デルギラン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
デルギラン
外国語表記 Delgiran
登場作品

魔装機神シリーズバンプレストオリジナル

デザイン 橋口力也
分類 Bクラス魔装機
守護精霊 大地系低位・火山「デルキナ」
動力 フルカネルリ式永久機関
エネルギー 魔力、プラーナ
開発 アンティラス隊
設計 ウェンディ・ラスム・イクナート
改修 ウェンディ・ラスム・イクナート
セニア・グラニア・ビルセイア
所属 アンティラス隊
パイロット エリス・ジェスハメフィル・ザニア・ボーラング
テンプレートを表示

概要[編集]

機体設計に問題があり、廃棄されたフェンターの後継機。後方支援が中心で接近戦に不向きという点や武装もフェンターとほぼ同じとなっている。

当初はフェンターから引き続きエリスが操者を務めていたが、彼女はある事情でアンティラス隊を脱退。後任としてメフィルが操者となった。

魔装機神III PRIDE OF JUSTICE[編集]

紫紺の装甲板とミサイルポッドが追加されたことで機体の色合いに変化が生じた。また、ガトリング銃と一体化を果たした両腕など、本機の前身にあたるフェンターの名残を色濃く感じさせる新たな武装も採用。より射撃戦に特化している。

登場作品と操縦者[編集]

魔装機神シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
最初はエリスが搭乗するが、すぐに離脱しメフィルが搭乗する。メフィルの能力値、精神コマンドのおかげで使い勝手の良いユニットとなっている。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
今作ではメフィルの能力とスキルの問題から攻撃力は控えめとなっている。火砲の長射程は相変わらず便利だが、攻撃力増強スキルが「無念無想」しかないためラ・ウェンターほどのダメージ数値は出せない。新武装として「メガビームガトリング」が追加されているが、この銃は移動後攻撃可能でこそあるものの、基本攻撃力が低いためあまり頼りにはならない。しかしながら搭乗者のメフィルは早期に「幸運」(本作の仕様は獲得経験値と資金が2倍)を覚えるため育成速度で不自由することはない。バゴニアルート終盤ではレオゲイラとの合体攻撃が追加されるため、最終的には主力を張ることも十分に可能となる。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END
ミオ・マサキ救出ルートの第34話「鳴動」より、増援でレオゲイラとともに参戦。基本的に前作と変わりない性能だが、終盤の上位マグゥーキや巨人族相手になると、単機の武器では火力不足に陥るため、メインを張るなら合体攻撃を使っていきたいが、その場合レオゲイラが射程外攻撃で蜂の巣にならないように気を配る必要がある。操者のメフィルは参戦時から「幸運」を持ち、さらには後に「応援」を覚えるので、成長サポート役としては優秀。

装備・機能[編集]

武装・必殺技[編集]

ミサイル
機体各部に設置された容器から誘導弾を発射する。
  • ROE:両足のミサイルポッドから計12発の誘導弾を同時発射。
  • POJ:単独武器としては使用不可。両足、両腕、砲台、両肩に追加されたミサイルポッドに収納された全誘導弾(16+44+24+8)を発射する(「応報・劫灰飛尽」)。
ハイパープラズマソード
名称の通り、フェンターの「プラズマソード」を強化している。なお、IIで非実体剣系統の武器を使う味方機はノルス・レイと本機のみ。
バスターキャノン / フレイムバスター
ラ・ウェンターと同じ射撃武器であるが、こちらは両肩、両腕、両足の計6門である。この武器の戦闘シーンでは両肩の2門を使用している。
フレイムバスター
「バスターキャノン」のランクアップ武器。足元に大地系魔法陣を展開した後、肩の光線砲から2条の熱線を放射する。
メガビームガトリング
光弾を霰(あられ)のごとく浴びせかけて攻撃する腕に取付けられた銃火器。IIIで追加された火器。
回転式多砲身機関銃型の光線銃だが、不等辺六角形の銃身や先端部に設けられた3個の発射口など、細部の構造こそ若干違うものの廃棄されたフェンターの両腕(の砲身)と共通する点が随所に見える。

必殺技[編集]

光の創世記
エリスが搭乗しているときの必殺技。両腕の砲門から強力な光線を発射する。フェンターのときとは違い、射程がそこそこある。
応報・劫灰飛尽
全ミサイルポッドから92発のミサイルを一斉射する射技。「劫灰」は大きな災難の名残を示す言葉。言語翻訳魔法であてがわれた「劫灰飛尽」は中国の唐詩(李賀)に使われた詩句の引用で、書き下すと「劫灰飛び尽くす」となる。「劫火の後に灰が飛び散る様」を意図しているのだろう。
恒河沙砲 / 阿僧祇砲 / 那由多砲
メフィルが搭乗しているときの必殺技。機体両足に存在しているアンカーを地面に打ち付け、両肩と両腕の「バスターキャノン」を上空に目に目がけて発射し、無数の弾を標的に降り注がせる。
「恒河沙(ごうかしゃ)」は1052(10の52乗)であり、仏教用語で「ガンジス川に存在する無数の砂」を意味する(恒河というのはガンジス川のこと)。
阿僧祇砲
「恒河沙砲」のランクアップ武器。「恒河沙」のパターンから「阿僧祇」に繋げる6門の主砲の斉射を敵機にお見舞いする。また、メフィルのカットインが若干変化して「揺れる」。
「阿僧祇(あそうぎ)」は1056(10の56乗)であり、仏教用語で「数えることができない」の意。
那由多砲
IIIで追加された新技。「阿僧祇砲」と同じだが、こちらは腹部に内蔵されたビーム砲も一緒に発射する。
「那由多(なゆた)」は1060(10の60乗)であり、仏教用語で「極めて大きな数量」の意味である。
ちなみにこの技でとどめを刺すと「次は不可思議砲ですかねぇ~」という台詞が出る。数字としては1064(10の64乗)を指す。……が、残念ながらCOEでのランクアップはならず。

合体攻撃[編集]

落花流水那落落とし
IIIで使用するツレインとの連携攻撃。演出内容は「タロン→ブレイカーシュート→バスターキャノン連射→朧月夜→バスターキャノン一斉射」となっている。

特殊能力[編集]

剣装備
斬り返し」発動可。
補給装置
魔装機神シリーズの特殊能力。
HP回復(小)
大地系魔装機の特殊能力。
MG回復(小)
IIIで追加された特殊能力。

移動タイプ[編集]

飛行可能かは不明。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
移動力+2、HP回復+30%

機体BGM[編集]

「終わりなき戦い」
汎用戦闘曲。
「いーじーごーいんぐ」
メフィル専用BGM。IIIで採用。

関連機体[編集]

フェンター
この魔装機を基に作られたのが本機。
...「デルギラン」についてさらに詳しく