ギド・ゼーホーファー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ギド・ゼーホーファー
登場作品

魔装機神シリーズ

声優 桐本琢也(現:桐本拓哉)
デザイン 下山剛史
種族 地球人ドイツ人
性別
所属

いずれの世界でも諜報員として活動する道を選択している。

地上
地球連邦軍
ラ・ギアス
アンティラス隊情報部
役職 操者候補 → 魔装機操者
テンプレートを表示

ギド・ゼーホーファーは「魔装機神シリーズ」の登場人物。

概要[編集]

地上世界からラングランへ召喚されたドイツ、ドルトムント生まれの軍人。召喚時期は不明だが、軍事に通じた人間が目立つ「第一次召喚計画」に属すと思考するのが無難。スパイ映画が好きで、地上時代はドイツの防諜機関MAD(軍事保安局)に所属していた。

魔装機繰者としては優秀なのだが、操者候補としての評価は芳しくなかった。これは過去の経緯によって、ほとんどやる気を出さなかったためである。ガディフォールに搭乗して気ままに地底世界の生活を満喫していたが、アンティラス隊発足後、いかなる心変わりによるものか再訓練を受けてディンフレイルの繰者となった。また、セニアからその経歴を着目されてセニア機関(情報部)のメンバーにスカウトされ、(美人の多いアンティラス隊に配属されてやる気が上がったためか)それまで不真面目だったのが嘘のように精力的に諜報員としての手腕を発揮。単なる情報収集に留まらず、隊の行動指針を示す作戦参謀としても活躍する。参謀としての知力・洞察力はかなりのもので、柔らかな物腰の中にも高い自信が伺える。

公式サイトでは「すべての女性に対し紳士的な男」という記述があり事実その通りなのだが、もっと正確に表現するなら「すべての女性を紳士的に口説くプレイボーイ」。アンティラス隊に配属されて早々、シモーヌを口説き迷惑がられている。その後、セニアをはじめ隊のすべての女性に声を掛けて回ったらしい。もっとも「17歳未満は管轄外」という発言からある程度の年齢以上の女性にしか興味がないようで、プレシアなどは対象外とされている(義兄のマサキはそれでも警戒しているようだが)。その紳士的なアプローチはシモーヌいわく「ドイツ人らしい生真面目なナンパ」。元諜報部員としてのスキルも存分に活用し、配属前から隊の美人の情報を集め、配属後も他国の女性の情報収集に余念がない。決して軟派というわけではなく、女性には常に敬意を持って接している。

登場作品と役柄[編集]

魔装機神シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
本作随一の回避特化キャラ。専用スキルでディンフレイルが常に前面を向けるのも大きい。格闘特化の成長パターンであるため、育てれば育てるほどディンフレイルのメイン武器である「ショートレールガン」(アサルトレールガン)との相性が微妙になるが、雑魚戦であればさほど問題ない。メインで使うのであれば、序盤は雑魚を相手に気力を上げ、終盤に格闘属性の必殺技を炸裂させるといった運用を行うと良い。総合的に無駄のない使い方ができる。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
今作でも回避能力は高く、「隠密行動」も有用ではあるのだが、前作に続いてデフォルトでは「集中」を持たず、今作では敵の一発が重いので、回避専門の役回りはガエンやファングに譲ることになる。最後の枠は「集中」をとるより「突撃」にしてしまっても問題はない。
攻撃面ではスキルが射撃に特化しており、乗機のディンフレイルも射撃武装が充実しているので非常に強い。また、強力な合体攻撃も使用可能になった。しかし、必殺技は相変わらず格闘であるため、今度はそちらとの相性が悪くなった。ストーリーではラングランルートでの出番が多く、新キャラクターのトレイスと深い関わりを持つ。また、このルートでは彼がただの軟派男ではないことがよくわかる。
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END
中盤からの参戦。急遽完結によるゴタゴタでほぼ出番を抹消されたといえる。彼と同じ扱いを受けた面々の多いことが唯一の救い。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
格闘、そして回避に優れる。一方で、射撃と命中は意外にもそれほど高くはない。
魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
全ての能力が上位。前作からの変更で射撃力と命中が向上した。スキルは「隠密行動」セットに気を配るよりも全て射撃攻撃増強に振った方が爽快である。問題は必殺技が格闘である事。

精神コマンド[編集]

魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD
信頼直感偵察加速撹乱、自由選択
諜報員らしいラインナップ。撹乱は消費が重いが、相手全体の命中率を下げるため、ギドの長所がさらに光る。自由枠は攻撃力強化の熱血を選ぶか、低燃費の集中で命中・回避を強化するかが悩ましい。
魔装機神III PRIDE OF JUSTICE
ひらめき加速狙撃後援熱血、自由選択

特殊技能(特殊スキル)[編集]

魔装機神シリーズ
隠密行動(専用スキル。常に「気配察知」を発動させて前面を向くことが可能。さらに相手の「気配察知」までも無効化する。「気配察知」を別途セットする必要なし)

パイロットBGM[編集]

「終りなき戦い」
魔装機神シリーズの味方汎用戦闘BGM
「ライセンス・トゥ・キル」
『3』で追加された専用BGM。曲名は意訳すると「殺しのライセンス」。『007』シリーズ主人公、ジェームズ・ボンドも持っている殺人許可証(任務中に独断で殺人を犯しても不問となるライセンス)の事である。……というか、案の定これも007シリーズの1本のタイトル。邦題「消されたライセンス」。メインに木琴やピアノ、サックスを使ったジャズ調の曲となっている。

人間関係[編集]

マサキ・アンドー
プレシアに付く「悪い虫」として警戒している。また、彼がウェンディをナンパしたときは「興味がない」と言いつつもかなり動揺していた。
リューネ・ゾルダーク
彼の審美眼に適った美少女の一人。

神聖ラングラン王国[編集]

フォルシュ・ゼオラ・メギストス
査察官として現れた彼女にナンパをするも減点対象にされるがそれでもめげなかった。

アンティラス隊[編集]

ウェンディ・ラスム・イクナート
妙齢の絶世の美女である彼女が、目下ナンパの最優先ターゲット。彼女のお手製クッキーを食べてひどい目に遭った。
セニア・グラニア・ビルセイア
セニア機関の上司。プライベートでは女好きのギドを警戒しているが、職務上では優秀な参謀として信頼している。
ファング・ザン・ビシアスメフィル・ザニア・ボーラング
セニア機関のメンバー。
シモーヌ・キュリアン
会って早々にナンパされて嫌な思いをさせられたことに加え、「ドイツ人」である彼とは食文化の違いなどから何かと対立することが多く、あまり快く思っていない。もっとも、次回作以降関係が進展するフラグかもしれないが。と思っていたら、実際にIIIでフラグが立っていたことが判明。ただし、彼女の気持ちに気づいている様子はなく、トレイスとの関係も誤解されていることも終盤まで認識していない。
レベッカ・ターナー
ギドとシモーヌの食に対する口論を止めようとするが、逆に反論されてしまう。
IIIではシモーヌとトレイスとの人間関係を面白がっている。最終的にラングランルートEDで突撃した結果、シモーヌとともに盛大に誤解することになる。
ゲンナジー・I・コズイレフ
周囲に素で存在を気付かれない彼の「天然ステルス」を分析し、スキル「隠密行動」を体得した。
トレイス・ハイネット
テロリストの拠点から救出した民間人で教え子。応急処置の際に女性であることを知るも、彼女が男装していることに深い理由があることを察してか、セニアレミアといった一部のメンバー以外にはこの事を話していない。また、後に少ない情報で彼女の素性も看破した。
中断メッセージにおいても彼女の秘密が漏洩するようなことがあれば口を塞ぎに行くとプレイヤーに対し警告している。
異性としての感情は現在特に向けてないようだが、秘密を知る相談相手として比較的近い関係にある。それを邪推したベッキー(+シモーヌ)の質問を世間知らずなトレイスが誤解を招くような返答をした結果、二人に「大人な関係(同性)」だと思われてしまっている。

シュテドニアス連合国[編集]

オンガレッド・キレシナ
元テロリスト。「醜悪な作戦を立てる」と珍しく怒りの感情を露わにした。
アクレイド・バロム
彼の能力を脅威に思っている。
ロヨラ・ブラックバーン
地上時代の彼のことを知っていた。戦略家としては下の下と評した。
ニコ・サンドリーブ / リコ・サンドリーブ
シュテドニアス連合軍に所属する双子のエース。初対面時に好印象を得たのか、IIの頃から援護時に台詞を交し合う仲。

バゴニア連邦共和国[編集]

ジャンナ・マウリシオ
エル・バドレル所属の密偵部。彼女の実力を聞き、ナンパ目的も兼ねた情報収集を行った。

ラーダット王国[編集]

キガ・ゾージュ
トレイスが男装をするようになった要因を作った人物で、ギド自身も女性を物扱いする彼の下劣な人間性に対し「貴様と名前が似ているのが残念」、「これ程のクズに出会ったのは数年ぶり」と吐き捨てた。

名台詞[編集]

「ゼーホーファー。ギド・ゼーホーファーだ。」
彼の行う自己紹介。名乗り方までも007風。

戦闘台詞[編集]

「これからお目に掛ける技は極秘でね。他言無用でお願いする!」
「ユアアイズオンリー!」
「……もっとも見た者は全て死に至るのだがね」
ディンフレイルの必殺技「ユアアイズオンリー」の使用台詞のひとつ。「極秘」というのがいかにも諜報部員らしい。ギドのシニカルな物言いも合わせ、なかなか見応えのある演出になっている。
「この戦い……神話の再来というワケか。ならば、結果は……」
COE最終話、カドゥム・ハーカームとの特殊戦闘台詞。諜報員キャラだけにどこかの人みたいな言い回しである。

魔装機神シリーズ[編集]

魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD[編集]

「美しいお嬢さん方、楽しんでおられる様ですな」
マサキとリューネ、ウェンディの前に現れて。マサキは眼中になく二人を口説こうとした。
「それは残念。私はフランス人は好きなんだがね。特に美人は」
自分に嫌悪感を見せるシモーヌに対して。このスカした発言で余計に嫌われてしまう。
「やは……ああいや、そうか。思い出の品なので、できたら修理して欲しかったんだが……では、こういう物の修理ができそうな場所は知らないか?」
ウェンディに壊れた地上の時計を見せるが彼女から修理できないと言われて。この後、時計の修理を口実に彼女をテートに誘うことに成功している。セニアに下調べをしており女性がいれば準備を怠らない性格が伺える。
「いやいや、ただの独り言だよ。気にしなくていい。……こっそり聞いている人間がいるかも知れんがな」
ウェンディとのデートでプレゼントを贈ることに成功するが食事は失敗して。こっそり付いて来ていたマサキとセニアの存在に気付いておりこの後、マサキに宣戦布告を送った。
「ウェンディの手作りクッキーと聞いては見逃せんな」
「偽りの和平」シナリオエンドデモにてウェンディがクッキーを焼いたことを聞いて。しかし、このクッキーには色々と問題があり、その結果ギドはとんだ災難に遭う羽目になるのであった……
ギド「海中の独行軍とは、思い切った作戦を選んだものですな」
レッフェン)「そうか……君か、ゼーホーファー君」
ギド「アクレイドみたいに確信があったワケではありませんがね」
(レッフェン)「アンティラス隊にも優秀な参謀がいたとはな。見誤ったよ」
「イクナル海峡海戦」よりレッフェンとの戦闘前会話。海中を使った南部シュテドニアス軍のエリアル王国侵攻作戦を可能性のひとつとして念頭に置き、見事的中させる。アクレイドやオンガレッドほど知られていないが、ギドがかなりの策謀家だと判る。
リコ)「おじさん、クッキー嫌いなの?」
ギド「むっ……それを思い出させないで欲しいな」
「南部聯合の反撃」よりリコとの戦闘前会話。ウェンディの激辛クッキーの味は、思い出したくもないらしい。
ギド「この前はどうも、お嬢ちゃん」
ニコ)「おじさん、クッキー嫌いなの?」
ギド「あー……あれはちょっとトラウマだったなぁ」
「国境線の攻防」よりニコとの戦闘前会話。姉妹そろって同じことを聞かれている。心に傷を負うほど、ウェンディの激甘クッキーの味はすごいらしい。

魔装機神III PRIDE OF JUSTICE[編集]

「何やら思うところがありそうだね。良ければどこか、静かな場所で、2人だけで君の相談に乗ろう」
ザッシュと入れ替わりでやって来たレミアに挨拶をして。彼女の心の闇に気付きナンパを通じてで緊張を和らげた。
「……おいおい、勝手に殺してもらっては困るな」
テロリストの基地に対する攻撃に巻き込まれながらも生還して。
「ほう、トレイスか。良い名前だが……あまり聞かない名前だな。……女性の名前としては」
テロリストらしくない行動をとるが偽名を使うトレイスにカマをかけて。見事に成功している。
「……私は君を裏切らない。これだけは、覚えておいてくれ」
今後どうなるか不安そうなトレイスに対して。この言葉が彼女を奮い立たせるきっかけとなった。
「トレイス……君の想いは、無駄にはしない!」
トレイスがエルシーネに撃墜されたのを見て。エルシーネに怒りの銃撃を与える。
「……お前の命、もらい受ける」
トレイス撃墜のきっかけを作ったピレイルに対して。エルシーネを撃退しても彼の怒りは収まらなかった。
「まったく……本当に、情けない事だな。まだ君の事は、名前くらいしか知らなかったというのに……トレイス、せめて安らかに……」
トレイスが死亡したと思って。この直後、生きていることが発覚して安堵することとなった。
「心外な言われようだな……何も下心だけで聞いているわけではないさ。他国の女性諜報員といえば、諜報員からすれば最も警戒すべき相手だからね。そして場合によっては、逆に誘惑する事でこちらに情報を……」
「ああ……しかし、任務の為であれば、私情は捨てなければならない。それが諜報員の宿命というものなのだよ」
前者はマサキからジャンナの情報を仕入れようとするのをミオに誤解されて。後者はミオからウェンディの事はどうするのかと言われて。もっともらしい事を述べているが結局そういった目線。この言葉にトレイスは感動していた。
「面と向かって話をして、それで初めて分かる事は意外と多いものですよ」
ファングがワッシャーの秘密を黙っていた事を悩むセニアに対するアドバイス。
「……心積もりがあっての事ならば、それでも構わないと思うがね。ただ……もし心のどこかに割り切れていない面があるのならば、そこは解決しておきたまえ。シビアな状況の中では、迷いから生じたたった一つのミスが、致命的な結果に繋がる事もあるのでな」
エリアルを訪れる際、不安そうなトレイスに対して。プロになり始めた彼女に少々厳しいアドバイスを送った。
「ああ、言わなくていいよ。女性は秘密が多いほど、その美しさを増すものだ」
再びエリアル王国に向かう際、不安そうな表情を浮かべるトレイスに対して。彼女の女性扱いを受ける事への恐怖心を確認する為に言ったのだが彼女が拒否反応を起こすのを見て謝罪し彼女のトラウマを聞き出す事を決めた。
「トレイスを助手として同行させたいのですが、構いませんか?」
キガがトレイスのトラウマの原因の一つと感じたギドは荒療治と思いつつも、キガとセウラントの接触現場を抑えるための任務にトレイスの同行を求めた。
「諜報員たるもの、私情を捨てねばならん時も来る。決別せねばならん過去は、尚更だ」
キガが自身のトラウマだと明かしたトレイスに対して。トレイスの苦しそうな顔を見て一瞬迷うがそれでも乗り越えさせようとした。
「その辺にしてもらおうか、下郎」
トレイスに彼女の嫌がる言葉をかけ続けるキガに声をかける。常に紳士的な対応を取り続ける彼にしては珍しくキガを罵った。
「貴様などよりよく知っている!だからこそ、貴様を見過ごしてはおけん!女性は、尊敬し、護り、愛を捧げる対象だ。それが分からん貴様には、女性に言い寄る資格は無い!」
次いで自身の論理を以ってキガを断罪するが……。
「聞きしに勝るとはこの事だな。仕事柄、数多くのクズを見てきたが……これほどのクズに出会ったのは数年ぶりだよ」
直後に女性を飾りのような扱いをするキガを罵倒して。
「これから先、任務を進めえていく上で、似た状況にならないとは言い切れん。その時、トレイスがどれほどの危険に晒される事になるか……仮にトレイスが無事だったとしても、もしトレイスが原因で味方に被害が出てしまったら……その時こそ、本当に、トレイスの心は致命的な傷を受ける!」
トレイスに無理やりトラウマと向き合わせた理由。
「無論、承知しているよ。今回は、辛い想いをさせてしまったが……トレイスは、かけがえの無い仲間だからな」
レミアに自身の考えとトレイスのトラウマを語り終えて。部屋の外でこの言葉を聞いたトレイスは感謝の言葉を述べていた。

魔装機神F COFFIN OF THE END[編集]

「フィリスに、エリシア……ふっ、なかなかどうして、アルメラは興味深い国のようだな」
「仕事に対して真面目なのだな。では、仕事の場から離れて、プライベートでの……」
どちらも第27話「シュテドニアスの明日」より。下段はメルセンに対して。良くも悪くもブレない男である。

搭乗機体[編集]

ディンフレイル
稲妻の魔装機。ディンフォースの兄弟機。ディンフォースとは異なり射撃に重きを置いた機体。IIIで強化された。
ガディフォール
正式な操者になる前はこちらを使用。その後、偵察任務などにも使用している。

余談[編集]

  • 元ネタは007シリーズのジェームズ・ボンドと思われる(ディンフレイルの必殺技の名前も007シリーズのタイトルから採られている)。「ジェームズ・ボンドはイギリス情報部の人間なのに何故ギドはドイツ人なのか」という疑問については、映画『カジノロワイアル』で「ジェームズ・ボンドはベルリン出身」とされたことがあるためか。