カワッセ・グー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
カワッセ・グー
外国語表記 Kawasse Goo
登場作品 聖戦士ダンバイン
声優 広森信吾(現:森しん)
デザイン 湖川友謙
初登場SRW スーパーロボット大戦F
SRWでの分類 サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 コモン
性別
所属 ナの国
役職 グラン・ガラン艦長
テンプレートを表示

カワッセ・グーは『聖戦士ダンバイン』の登場人物。

概要[編集]

グラン・ガランの艦長。印象的な出番が多いゴラオン艦長のエイブ・タマリと比べると、地味な存在である。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦EX
SFC版では登場しないが、PS版では登場。
スーパーロボット大戦F
音声初収録。シーラの掛け合い要員。
スーパーロボット大戦F完結編

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
スーパーロボット大戦α for Dreamcast

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
グラン・ガランサブパイロットになった。
スーパーロボット大戦COMPACT3
グラン・ガランのサブパイロット。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
本作でもグラン・ガランのサブパイロットを担当。『F』以来となる音声の新規収録もされている。相変わらず戦闘中の檄もシーラに取られがちだが、シーラが戦術指揮を担当すると一緒に台詞が増えるので従来よりは存在感が上向いている。
ちなみに、中断メッセージでは主君シーラの命令で『BX』のプレイを任され、さらに彼女の気まぐれに振り回される苦労人な部分も

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
UCサポートユニット。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

IMPACT
偵察狙撃鉄壁気合ド根性熱血
BX
信頼不屈必中狙撃勇気

サポートアビリティ[編集]

グラン・ガラン艦長
UC。敵戦艦に対してダメージアップ。

人間関係[編集]

シーラ・ラパーナ
主君であるナの国の女王

名台詞[編集]

「ああっ…! ゴラオンに亀裂が…!!」
第48話「クロス・ファイト」より。ゴラオンハイパーガラバ特攻した光景を目撃した際の台詞。だが、この台詞を発したカワッセはシーラの後ろにいる為、やはり影は薄い。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

「聖戦士殿、弱気はいけませんぞ」
IMPACT』第3部銀河決戦篇第12話「明日なき総力戦」に於けるバードス島決戦で、絶え間無く送り込まれてくる地獄大元帥の手勢に苦慮するショウへ檄を飛ばす。
「私達がメインパイロット扱いとなれる日は来るのでしょうか…?」
BX中断メッセージより。「メインパイロット扱い」とやけにゲーム的な表現をしており、ベルに影響でもされたか、中の人が同じコトセットでも乗り移ったかの如きメタ発言である。
ちなみに、一部作品では艦長を交代する(メインパイロット扱いとなれる)仕様があったが、果たして今後の作品でそれが復活する日は来るのだろうか…?
もっとも、原作におけるカワッセは「基本的にシーラ女王の指示を復唱、号令する完全な副長状態」であり、艦長らしいのはやはり女王の方である。

搭乗機体[編集]

グラン・ガラン
ナの国の旗艦たるオーラ・バトル・シップ。艦長はカワッセ…なのだが、やはりシーラ女王の方が艦長らしく見える。

余談[編集]

  • ネーミングの由来は、『聖戦士ダンバイン』に制作スタッフとして参加し、後に「エルドランシリーズ」の監督を務める川瀬敏文氏から。
    • なお、カワッセが元ネタとしたのは名前のみで、容姿についてはトカマク・ロブスキーの元ネタになっている模様[1]
    • BX』では、「グラン・ガランの艦内に地球防衛組の司令室(教室)が移動してくる」という展開が有る。この状況下であれば、地球防衛組の司令室(教室)の移動先がゴラオンでも良さそうな所をグラン・ガランが選ばれている理由は、上記の関連に由来しているからなのかもしれない。

脚注[編集]

  1. 双葉社刊『1983年のロボットアニメ』による。