ヴァサージ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ヴァサージ
登場作品

バンプレストオリジナル

種族 ヴァサージ
所属 コネクト・フォース
テンプレートを表示

概要[編集]

コネクト・フォースが運用するワープゲートの制御を行っている地球外生命体。その重要性からコネクトの生命線となっている。人語を話すことはできない。

積極的に戦闘を好むことはないようだが、ワープ用にチャージしたエネルギーを攻撃に転用することも可能で、ミューカスの大群を消滅させたことがある。

元々ヴァサージの種族はミューカスの派生種で、ミューカスが発生したレコーラル銀河で生まれた。ミューカス誕生時に人間が取り込まれたためか、派生種のヴァサージは「賢者」と呼ばれる人種と意思疎通できる能力を備える。 ミューカスはレコーラル銀河を制圧し知的生命体をことごとく駆逐したが、変異種ヴァサージ及び彼らと交信できる「賢者」の住む惑星(コミューンと呼ばれる)は不可侵となった。やがて賢者とヴァサージの中から、コミューンを出て他の銀河の知的生命体と接触する者たちが現れた。彼らと接触した者たちによってコネクトが創設され、またミューカスの脅威も伝えられた。 コミューンを出た賢者たちは環境への不適応や事故で命を落とし、現在ではヴァサージと交信できるものはコネクトにはほとんど存在しない。唯一、賢者の末裔である八重垣ひまりのみが交信を可能とする。

コネクトに協力しているヴァサージは、宇宙の知的生命体だけでなくミューカスをも救いたいと考えており、コネクト・フォースをレコーラル銀河へと導く。そして共に銀河の中心に存在するミューカス・ジェネシス内部へと突入し、中心となる存在ミューカス・エンペラーに接触を図る。コネクト・フォースの協力でミューカス・エンペラーのコアと接触したヴァサージはそのまま融合し、ミューカスたちにその意思が波及していくことで、全宇宙のミューカスが攻撃的性質を停止していくのだった。ひまりによれば、ヴァサージと融合したミューカスは、いずれ新たな平和的性質をもった存在に生まれ変わるのだという。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
戦闘面では第3章にてエグザートのサブパイロットとして参入。またひまりを通してヴァサージの力を借りることにより、エグザートが「エンペリオン・グランツ」と「ヴァリオ・リフレクト」を使用可能となる。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

OE
追風感応鉄壁

人間関係[編集]

八重垣ひまり
ヴァサージとの意思疎通ができる唯一の存在。
コネクト・フォース
ヴァサージの「同士」。

搭乗機体・関連機体[編集]

エグザート
生み出したコアユニットを移植されている。