命を受け清国に潜入した示現流の達人…」
(…こ、こいつ!?)
「…で、間違いなくて?」
稲郷隆馬との初の邂逅。彼の素性を知ってるあたり、スパイの世界に通じているようだ。
「ええ。それが私が追っている男の名前…。私が知る限りでは8つ目の偽名よ」
以前より孫を追いかけていたが、なんと8つの偽名を知っている。互いに執着しあっている仲であるが、孫自身は…
孫光龍「あ…あれ…?」(チャクラムが直撃)
V・B 「はあっ…はあっ…約束…だったわね…はあっ…」
孫光龍「!?」
V・B 「本当の名前…いまわの際に…教えてあげるって…」
孫光龍 「ふふ…V・B…君は実にいい女だね…もう離さないよ…」
V・B 「私の…名前は…」
デヴォラに致命傷を受け、僅かな力で孫に渾身のチャクラムを顔面に当て、そして、V・Bは本名をいい残して崩壊する大地と共に命を断たれた。
前述の約束を守り、孫光龍の想いに応えてみせた。
最期は互いに真摯に向き合い、素直に想いを語り合い、V・Bは約束を守ることで彼女なりに想いに応え、その姿勢に残された孫は愛を誓う。
お互い本名を偽り合い、敵対する因縁の関係であり、孫の側が一方的に強い好意を示す様が目立った関係ながらも、V・Bの側も応えてみせたりと、愛の正道ならざるも、決して通じ合っていなかったわけではない関係であったようである。

龍虎王伝奇 第2部[編集]

「ありがとう」
「みんなを助ける力を分けてくれて…」
「でも…いいのかしら?」
「付き合ってあげてもよくてよ?」
オーダーとの決戦により、双方共に機体は傷つき崩れ去り行こうとする中、海面へ脱出したオーダー隊員達を念動力で救った孫光龍に対し。
孫光龍との関係も満更ではなかったようである。
「そうね……」
「さようなら…アクラヴ……」
孫光龍への別れの言葉。永い時を経て、彼女の魂は解放された……。