2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ダン・ワッツ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダン・ワッツ
外国語表記 Dan Watts
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 八房龍之助
本名 ダニエル・ワッツ・ジュニア
種族 地球人
性別
所属 ダニエル・インストゥルメンツ社技術統括本部
テンプレートを表示

概要[編集]

ダニエル・インストゥルメンツの技術統括本部の本部次長。

年齢不詳(外見は20代)。若くして本部次長の地位に立ち、実現不可能とされるFDXプロジェクトを実現させる手腕の持ち主。技術者ではあるが自らのプランはスタッフに任せ、資金繰りや社内調整に力を注いでいる。関心を持つ人間は自分一人で他者を自分の趣味を構成するパーツとしか思っていない。そのため対人経験が少なく、人間観察眼は無きに等しい。

本名はダニエル・ワッツ・ジュニア。ダニエル・インストゥルメンツ社のCEO、ダニエル・ワッツ・シニアの息子。つまりは御曹司。DMXチームやFDXチームといった無茶苦茶なことができたのも全ては父親のおかげだった。

実はかなりのイケメンなのだが、歩く悪趣味と呼ばれるほど独特のセンスを持つ。

登場作品と役柄[編集]

魔装機神シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END
直接の登場は無いが、地上でライオネルがとある作戦中にMIA認定された際、彼に拾われていたことが語られた。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記
FDXチームの責任者として登場。彼の独特なセンスと発言はリェータたちを驚かせる。

人間関係[編集]

ヴェスナー・スケリット
FDXチーム隊長。自分に接触しようとした時点で彼の入隊を決めていたが、自分の心理を読み切った彼に興味を持ちFDXチームに参加させた。
リェータ・ウィーバー
FDXチームの一人。ダンの一言が彼女の心を死者としてよみがえらせた。
オーセニ・ホドロフスキジマー・ホルム
FDXチームの一人。
ウタパル・アヴァリ
FDXチームの一人。変人同士でウマが合う。
カルロ・サッキ
地球連邦軍南欧方面軍アビアノ基地司令。彼の依頼で宇宙のFDXチームの支援に向かった。
ハンフリー・イネス
軌道哨戒第3艦隊旗艦、アルバトロス級宇宙戦艦ブレイブリー・アーク艦長。FDXチームの支援にやってきたダンのマイペースぶりに振り回される。
ミルトン・ベレワ
DMXチーム隊長。
ライオネル・ニールセン
DMXチーム隊員。
ダニエル・ワッツ・シニア
ダニエル・インストゥルメンツ社のCEOで彼の父。彼がバックについているため好き勝手にやれている。

名(迷)台詞[編集]

「僕は技術者としては二流だけど、社内政治には自信があるんでね」
リェータやヴェスナーに対する自己紹介。
「僕が提供する利益は……復讐さ」
L5戦役ですべてを失ったリェータを奮起させた言葉。
「いや、君が笑い出すのも無理はない。私自身、鏡を見た時は爆笑したものだ」
「だが、仕方がない美味しい食事を楽しむためには、一般大衆のコスプレをしなければならないからね」
高級レストランにて、リェータの前に正装した姿を見せて。ちなみに本人の味覚は彼曰く、「凡俗」らしい。
「あ、投票前に一言添えておくと、アンノウンのデータをたっぷりとってきて欲しいなぁ。もし機体を鹵獲できたりしたら一攫千金だよ。特進も夢じゃないよ」
FDXチーム最後の任務になるかもしれないミッションの前に。この一言が悲劇を引き起こす遠因になる。
「……だけど、それももう終わった。君たちはもう死者ではない。もう危険な試作品のテストをお願いすることはないだろう。いままで、苦労をかけたね。感謝している」
これからしばらくともに行動することを伝え、それに続け今まで危険な任務につき合わさせていたことを詫び。当然、FDXチームは動揺を隠せなかったが実際は新たな実験部隊が生まれて彼らに飽きただけだった。
「そう!たとえばそれは焼き尽くされた美しい古都!破れ千切れた包帯を失った木乃伊と、還るべき棺桶を失った死者が巡り会い、安息を求めてお互いの腐肉を相貪りあう!」
「あ、ああ、そうだった。じゃあ、こういうのはどうだね!怪しの月光に照らされた魔都!麗しの乙女をこの手に抱かんとする木乃伊の頭上に、その死を告げる鳥が舞い降りる!」
ウタパルからFDXチームとDMXチームの出会い方の理想のプランを聞かれて。前者はリェータにFDXチームは死者じゃないというツッコミ前、後者はツッコミ後。彼の趣味が満載である。
「そうだよ。僕が秀でているのは、美的センスだけだからね」
ミルトンに自身の素性をFDXチームにばらされ、リェータからかつて言った社内政治に自信があるという発言を指摘されて。まさに勘違いのボンボンといったところである。