尸冥爪

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
尸冥爪
読み しめいそう
外国語表記 Shimeisou
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 土屋英寛
全高 29.4 m
重量 196.8 t
動力 次元力
所属 サイデリアル鬼宿
主なパイロット 鬼宿 (一般兵)
尸刻(絶)
テンプレートを表示

概要[編集]

鬼宿が使用する生体兵器。カニのような姿と黄色の外装、一つ目と巨大なハサミが特徴。隊員たちが「消滅しようとする力」を操って次元力を制御し、それによって動くという類を見ない制御系を持つ。

分厚く強固な装甲と、横移動かジャンプで動くという特異な動き方によって守りに優れ、突進力と装甲により攻撃力もある。銀河の歴史の中でもかなり古くから存在していたが、実際に目撃した記録は少なく、サイデリアルの中でも謎の存在。

その正体は尸逝天の幼生。つまり尸逝天の子供であり、外装を取り付ける事で兵器として運用されている。

モチーフは恐らくシオマネキ。

尸冥爪・絶(Shimeisou ZETHU)[編集]

尸刻の専用個体で、違いは外装が黒いことのみ。能力は一般個体と大差ないのだが、尸刻が乗ると通常以上の力を発揮する。これは、素体となった幼生が尸刻に懐いているのが原因。

ラース・バビロン防衛戦でZ-BLUEに撃破されたことで死亡し、尸刻は以後通常の尸冥爪を使用し、宇宙怪獣および御使いの軍勢と戦った。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
絶は序盤から尸刻が乗って現れ、一般個体は離脱ルートの第23話から登場。
2000超えの装甲と1Lのサイズが相まって非常に硬く、高い照準値によって当ててくる。終盤戦ではHPが20000に迫る上に数が多く、とにかく倒しづらい。ただし、サイデリアルのほかの部隊と異なりバサラの歌でダメージを受けるため、MAP兵器で削りつつ気力を下げてしまうのも手。
絶は終盤、尸刻の気力が130を越えた場合、エースボーナスで「不屈」がかかるようになるのに注意。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

鬼光衝(きこうしょう)
ハサミから負の次元力を弾丸にして飛ばす。尸逝天と同じ技だが数は2つだけ。
葬爪(そうそう)/葬爪・絶(そうそう・ぜつ)
「冥・闇・燐」の歌で力を解放し、飛び掛って殴り飛ばす。その後、相手に接近して左のハサミで往復ビンタを食らわせ、最後に巨大化させた右のハサミで挟み潰す。

特殊能力[編集]

幼生であるためか、特に能力はない。

移動タイプ[編集]

飛行可能。カニなので水中戦も得意だが潜らない。

サイズ[編集]

1L

関連機体[編集]

尸逝天
親。幼生という点からするに、尸冥爪が成長するといずれ尸逝天になると思われる。